男がドン引きするあの部分のメイク崩れを簡単にキレイに戻すコツ4選

2018年10月19日 09時00分

メイク術 ビューティ michill

①小じわ、ほうれい線に落ちたファンデ

メイク直しをしないと夕方には「小じわ」「ほうれい線」などに朝塗ったファンデーションが落ちてしまい「しわを目立たせる原因」になってしまいます!しわに落ちたファンデは、その部分を目立たせて、一気に老け顔になるので要注意です。

「目元のしわ、ほうれい線にファンデーションがたまってる女性を見ると、違う意味でドキッとしますよね」(31歳・男性・会社員)

対処法は?

小じわ、ほうれい線に落ちてしまったファンデは「乳液+綿棒」でお直し!

綿棒に軽く乳液をつけてから、しわ部分に軽くなじませます。綿棒がない場合は、乳液でなじませるだけでもOKです。その上からファンデを塗りなおせば、お疲れ顔がよみがえってキレイ顔に戻ります。

②アイメイクが落ちた「パンダ目」

アイラインやアイメイクが落ちてしまい「パンダ目」になってしまうことも!下まぶたが黒ずんで目のクマが目立つ、老け顔に見えるなど「残念なメイク崩れ」の典型です。

「目の下が黒くなっていると、『今日はずいぶん疲れているね』って思う…」(30歳・男性・アパレル関連)

対処法は?

パンダ目にならないように、朝のスキンケアの時点で「余分な皮脂や油分」をティッシュオフしてからメイクをすると崩れにくくなります。

パンダ目になってしまったら綿棒でやさしくオフして、再度メイクをしましょう。落ちにくいアイライナー、マスカラを選ぶことも大切です!

③カサカサに乾燥した唇・リップがよれた唇

空調がきいた室内で過ごしていると「乾燥」も気になりますよね。気づけば唇がカサカサになって、リップがよれてしまっていた…なんてことはありませんか?

「唇の皮がガサガサになっていたり、口紅がよれていると正直『怖い』です」(33歳・男性・メーカー勤務)

対処法は?

乾燥対策としてリップをこまめに塗る、のはもちろんですが「保湿力の高いリップ」を選ぶこと、塗り方にもひと工夫を。唇は「縦」にしわが入っているので、リップも横ではなく唇に対して縦に塗る方が、しわの間まできちんと保湿されます!横に塗ってしてしまいがちですが、縦塗りに変えるだけで保湿力がグッと高まります。

よれてしまったリップは綿棒を唇にのせて、くるくると回転させながら「余分な皮」を落としましょう。その後、保湿×カラーリップorカラーグロスで血色の良い唇に。

④鼻と頬が目立つ「顔のテカり」

メイクをして時間が経つと、鼻や頬がテカテカと光ってしまう「顔のテカり」も気になりますよね。テカってしまうとメイク全体の印象が台無しになってしまうので「テカり対策」も意識してみましょう!

「仕事終わりの待ち合わせで、テカった彼女の顔がいつも気になる…」(29歳・男性・美容師)

対処法は?

実はテカりの原因は「肌乾燥」にあり。乾燥しているとそれを補うために「皮脂」が多く分泌されてテカりにつながります。朝のスキンケアではしっかり保湿をしましょう!

また、リキッドファンデは油分が多いので、テカりやすい人はパウダーファンデ、もしくはリキッドファンデの仕上げにパウダーファンデをのせましょう。

メイク直しでは「あぶら取り紙」をそっとテカり部分にのせて余分な皮脂をオフ。その後、パウダーファンデをテカリやすい部分になじませます。

仕事終わりはメイクだってくたびれてしまうもの!老けて見えたり、疲れて見えてしまい魅力が半減してしまうこともあります。その後の予定をキレイな顔で楽しむために「メイク直し」をサッとして“お疲れ顔”にならないようにしましょう。


「#メイク直し」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■michill(ミチル)の「アプリ」が遂に登場!便利な機能をご紹介♡
■毛穴、テカり、乾燥…お悩み別!優秀プチプラメイク直しコスメ3選
■要注意!男性にドン引きされる「女のメイク崩れパーツ」3選
■カンペキ美肌を死守!絶対メイク崩れさせたくない人の名品コスメ
■いつだってキレイでいたい!時短メイク直し法&崩さないメイク術


michill

2018年10月19日 09時00分

メイク術 ビューティ michill

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。