一重、顔が大きい、鼻が低い…。3大コンプレックスを解消!プロが教えるメイクテク♡

2018年09月17日 11時00分

メイク術 ビューティ michill

一重まぶた



アイシャドウ





一重まぶたをメイクでカバーするには、濃淡2色のアイシャドウを使うのがオススメです。淡い色のアイシャドウ1色で仕上げると、まぶたが腫れぼったく見えてしまうので注意しましょう。
単色で仕上げたい時には少し深みのある色で、なおかつ自然なグラデーションが作れるものを選ぶのがポイントになります。



また、アイシャドウを塗る際はパウダーの場合はブラシを使用し、クリームやリキッドの場合は指付けして、自然なグラデーションを作ることを心がけましょう。
そうすることで陰影ができて目が大きく、印象的に見えます。下まぶたには、淡い色のアイシャドウを使って抜け感を出しましょう。



アイライン



アイラインは引き締め効果のあるダークカラーでまつげの隙間を埋めるように細めに描きましょう。



カラーライナーを使いたい時には、上記のようにダークカラーを使ってから目尻だけに入れるのが◎。アイライナーは少しだけ目尻側にはみ出して自然に跳ね上げるのがオススメです。



マスカラ



マスカラは、ボリュームよりロング効果やセパレート効果の高いものを使って強調しすぎないのがベストです。



アイブロウ



眉をあまり太くしてしまうと、目よりも眉が目立って視線がそちらにいってしまうことに。そのため、眉は少し細めに仕上げるのがオススメです。
骨格などにもよりますが、長さは短めにし、少しカーブをつけて描くと柔和な印象に見せることができます。



顔が大きい



ファンデ





顔を少しでも小さく見せるためにはファンデ選びも重要になってきます。



まずは色。顔の色に合わせて選ぶと白浮きしてしまって顔が膨張して見えてしまうので要注意!ファンデは、首の色に合わせて選びましょう。



また、自然な印象に仕上げる必要があります。ファンデは薄めに塗って、境目は必ずぼかしましょう。



ハイライト&ノーズシャドウ



顔に立体感をつけると、顔全体の印象が引き締まって見えます。そのためハイライトを使うのがオススメです。
ハイライトはCゾーン、鼻筋、上唇の上、あごのくぼみに塗りましょう。



パウダータイプのハイライトを使う時にはメイクの最後に使っても構いませんが、練り状のものを使う時にはファンデの後フェイスパウダーの前に使うのがベストです。



また、ノーズシャドウを入れる場合には、先にノーズシャドウを塗ってからハイライトを塗りましょう。
ノーズシャドウを入れる位置ですが、眉頭から鼻筋の両サイドを小鼻に向かって入れます。小鼻の手前くらいまで入れてもかもいませんが、ブラシでスッと消えるように下に向かって徐々に薄く引きましょう。



なお、ノーズシャドウもハイライトも自然な仕上がりになるものを選ぶのが重要です。



シェーディング



顔を小さく見せるには、顔の面積が少なく見えるようなメイクをする必要があります。
そのために欠かせないのが、シェーディング。影を作ることができるので、顔に立体感を作ることもできて一石二鳥です。



しかし、シェーディングを入れているのが周囲にわかるような入れ方はNG!あくまでも自然な印象に仕上げることが何よりも大切です。



そのためには濃すぎる色のシェーディングを使わないのがベスト。パウダータイプのものならファンデより2段階程度暗い色を使い、練り状のものならのばした時に肌にスッと溶け込むようなものを選びましょう。



また、肌の質感に合わせてシェーディングの質感を選ぶこともお忘れなく。



アイブロウ



顔を小さく見せるには、顔の面積が少なく見えるようなメイクをする必要があるので、アイブロウも少し太め、少し長めに描くのがオススメです。
また、ぼかしたり、明るめのアイブロウマスカラを重ねて抜け感を出すとより自然な印象に見えます。



鼻が低い



ノーズシャドウ



鼻が低い人は陰と光を味方にしたメイクをすることでお悩みをカバーできる見込みがあります。とはいえ、あくまでも自然に仕上げるのが鉄則。
ノーズシャドウは、肌よりワントーンくらい程度の色で肌なじみのいいものを選びましょう。



ノーズシャドウを入れる位置ですが、眉頭から鼻筋の両サイドを小鼻に向かって入れます。小鼻の手前くらいまで入れてもかもいませんが、ブラシでスッと消えるように下に向かって徐々に薄く引きましょう。



ハイライト



鼻筋にハイライトを入れると、鼻が高く見えます。しかし、ハイライトもあくまでも自然に入れるのがポイントになります。
商品を選ぶ際は、白浮きすることなく、自然にツヤ感と立体感をプラスできるものを選びましょう。また、ハイライトはブラシで細めにスッと入れるのがオススメです。



全体のメイク



鼻が低い場合には、全体のメイクでは可愛らしい雰囲気に仕上げるのが◎。また、目元を強調して視線が上にいくよう心がけましょう。



今回は、コンプレックスとしてあげられることが多い3つのお悩みをカバーするメイク法をご紹介しました。お悩みの方は、ぜひお試しください。


「#メイク術」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■お手軽メイクでこんなに変わる!小顔を叶える♡メイク術
■そのメイク、顔を大きく見せてます!プロが教えるNGメイク7つ
■美人になれるテク満載♡CAメイクに学ぶ!メリハリ顔の作り方
■ALL 1500円以下!まつ毛コンプレックスを克服できるマスカラ3選
■美人度UP♡プチプラコスメで薄く小さい唇をぷっくりリップに!

michill

2018年09月17日 11時00分

メイク術 ビューティ michill

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。