溜まっていくアイシャドウ。使い切れない人は約5割

コスメフロアに並んでいるアイシャドウ。ファンデや口紅に比べても手ごろな値段で、サイズも小さく、「新色」なんてシールが貼られていたりすると、つい衝動買いしてしまうことも。でも、デパートのビューティアドバイザー(BA)に聞くと、化粧品の使用期限は開封後3カ月とか1年だそう。そこで今回は、「アイシャドウを捨てるタイミング」について、アンケートで質問してみました。

■アイシャドウって、いつ捨てる?

使い切って捨てる                 (48.1%)使わないと判断したとき(購入から1年以上)    (27.5%)新しいものを買ったとき              (15.3%)使わないと判断したとき(購入から1年未満)    ( 8.4%)使用期限が切れたくらいで             ( 5.6%)※有効回答数287件。複数回答

半数の人は「使い切って捨てる」と回答しています。残りの半数は、使い切ることなく、別の理由で捨てているようです。

■使い切ってから捨てないともったいない!

・「使い切らないともったいない感じがして捨てられない」(33歳/その他/販売職・サービス系)

・「もったいないので。もし、痒みなどが出るようであれば、容赦なく捨てるが、それまでは割れて使いづらくなるまで使います」(34歳/その他/秘書・アシスタント職)

一番多く挙げられたのが「もったいない」という理由。まだまだたくさん残っているのに、捨てるのはもったいない気がしますよね。

・「何種類も買わない、定番色を購入し使用するので期限内に使いきれる」(32歳/医療・福祉/専門職)

といった工夫をしている人も見られました。

・「その日の気分で変えるので何色あってもよく、使い終わったらそれは捨てる」(33歳/自動車関連/技術職)

こちらは、たくさん持っているほうがよいという考えです。

■買ってから1年たたないと判断できない

・「もったいないし使うかもしれないので、絶対使わないと思わないと捨てられない」(33歳/医療・福祉/その他)

・「いつか使うかもしれないと一定期間は保管しておく」(29歳/学校・教育関連/その他)

・「いつか使うかもと思って取っておきたいタイプだけど、大掃除などのタイミングで捨てるようにしている」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

「人生がときめく片づけの魔法」の著者、近藤麻理恵さんによると、「1年着なかった服をまた着る可能性はかなり低い」とのことですが、アイシャドウもまた、同じことが言えるかもしれません。

■新しいものを買ったときが捨てるタイミング

・「新しいものを買うと古いものは使わなくなる」(29歳/その他/その他)

・「使い切るのは時間がかかるので、新しいものを買ったら捨てます」(29歳/機械・精密機器/事務系専門職)

確かに、新しいものを購入すると、古いものの出番は少なります。残っているかどうかに関わらず、捨てるタイミングですね。

■1年たたなくても、使わないと思ったら捨てる

・「一度使わなくなったら置いておいても使わないから」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「物を増やしたくないから」(23歳/小売店/販売職・サービス系)

使わないと判断したら、すぐに捨てる派ですね。アイシャドウに限らず、使わないものをいくら取っておいても、使わないということが案外、多いようです。

■使用期限は守る!

・「使用期限を守らないと、肌に良くない影響を与えると感じたため」(34歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「敏感肌なので」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

敏感肌の人や、一度トラブルに見舞われた人は、使用期限が気になるようです。使用部位が目の周りだけに、トラブルは怖いですよね。

■まとめ

このアンケートで案外多かった意見は「使用期限があることを知らなかった」というものです。確かに、食品のように使用期限が記載されているものは少ないですし、購入の際に、使用期限を伝えられることはありません。

これは法律で、「製造後3年以内で変質する化粧品を除き、使用期限を表示する必要はない」とされているためなんだそうです。

例えば資生堂のWebサイトには、「ご使用時に変な臭いがせず、分離していない、変色していないなど、購入時と同じ状態の場合はご使用いただけます。開封後すぐに品質が変化することはありませんが、なるべく早く使いきることをおすすめします。」と使用期限の目安について書かれています

最近はオーガニックコスメなども増え、メーカーやブランドによって使用期限は異なっているようですが、肌にトラブルが起きると、深刻な問題になってしまいます。それを防ぐためにも、「いつ買ったコスメか」を気にするくらいの配慮は必要かもしれませんね。

(マイナビウーマン編集部)

※マイナビウーマン調べ調査日時:2019年5月10日~5月12日調査人数:287人(22~34歳の働く女性)

マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。