優しい目元にしたいならアイラインは"ペンシルタイプ"で引くことが鉄則!

2017年07月14日 17時00分

ビューティ HAIR

ペンシルタイプの魅力

初心者にオススメのペンシルタイプ

'399'

アイライナーは細かい作業が必要なメイクなので、初めてアイライナーを使う人にとっては、リキッドタイプやジェルタイプなどの筆だと難しい場合も。
その点ペンシルタイプなら、扱いやすいのでオススメです。

穏やかな発色が魅力的

'399'

リキッドやジェルタイプは、アイラインを引いたところがバッチリ強調されます。
もちろん好みによっては強調されてもいいのですが、ペンシルタイプは穏やかな発色で、柔らかくナチュラルな目元を演出できるのが魅力。

見た目で残りがわかる

'399'

ペンシルタイプに限らず、ジェルタイプでも言えますが、リキッドタイプと違って目で見て残量がわかります。
いざ使ったものの、あまり出が良くないなんてことがないので困りません。

ぼかしやすく太さ調整も可能

'399'

アイライナーの芯が柔らかく、ぼかしやすいのがペンシルタイプの魅力。
また、自分で削るタイプであれば太さも調整可能なので、目の存在感を自分の力量でコントロールできるのです。

二重さんの引き方

ペンシルで控えめに

'399'

二重さんの場合、アイラインで強調しなくても目力がある人が多いですよね。
その場合、あまり濃くアイラインを引くと化粧が濃く見えます。
ペンシルの中でも、黒ではなくブラウンやグレー系をチョイスするとナチュラル風になりますよ♪

目尻に引く

'399'

ペンシルタイプで柔らかくなるのですが、全体に引くと目が強調されすぎてしまうこともあるので、目尻3分の1にだけ引くだけでもアイラインの効果は得られます。
二重さんはほんのちょっとのラインでOKです♪

奥二重さんの引き方

奥二重さんの特徴

'399'

奥二重さんの場合、二重幅が狭いのでアイラインを引いても埋もれてしまうことが多いのです。
またにじみやすいことも特徴なので、太く引き過ぎないように注意しましょう。

奥二重さんのアイライン

'399'

まずはまつ毛の間を埋めることを意識して、アイラインを引いていきましょう。
その上を細い線でアイラインを引くと、目を開けたときにもアイラインが薄く見えるので効果的です。

一重さんの引き方

一重さんの特徴

'399'

一重さんの場合、アイラインを引いてもまぶたで見えなくなってしまうことが多いです。
ペンを持っていない方の手で、まぶたを引き上げてからゆっくり丁寧にアイラインを引いていきましょう。

一重さんのアイライン

'399'

目尻までの目の上のラインを太めに引いても、まぶたに隠れて効果が得にくいので、目尻にかけて太くするようにアイラインを引きましょう。
目の横幅を強調できて、目力がアップします♪

いかがでしたか?

ペンシルタイプのアイライナーは、柔らかで優しくナチュラルな印象を与えられます。
ちょっと雰囲気を柔らかくしたい人や、アイラインが初めてという人にはピッタリのアイライナー。
優しい目元で周りの目をくぎ付けにしてみませんか?♡
目のタイプによって気をつける点、引き方が異なるので、あなたの目に合わせたメイク方法で試してみてくださいね。

HAIR

2017年07月14日 17時00分

ビューティ HAIR

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。