待望の実写化! 「銀魂」に女子もハマる魅力って何?

2017年06月28日 12時00分

エンタメ anan

この夏、世の中に大ブームをもたらした超人気少年漫画の実写化が続々公開! その1つである「銀魂」について、大の漫画好きである宮地真緒さんに魅力を語ってもらいました。

普段のギャグと、シリアスな回とのギャップがいいんです



「毎月4日はジャンプコミックス、9日と25日辺りがフラワーコミックス、13日は別冊フレンドと別冊マーガレットを買いに書店に通う」という、筋金入りの漫画好きである宮地真緒さん。フォローの範囲は少年漫画、少女漫画を問わないけれど、なかでも『銀魂』は、アニメ版が映画化されたと知るや、複数回映画館に通ってしまうほどのファン。なんと昨年には、沖田総悟のコスプレで「ジャンプフェスタ」に参加したというツワモノ。「基本的には下ネタもありのギャグ漫画なんですけれど、時おりシリアスなエピソードが挟まれるんですね。それが、普段のノリからは想像できないような感動的な話だったりして、その硬軟のバランスがいいんです。しかも、そういうシリアスな回にも細ごまと『銀魂』らしいくだらないギャグがちりばめられているのも好き。『ドラゴンボール』や『ONE PIECE』のようなジャンプの人気連載だけじゃなく、いろんな人気アニメやゲームのパロディも盛り込まれているんですが、原作者の空知先生と私が同世代だからか、元ネタがわかるっていうのも大きいのかもしれません(笑)」


一番好きな登場人物はやっぱり銀さん!


悪役も含めて、登場人物のキャラが立っているのも魅力だと話す。


「“バカ皇子”と呼ばれているハタ皇子というキャラクターがいるんですが、見た目のインパクトもですが、時どき思わぬところで思わぬ登場の仕方をして笑わせてくれるんです。途中から全然出てこなくなって寂しい気持ちでいたんですが、原作が最終章に突入して久々に登場していて。過去のエピソードが描かれたり、コミックス68巻でまさかの表紙になったり、その活躍ぶりが嬉しくて」


ただ、やっぱり一番好きなキャラクターは主人公・坂田銀時とか。


「私の心のヒーローは、長年『シティーハンター』の冴羽獠だったんですが、銀さんは久々に現れた冴羽獠イズムを持つ主人公。ちょっとエッチでチャラいけど、じつは仲間思いで、何より強い。そのギャップがカッコいいんです」


とくに好きなのが、今回の実写映画でも描かれている紅桜編。


「普段の万事屋の面々は協調性もなくバラバラ。でも、仲間のピンチに直面して、互いが互いのために戦うんです。彼らの絆を感じられて、何度読んでも感動します」


宮地さんが語る「銀魂」の注目ポイント3つはこちら!


空知先生にしか描けない唯一無二のギャグセンス!


下ネタや有名作品のパロディなど、とにかくギャグのバリエーションが多彩。「張り込みの間中、あんぱんしか口にしなかった真選組の山崎退が、徐々に蝕まれていく回があるんですが、展開がシュールで、もはやギャグというより狂気に近い(笑)。あと、ジャスタウェイという謎の物体が出てくるんですが、爆弾として製造されていたと思ったら、料理に使われていたりもして、いまだその謎は解明されないまま。そんな空知先生独特のシュールな笑いが癖になるんです」


アクションシーンのライブ感ある描き方。


SF時代劇だけに、戦闘では殺陣のシーンが多く描かれる。「スピード感や躍動感を感じさせる作画がカッコいいんです。とくに、紅桜編で銀さんと桂小太郎が背中合わせになって高杉晋助に刀を向けるシーンで、刀を持った手だけがアップで描かれているコマがあるんですが、静止画なのに映像のような迫力を感じさせて、見る度にしびれます。普段は長髪の桂が、髪を切られて短くなっている姿には女子的な萌えもありますし、大好きなシーンです」


シリアスなシーンもあり。新八が男を見せた瞬間


紅桜編では、銀時のピンチを前に、盲目ながらも居合斬りの達人である岡田似蔵と対峙する。もともと剣術道場の跡取りではあるけれど、それまで剣の腕前を見せることがほぼなかった新八。ここでそれなりに剣術の素養があることが明らかに。「それまでヘタレだと思っていた新八ですが、凄む似蔵に若干怖じ気づきながらも一歩も引かず、『次は左手をもらう!』と立ち向かっていく姿に、はじめて彼の“男気”を感じて感動しました」


銀魂 GINTAMA

江戸時代末期、宇宙から襲来した天人(あまんと)たちに侵略され、幕府は傀儡(かいらい)政権となった。侍は衰退の一途を辿り、攘夷志士であった坂田銀時(小栗旬)は、志村新八(菅田将暉)らと、いまや街の便利屋として暮らす日々。そんな時、かつての同志・桂小太郎(岡田将生)が消息不明に。その黒幕もまた、かつての仲間・高杉晋助(堂本剛)だった。監督/福田雄一 出演/小栗旬、菅田将暉、橋本環奈 配給:ワーナー・ブラザース映画 7月14日全国公開。(C)空知英秋/集英社(C)2017 映画「銀魂」製作委員会

みやじ・まお 1984年生まれ、兵庫県出身。連続テレビ小説『まんてん』のヒロインで注目され、ドラマや映画で活躍。近作に映画『傷だらけの悪魔』、ドラマ『北風と太陽の法廷』。


※『anan』2017年7月5日号より。取材、文・望月リサ


(by anan編集部)

anan

2017年06月28日 12時00分

エンタメ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。