大人っぽ可愛いを意識するのなら"ピンク"のカラーメイクにトライ♡

2017年07月20日 09時00分

メイク術 ビューティ HAIR

ピンクを取り入れるのが色っぽ可愛い

ピンクは絶対的なアイテム

'399'

ピンクは、チークにリップ、アイメイクと万能に活躍してくれるカラー。
ひとつのアイテムを、チークやアイシャドウに使い回すことも可能。
自分だけのピンクを見つけましょう。

大人可愛いピンクカラーメイク

出典:Instagram

出典:maririn2926

ピンクをメイクに使うと、なんとも色っぽい雰囲気に♪ラメの入ったアイテムなら、その効果は絶大。
アイメイクをキラキラさせた時は、リップはマットにするとステキです。
チークは少し低い位置にいれると、甘くなりすぎません。

アイシャドウ

ピンクをグラデーションで

'399'

何色かセットになったパレットなら、グラデーションもしやすいはず。
少し大きめのセットなら、チークにもアイシャドウにも使えます。
同じカラーなら、まとまったイメージのカラーメイクが完成します。

たっぷりまつげ&ピンク

出典:Instagram

出典:maririn2926

ピンクといっても、まぶた全体を塗る必要はありません。
ラインをひいて、マスカラをたっぷり塗った目元なら、ブラウンや淡いパープルとのグラデーションもキレイです。
目の下にもピンクを入れると、目元が明るくなります。

オススメアイシャドウ

出典:Instagram

出典:maririn2926

「エスプリーク」のアイシャドウ。
とてもプチプラとは思えない発色の良さです。
まぶたにのせた時、パウダーが飛び散りにくいのも魅力的。
いくつかカラーを揃えたくなる優れもののアイカラーです。

チーク

基本は頬骨を中心に

'399'

アイシャドウやリップは使っても、チークを入れない人、結構いるようです。
理由は色々あるようですが、”派手な印象になるから”が圧倒的。
そんなアナタに使って欲しいアイテム、チーク♪淡いピンクから初めてみて。
世界観が変ります。

大人可愛いチークの位置

出典:Instagram

出典:lucky02181014

ピンクのチークを入れる時は、頬骨から下にかけて。
ほっぺの真ん中に丸く入れてしまうと、やはり幼く子どもっぽく見えてしまいます。
顔を正面から見たとき、ほんのり見える程度。
横顔を少しシャープに見せるくらいの位置が鉄則。

パッケージも可愛く

出典:Instagram

出典:maririn2926

ポーチの中は、可愛いアイテムを詰めておきたい。
誰に見せるわけじゃないけど、無骨なものは欲しくない。
これは、文句なく可愛いパッケージ♡特に、限定品に多い可愛いメイクケース。
中身が同じなら、さらに上がるアイテムが欲しいのが女心。

リップ

便利なリップ&チーク

出典:Instagram

出典:maririn2926

「マリブビューティー」のリップにもチークにも使える便利なアイテム。
チークとして使う時は、指でトントンと重ねづけ。
リップにすれば、ハーフマットな血色のよいくちびるを作ってくれます。
何度か重ねると、濃さの調整もできます。

カラーで質感も変化

出典:Instagram

出典:lucky02181014

「レブロン」のスーパーラストラスリップス。
マットなもの、ラメが入ったもの、保湿力が高いもの。
カラーによって、質感が違うリップたち。
丁寧に輪郭をとって塗っても使えますが、もっとラフな感じに色つきリップクリームとしても重宝します。

ピンクで気分を上げよう

カラーメイクの全てをピンクにするのは、気を付けないと野暮ったくなりそう。
それを避けるには、ポイント使いがオススメです。
特に、リップ♡ただの”口紅”というだけでなく、保湿力の高いものもあり、ピンクはサッと塗るだけで顔色もよく見えます。

HAIR

2017年07月20日 09時00分

メイク術 ビューティ HAIR

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。