メイクが今よりワンランクアップ♡リキッドファンデーションを塗る時は平筆ブラシがおすすめ!

リキッドファンデーションブラシの選び方

リキッドファンデーションの専用ブラシは主に2種類あります。

写真の左側が円形のフラットタイプ。
写真の右側が平筆タイプ。

フラットタイプはパウダリー、リキッド、クリーム、固形ファンデーションに使えるブラシ。
初心者の方でも「トントン」とのせるようにつけていくことで、毛穴をしっかりとカバーしてくれるので人気があります。

スポンジでつけるよりもナチュラルにつけることができます。

仕上がりはツヤ肌よりもマット肌になりやすいのが特徴です。

今回のオススメは平筆タイプ!プロのメイクアップアーティストのほとんどは平筆タイプを使います。

平筆タイプのブラシは横幅があるので手早く一気に、しかもムラなく綺麗に塗り広げることができます。また、小回りが利くので小鼻のまわりや目のキワまでキレイに塗ることができます。

使い慣れていくと、時短メイクに大活躍のアイテムです!

次に詳しいブラシの使い方を解説していきます。

これが時短!リキッドファンデーションのブラシの使い方

まず、リキッドファンデーションを手の甲に出します。
手の甲の上で、ブラシの先のほうだけではなく、全体にしっかりとリキッドファンデーションを含ませるのがポイントです。

塗り始めは、頬の大きな面からスタート。
内側から外側に向かって放射線状につけていきます。

ブラシの平らな面の全体を使ってすべらせるようにタッチ。
ブラシの線が出ますが、気にせずに大胆に手早くつけていきましょう。

頬と同じように、額、鼻、あご先の順で、広い面からつけていきます。
その後、目元、鼻の横、口元のキワなど、細かな部分を筆に残ったファンデーションでつけていきます。

リキッドファンデーションはタッチする回数が多いと乾燥しやすく、ムラになってしまうので、なるべく少ないタッチで早くつけることが大切です。
全体にリキッドファンデーションが塗り終わったら最後の仕上げをします。

最後はスポンジで手早く調整

最後は、スポンジで軽くすべらせるようになじませていきます。

よく、『ブラシもスポンジも両方使用しないとダメですか?』と聞かれますが、最後はスポンジで軽くなじませた方が断然キレイに仕上がるので、ひと手間かかりますが両方使用するのがオススメです。

ブラシで全体にファンデーションがついているので、ムラを感じるところやブラシの線が出た箇所をスポンジでフィットさせていきましょう。

ブラシでさっと全体に塗り広げて、手早くスポンジでなじませると、とっても綺麗にフィットし、お肌に透明感やツヤが生まれてきます。

手やスポンジを使う方法でも、もちろん問題はありません。
ただ乾燥の早いリキッドファンデーションは、手だとムラになりやすくちょっと難易度は高めになってしまいます。
忙しい朝に手が汚れてしまうのも大変ですよね。

スポンジはキレイに手早くつけることができますが、スポンジ自体に余分にリキッドを吸い込んでしまうのでリキッドファンデーションの減りが早くなりがち。

忙しい朝、なかなかメイクにじっくり時間をかけられない時にこそ、平筆タイプのブラシでリキッドファンデーションをつけてみてください。
手を汚すこともなくサッと毛穴をカバーして、あっという間に透明感がアップします。

あなたも時短でキレイにメイクを終えて、余裕ある優雅な朝にしてみませんか?
リキッドファンデーションをブラシでつける方法、ぜひお試しください。


「#ベースメイク」の記事をもっと見る

michill

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。