一重さんの魅力を120%引き出す!失敗知らずのアイラインの引き方

2017年07月16日 08時00分

ビューティ HAIR

一重さんの魅力を活かそう

一重のタイプ

'399'

一重まぶたにはいくつかのタイプがあります。
一つは切れ長で、まぶたの周りがすっきりした一重。
クールな印象です。
他には、まぶたの上にやや厚みがある一重。
ぽてっと可愛らしいイメージですが、腫れぼったいというのがコンプレックスに感じる人もいます。

一重さんは魅力的

'399'

どちらかと言うと二重さんの方が強調をされていますが、実は一重さんもとても魅力的です。
特に一重さんは、ナチュラルなメイクと本気を出した時のメイクのギャップが大きく、そのギャップにドキッとさせられることもあります。
また、一重さんに知的や品のある雰囲気を感じる人も多いようです。

一重のアイラインの引き方

一重に適したアイライナーは

'399'

一重さんがラインを引くのに適したアイライナーがあります。
それはずばり、リキッドタイプです。
リキッドのアイライナーな他のものよりもにじみにくく、ラインが引きやすいのが特徴。
今までアイラインを引いたことが無い人も比較的失敗が少ないライナーです。

幅を出すことが重要ポイント

'399'

一重さんがアイラインを引く時に特に重視したいのが幅を出すことです。
アイラインの引き方は、二重さんも一重さんも同じように、まぶたを軽く引っ張りながらまつ毛の間を埋める意識で。
一重さんは更に目尻のアイラインをやや長めに引くようにして、横幅を出しましょう。
より魅力的な目になりますよ。

目尻をにじませないコツ

にじみの原因になるのは

'399'

目尻のアイラインがにじむ原因に、水分や油分が残っているということがあります。
化粧水や乳液が残ったままアイメイクをすると、上手に引けてもにじんでしまうという悲しい結果に。
アイラインを引く前には、水分や油分が残っていないかチェックし、残っていれば綿棒などで軽くふき取りましょう。

パウダーをのせてみる

'399'

水分や油分をふき取ってもどうしてもアイラインがにじんでしまう…。
それは、肌質が原因かもしれません。
特にオイリー肌、混合肌の人は、アイラインを引く前に目尻にフェイスパウダーを少量のせてみてください。
そうすることで、にじむ悩みを解消することもできます。

専用下地をつける

'399'

ファンデーションは少なからずとも油分が入っています。
目尻の周りのみ、ファンデーションの代わりに色が付く化粧下地を使ってみることや、アイメイクの専用下地を使うなど、工夫してみるとアイラインを引いた時ににじみにくくなりますよ。

ラインが見えなくてもOK

ラインは見せる必要が無い?

'399'

アイラインには目が大きく見える効果もあります。
一重さんは目が小さく見えてしまうため、大きく見えるならアイラインを極めたいところ。
だからと言って、太いアイラインは返って濃いメイクになってしまいます。
実はアイラインはラインが見えなくても目が大きく見えるのです!

理想のアイライン太さとは

'399'

アイラインは無理に太く引かなくても大丈夫。
一重さんにとっての理想の太さは、目を開けているときにラインが見えるぎりぎりぐらい。
太くても2㎜以内におさめるようなラインを引きましょう。

アイライン+アイシャドウ

'399'

一重さんが目を大きく見えるコツは、アイラインとアイシャドウのダブル使いです。
アイラインを引いた後、アイシャドウパレットの中で濃い色のアイシャドウを取り、アイラインの上にのせてみてください。
アイラインとアイシャドウが混じり合い、目が大きく見えますよ。

いかがでしたか?

今までアイラインの引き方で悩んでいた一重さんは引き方を変えてみませんか?ちゃんとコツを知ることで、にじみも出ない、ヨレにくいきれいなアイラインが引けますよ。
一重だからと諦めず、アイラインで魅力的な目を手に入れちゃいましょう!

HAIR

2017年07月16日 08時00分

ビューティ HAIR

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。