引き算メイクって実際どうやるの?プロが教える今っぽこなれ顔テク♡

2018年09月15日 08時00分

メイク術 ビューティ michill

秋こそ肌に負担をかけない!引き算メイクにチャレンジ



いつものバッチリメイクから少し「抜く」ことで、旬のこなれメイクに近付けるという「引き算メイク」というものが、少し前から雑誌やメディアでも取り上げられています。



ですが実際にやりたくても、どこを抜けばいいの?やっぱりもの足りない気がする!という不安や疑問を感じている人も多いはず。




実は秋という、夏の疲れが肌にも現れてくる季節は、そんな引き算メイクが思わぬ効果を発揮してくれる季節かもしれません。



今回引き算をご提案するのは、ファンデーションとティントリップ。肌をいたわるつもりで、お休みすることにチャレンジしてみてください!



ファンデーションを塗らないメイクで肌にも休息を



まだ暑さの残るこの時期、ファンデーションを重たく感じてしまったり、メイク崩れに悩む人も多いはず。だけどそのファンデーション、メイクする上で絶対に塗らないといけないものだと思っていませんか?



確かにファンデーションは、顔全体に塗るメイクの土台のような存在です。ですがファンデーションは、肌を均一に整えてくれるものであり、大きく目立つ肌悩みを隠しきることはできません。



そこで特徴をつかんで活用していきたいのが、肌悩みに合わせた化粧下地とコンシーラー。



化粧下地は、実はさまざまなタイプのものが発売されていて、年々進化を遂げ、今や下地を塗るだけでも素肌がキレイになったみたい!と感じられるものも多くなっています。





毛穴の凸凹を目立たなくしたり、カラーコントロールで赤みを抑えたり、ツヤ感のある肌をつくってくれたりするので、肌悩みに合ったものを探してみましょう。



そして目立つ肌悩みをキレイに隠してくれる役割をするのが、コンシーラーです。





気になる部分にのせるだけなので負担も少なく、顔全体に塗るわけではないので、のっぺりとした印象にもなりません。



明るくみせたい部分には、明るいリキッドコンシーラーを使うことでハイライト効果もあるので、顔の立体感も出せる優れものなんですよ!



下地とコンシーラーで肌をつくったら、仕上げにフェイスパウダーを使います。





プレストパウダーなら、マットな化粧感のある仕上がりに。そしてルースパウダーなら、より自然な素肌を演出できます。下地やコンシーラーだけではもの足りない!と感じる人は、色つきのフェイスパウダーを使うことで、ほどよくカバーすることもできます。



ファンデーションは使っていませんが、これだけでもほどよい化粧感やキレイな肌をつくれるので、ぜひ試してみてください。



ティントリップは時々おやすみしながら使って





近ごろ種類も豊富で選びやすくなったティントリップ。発色や色持ちがよく、可愛いメイクに仕上がるので、ヘビロテしている人も多いと思います。



ですが、唇の乾燥や日焼け、黒ずみに悩んでいる人は、ぜひティントリップを少しお休みしましょう。実はティントリップはその構造から、口紅よりも唇へ負担がかかります。



しっかりと染めるタイプのリップだからこそ、角質にまで入り込み、しっかりとしたクレンジングも必要となるのです。



特に乾燥しているときには要注意。さらに乾燥が進んで皮むけなどのひどい状態になってしまうこともありますよ。



ティントリップを少しおやすみしただけで、唇の黒ずみが気にならなくなったり、唇が荒れにくくなった!なんてことも多いので、唇の悩みを見つけたり、普段からティントリップを活用している人は意識してみてくださいね。

肌もこころも上手に息抜きしながら楽しい毎日を





ファンデーションやリップに限らず、コスメは上手に使えば可愛くも幸せにもなれる魔法のアイテム。

だからこそ、上手に付き合い、時には「抜く」「お休みする」ということも覚えておきましょう。



そうすることで土台である肌がキレイになったり、肌トラブルが気にならなくなるかもしれません。ケアの一環として、上手に取り入れてみましょう!


「#肌トラブル」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■肌の悩みが一瞬で解決!持ってて損なし!優秀コンシーラー3選
■毛穴の黒ずみ問題はプロに学ぶ!スキンケア&メイク両方で撃退!
■黒ポツ、開き、凹み…タイプ別毛穴対策でつるつる美肌になれる!
■肌トラブルに効果絶大!絶対買うべきLUSHの神アイテム4選
■あなたの毛穴は何毛穴?今すぐ試したいお悩み別毛穴ケアアイテム

michill

2018年09月15日 08時00分

メイク術 ビューティ michill

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。