でんぱ組.inc藤咲彩音が「東京喰種」でやりたい役は??

2017年06月29日 12時00分

エンタメ anan

この夏、ついに実写化される映画「東京喰種(トーキョーグール)」。でんぱ組.inc 藤咲彩音さんがこの作品に“ハマる理由”を語ってくれました

自分と似ているカネキが強くなる姿に、励まされます



画が好きだという藤咲彩音さんと、『東京喰種 トーキョーグール』の出合いは、3年前。


「でんぱ組.incが、作品が連載されている『週刊ヤングジャンプ』の表紙に出させてもらうことになり、撮影のときに担当の人から“この漫画、面白いよ”と教えてもらったんです。当時の私は学生で、仕事と学業を両立しないといけない状況だったのに、どちらも中途半端なことに悩んでいたんですね。そんな自分と、人間と喰種の両方であるがゆえに、居場所がどっちつかずになっているカネキくんがかぶり、作品にガチッとハマり、引き込まれました」


でも、物語が進むにつれ、カネキへの共感する気持ちは変化。


「カネキくんは、どんどん強くなっていくんです。時には、心をえぐられたり、逃げることもあるけれど、突きつけられた現実と向き合い、生き方を決断する。そんな姿を見ていると、“私もがんばらなきゃな”と励まされるんです。いつも支えてもらっていますね。そんなふうに尊敬しているのはカネキくんですが、好きなのはトーカちゃん。絶対的なヒロイン感がありながらも、使命感を持ち、人間が大好きという部分がにじみ出ているところが、かわいい!」


逃げられない問いを突きつけられる物語です。


藤咲さん自身が作品に登場するなら、どんなキャラがいい?


「喰種が持っている“赫かぐね子(捕食や戦闘の際に使う器官)”をほしいと思うので、喰種なのかもしれないです。“赫かぐね子のなかでも、一番カッコいい尾赫(びかく)がいいな~”って(笑)。でも、『東京喰種 トーキョーグール』の世界には、入りたくないですね。だって、みんなが平和で平等に生きられればいいのに、人は喰種に怯えながら暮らし、喰種は人を食べないと生きていけない。そして、捜査官には、大切な人を喰種に奪われた哀しみがあり、戦わなければいけない。しかも、喰種にも、人間を食べたい人と、そうじゃない人がいて…。人間と喰種、捜査官という3つの関係性が、どうやってもつながらない世界は、悲しいですね。読むたびにもどかしい気持ちになるし、“こんなにも考えさせられる作品があるのか!”と感じます。非現実な世界を描きながら、逃げられない問いを突きつけられる物語ですね。でも、それこそが、作品の面白いところだなと思います」


純朴だった少年カネキの激変ぶりから目が離せない!


何も知らず、穏やかな生活を送っていたカネキの人生は、自分が喰種になったことを知ってからガラリと変わる。葛藤だらけの日々を、傷つきながらも乗り越え、成長していく。「単行本の1巻に出てくるカネキくんは、ただの恋をしているピュアネスボーイで、かわいらしくて大好き。親友のヒデと楽しく生活しているシーンは、物語が進んだ今となっては切なすぎます…。どんどん強くなるカネキが最終的にはどうなるか、見守りたいですね」


トーカとジューゾーの激しい気質がたまらない


人間と、人間を捕食する喰種との間には、どんなに話し合いをしても埋まることのない溝がある。そのせいで、人間はもちろん、傷ついている喰種も、たくさん存在する。「ヒナミちゃんが、喰種であるがゆえに殺されてしまった両親のことを思って泣くシーンは、胸が痛いです。“きれいごとを言うだけでは生きていけない”という気持ちにさせられますね。残酷だけど、そんなストーリー展開が、作品の魅力のひとつになっていると思います」


人間と喰種の相容れない関係性。ヒナミの心の叫びに涙…


藤咲さんが好きなキャラクターは、どちらも情け容赦なく相手を攻撃する、喰種のトーカと捜査官のジューゾー。「特に、ジューゾーちゃんと、喰種のクロ&シロ姉妹が戦うシーンは大好きです。ただ、トーカとジューゾーはどちらも激しい性格の持ち主ながら、悲しい過去や人間らしい部分があって、胸を打たれます。石田スイ先生の描くバトルシーンは、どれも美しくて大好き。頭の中がどうなっているのか、一度見てみたいです」



ふじさき・あやね でんぱ組.incのメンバーで愛称は“ピンキー!”。『でんぱの神神』(BS朝日)に出演中。『でんぱ組.inc アートブックコレクション』(小学館)が発売中。

東京喰種(トーキョーグール)

人間と、人の姿をしながらも人を喰らう怪人“喰種(グール)”が暮らす東京。読書好きの平凡な大学生・金木研=カネキは、喫茶店「あんていく」で自分の好きな作家の本を愛読する女性・リゼと出会ったことで、運命が大きく変わっていく…。喰種の存在に疑問と葛藤を抱きながら、あるべき世界の姿を模索する青年の姿を描く。監督/萩原健太郎。窪田正孝のほか、鈴木伸之、蒼井優、大泉洋など豪華俳優陣が集結。7月29日より全国公開。(C)2017「東京喰種」製作委員会 (C)石田スイ/集英社


※『anan』2017年7月5日号より。取材、文・重信 綾


(by anan編集部)

anan

2017年06月29日 12時00分

エンタメ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。