化粧水のつけ方間違ってない?プロが教えるコットンや手でつける方法

2018年11月20日 10時00分

化粧水 ビューティ michill

化粧水をつける方法、迷ったことはない?

化粧水をつけるとき、手に出してそのままつけるか、コットンを使うか悩んだことはないでしょうか。
ビューティーアドバイザーに使い方を教えてもらったり、商品説明がきっちりと書かれているものはもちろん多く、その通りに使う方が本来の効果は得られるとされています。

ですが肌質は人それぞれで、手で直接使う方が好き、コットンを使って化粧水をつけたいなど、自分なりのスキンケア方法がある人も多いはず。

今回は手でハンドプレスしながらつけるときと、コットンを使うときのメリットやデメリット、注意点などをご紹介します!


①手でつけるとき


メリット・デメリット

手のひらに化粧水を出してつけると、手の温度で化粧水があたたまり、肌になじみやすくなります。
少しの量でも顔全体になじませることができるので、しっかりと化粧水の効果を肌で実感できるような気もしますよね。

やさしくなじませてあげることで肌への負担も少なく、特にニキビなどの肌トラブルに悩まされている人にはオススメの方法です。

ですが一方で、手のひらで化粧水をなじませると均一にのばすことができないというデメリットがあります。
手のひらは平らではないので、ササッと化粧水をつけるだけでは、きちんと全体につけられていないということもあるのです。


手でつけるときの方法と注意点

化粧水を手でつけるときは、まず手を清潔な状態にしてください。
化粧水は少量ずつ手に取り、部分部分で数回に分けて化粧水を足しながらしっかりとなじませていきます。

最後に手のひら全体で包み込むようにハンドプレスすることで、さらに効果が実感できるようになります。


②コットンを使うとき


メリット・デメリット

コットンを使って化粧水をつけると、コットンの線維が肌表面の汚れや角質を拭き取ってくれるので、肌をキレイに整えることができます。

肌全体に均一に化粧水をなじませることもできるので、ささっと簡単に済ませられますね。
コットンにたっぷりと化粧水を浸し、コットンパックで手軽なスペシャルケアもオススメです。

一方でコットンを使って化粧水をつけると、化粧水をたっぷりと使わないといけないというデメリットがあります。

化粧水はさらっとしたタイプのものから、少しとろみがあるタイプのものまでありますが、タイプによってはその量が多く必要になってしまったり、コットンでは少し使いにくいということも。

さらに化粧水の量が少ないと、コットンとの摩擦で肌を傷つけてしまうので、注意が必要です。

コットンを使うときの方法と注意点

まずは自分の肌にあった、刺激の少ないコットンを選ぶようにしましょう。
化粧水はたっぷりと使い、ひたひたにした状態で、こすらないよう優しくつけていきます。
最後にハンドプレスすることで、効果も高まりますよ。


自分流をみつけてさらにキレイな肌へ

いつも使っている化粧水。手でつけるかコットンでつけるかは、それぞれにメリットもデメリットもあります。

化粧水の種類や肌の状態、ライフスタイルに合わせながら、自分流のスキンケア方法を見つけてみてください。
使い方ひとつで、お肌の状態も変化するかもしれませんね!


「#スキンケア」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■michill(ミチル)の「アプリ」が遂に登場!便利な機能をご紹介♡
■プロが全部解決します!今さら聞けないスキンケアの疑問7連発
■化粧水は手で?コットンで?女子の永遠のギモンの正解は…
■化粧水ケチッてない?プロが教える正しい化粧水の使い方!
■今さら聞けない!乳液とクリームの違いって!?

michill

2018年11月20日 10時00分

化粧水 ビューティ michill

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。