マネしたらすぐ可愛くなれる♡離れ目さん・寄り目さんが美人見えする「正解アイメイク」

2021年06月17日 09時00分

メイク術 ビューティー michill

目と目の間の黄金バランスとは?

そもそも、美人に見える目と目の理想的な間隔とは、どのくらいの間隔なのでしょう?

一般的に、目の幅と目と目の間、そして目尻から髪の生え際への間隔はすべて等間隔であることがバランスがよいと言われています。

つまり目と目の間の間隔は顔幅の1/5くらいが理想の間隔。それより広いと離れ目さん、狭いと寄り目さんです。

もしそれをコンプレックスに感じているのなら、それぞれ、次のメイク法で簡単に印象をかえることができるので、参考にしてくださいね。

離れ目を目立たなくするアイメイク

離れ目さんは、親しみやすくあどけない印象の方が多いようです。

もし、離れ目を気にしていたり、もっと大人っぽい印象になりたかったりするときは、目頭側にアイラインを引いたりハイライトで目立たせたりして視覚的に目頭側に目幅を広げる方法が効果的です。

① 目頭側に斜めにアイラインを入れる

まずは、基本のアイメイクで目の印象をアップしたら、アイラインを目頭側に切り込みを入れるように1~2mmほど入れます。目立たないようになじみ色のグレージュやくすみピンク、ブラウンを使うとより効果的です。

切開ラインともいわれ、まるで目頭に切り込みを入れるようなラインを入れることで目を大きく見せるメイク法です。

大人っぽいメイクの代表ともいわれる、目尻側へのアイラインは、長く入れ過ぎると離れ目がかえって目立ってしまうので気を付けてくださいね。

② 下まぶた目頭側のハイライト

基本のアイメイクにあわせて下まぶたの目頭側にハイライトを入れる方法もおすすめです。

③ 目と目の間にハイライトを入れる

目と目の間に縦長にハイライトを入れると、鼻筋に立体感が出て目と目の間の距離がシュッと縮まって見えます。ほんのり光を入れる程度のさじ加減がベスト!近い距離から見てもわからないくらいのメイク効果を目指してくださいね。

寄り目を目立たなくするアイメイク

寄り目さんは、大人っぽい印象、知的でクールな印象の方が多いようです。

目が寄り過ぎていることをもし気にしているのなら、目尻側へのアイシャドウや長めのアイラインで目幅を目尻側に広げることで、ぱっと見の印象を操ることができます。

① 目尻側にアイシャドウを広めに入れる

二重幅の中に入れるメインカラーのアイシャドウを目尻側に広めに入れます。ほんわりとぼかすと目幅が目尻側に広く見えるのでおすすめです。

② 目尻側にアイラインを長く引く

①のアイメイクのあと、締め色のアイシャドウを内側に塗り、さらにアイラインを目尻側に長めに入れます。

下まぶたには締め色やアイラインは入れず、目尻側にハイライトを入れて明るさをプラスすると華やかな印象に。

③ 顔幅に対して目が内側に寄っているという方はあわせて眉尻を長めに描く

眉尻は下に下げず、平行気味に長さをプラスする方法がおすすめです。眉頭側には強い色をのせずに立体的な眉毛を目指してくださいね。

離れ目と寄り目をカバーするアイメイクの方法をご紹介しました。

どれも簡単な方法ですが、意識してメイクするとかなり印象を変える効果が期待できるので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方

michill

2021年06月17日 09時00分

メイク術 ビューティー michill

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。