そのメイク、時代遅れのダサ見えかも!?今っぽ顔を作る垢抜けメイクの基本テク

2019年12月14日 09時00分

メイク術 ビューティ michill

こんなに違う!ちょっぴり昔っぽいNGメイクと2020年旬顔メイク

左側が少し前のトレンドメイクを意識したメイク、右側が最近のトレンド要素を加えたメイクです。

いかがでしょうか?こうやって並べてみると、だいぶ印象が違いますよね。

右側の方が柔らかい雰囲気で目も大きく見えるのではないでしょうか?

NGメイクとOKメイク、それぞれ詳しく解説していきます。

ベースメイク、チーク、リップ。NGポイントはここ!

ハイカバレッジでマットなファンデーションは確かに肌をキレイに見せてくれる効果が高いのですが、完成度の高いベースメイクとバランスを取るためにはどうしてもきっちり濃いめのメイクになりがち。

さらに、顔の際まできっちり塗ってしまうと、立体感もなくなり、顔が大きく見えてしまいます。

また、頬骨の下に沿って顔の内側にスッと入れるシェーディングは、日本人の骨格だとどうしても舞台メイクっぽくなってしまいます。

リップとチークの色も、流行っている色を使えばOKというわけではありません。

ベースメイク、チーク、リップのOKメイクはこれ!

ファンデーションはナチュラルでツヤ感のあるものをチョイス。

クマや赤み、ニキビ跡などの気になる部分はコンシーラーでしっかり隠していきます。

シェーディングは頬骨やエラなどを削っていくイメージで、顔の形を卵型になるように形成していきます。

最近は濃い色リップが人気なので、チークを薄づきにしてバランスをとっていきます。

アイメイクはナチュラルに盛るのが鉄則

左がNGメイク、右がOKメイクです。

パッと見てわかると思いますが、OKメイクの方が薄化粧なのに目が大きく見えます。

今っぽメイクは「ナチュラルだけど盛れてる」が基本。

こちらも詳しく解説していきます。

盛りすぎ、塗りすぎ注意! 一気に古臭く見えてしまうアイメイク

眉毛の色が均一だと、立体感が失われ、キツイ印象になりがち。

眉山をしっかり取ってしまうのも陥りがちな失敗ポイントです。

キャットラインは自体はとても可愛いけど、デカ目効果を狙うなら跳ね上げすぎない方が◎

パール感の強すぎるハイライトは一気に昔のギャルっぽくなってしまうので、ハイライトは肌なじみ重視で選びましょう。

濃くないのにしっかり盛れてる、令和のデカ目メイク

眉は「眉尻→中間→眉頭」の順に「濃→薄」のグラデーションをつけていきましょう。

このグラデーションをしっかり作っていくことで、眉の形をしっかり取らなくても完成度の高いナチュラル眉毛が仕上がります。

アイラインは、ダークブラウンのペンシルがおすすめ。

目の形に沿って3mmほどはみ出すだけでデカ目効果大!二重の方は二重線と平行になるように描いてみましょう。

本当は教えたくないテクニックなのですが、目頭の粘膜にピンクやパープルのラインを入れると一気に目元が華やかになり、デカ目効果もあるのでぜひ試してみてください。

目頭側に入れることで、目と目の間隔が締まり鼻も高く見えます。寄り目気味の方は目頭ではなく、目尻に入れるのがおすすめです。

このひと手間でプロの仕上がり!


今っぽメイクをするために、ぜひ買い足して欲しいアイテムは「まつ毛コーム」。

マスカラを塗った後、ダマをとかしたり、セパレートさせたりするだけ!たったひと手間で顔全体の印象がガラリと変わり、一気に垢抜け顔になります。

ぜひ試してみてくださいね!

「#NGメイク」の記事をもっと見る

michill

2019年12月14日 09時00分

メイク術 ビューティ michill

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。