目元が崩れたら+5歳は老け見えです!マスクしてても美人見えをキープするメイクテク

2020年05月21日 10時00分

メイク術 ビューティ michill

アイメイクが崩れると+5歳は老け見え

マスクをとって疲れた顔に見えるのは、きっとアイメイクが崩れているせい。アイメイクが崩れると、目元がくすんで暗くなり、5歳は老けて見えます。

メイク崩れの原因は筋肉の動きからくる擦れとマスク内の湿気。ですので、密着力が弱い・湿気に弱いメイクアイテムを使うとメイク崩れしやすくなります。

つまり、マスクの時は崩れにくいアイメイクをするのが大切なポイントとなります。

アイシャドウはいつもより明るめカラーを

マスクの日はアイシャドウはいつもより明るいカラーを選びましょう。明るめのカラーのアイシャドウを、上まぶたと下まぶたに塗ります。

アイシャドウが濃いダークカラーだと、その分崩れたときにくすみやすくなってしまいます。

マスクメイクでおすすめカラーは「ベージュ」や「サーモンピンク」。肌なじみのいい色はくすみにくく、目元を明るくキープしてくれますよ。

また、いくら明るくてもイエローやグリーンなどの奇抜なカラーは肌から浮いたりくすみやすいのでNGです。

顔の下半分が隠れる分眉が目立つのでアイブロウは丁寧に

マスクで顔の下半分が隠れる分、目線は目から上に集中します。眉毛がボサボサだったり雑な眉だと、せっかくのアイメイクが台無しです。

眉は眉頭から眉尻まで気を抜かず、黄金比を意識していつも以上に丁寧に描きましょう。

眉の理想のプロポーションは以下です。上の画像を参考にして下さいね。

・眉頭は小鼻の位置の延長線上

・眉尻は小鼻と目尻を結んだ延長線上と眉頭の下の水平線が交差したところ、またはそこから少しだけ上の角度にあたる位置

眉メイクが崩れやすい人は、仕上げにウォータープルーフの眉マスカラを重ねておくと崩れにくくなりますよ。

目の下のクマはコンシーラーできちんとカバー

マスクの日のメイクはつい手を抜きがちですが、目の下のクマはきちんとカバーをしましょう。クマが目立つとそれだけで老けて見えてしまいます。

ただし使うのは密着力の高いコンシーラーで、クマが気になる部分だけをきちんとカバーすること。上の画像の線で囲った部分を重点的にカバーしましょう。

ファンデーションを肌全体にたっぷり重ねてカバーすることはオススメできません。

なぜなら、マスクの中は湿度が高く蒸されている状態なので、ファンデーションを厚く重ねても、肌全体が崩れる原因にしかならないからです。

美人見えを目指すならノーズシャドウは普段よりしっかりめに

顔の立体感こそ美人に見える重要なポイント。マスクメイクで立体感を作るには、ノーズシャドウが大切なカギです。

いつもより少しだけしっかりとノーズシャドウをいれましょう。入れる位置は、眉頭から、鼻の付け根にかけて。それより下の部分はマスクで隠れてしまうので、入れなくても大丈夫です。上の画像の白い線で囲った部分にノーズシャドウを塗りましょう。

ただしやりすぎは絶対NG!鏡を見ながら入れすぎに注意しましょう。

限度がわからないときは携帯の純正カメラで自撮りをしましょう。撮った写真を見た時にノーズシャドウがくっきり見えていれば、やりすぎです。自然にぼかしてあり、わからない程度であればOKです。

加工アプリで撮影すると自動補正されてしまい、実際のメイクの見え方がわからなくなってしまうのでここでの使用はNGです。

マスクメイクで元から美人な印象を作るのは「引き算と立体感」

美人に仕上げたいと思うとついメイクは濃くなりがちですが、それでは元から美人感はでません。

ただメイクの濃い雰囲気美人にならないように大切なのは「引き算」すること。

アイシャドウは肌なじみのいいナチュラルカラーを。ただし目の下のクマはきちんとカバーすること。そして仕上げにノーズシャドウで立体感をプラスすれば、元から美人メイクの出来上がりです。

まだ自粛は続きますが、いつもとちがうメイクで気分転換してくださいね。

「#マスクメイク」の記事をもっと見る

michill

2020年05月21日 10時00分

メイク術 ビューティ michill

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。