あなたのメイクが「すっぴんのほうがいいね」と言われるその理由

2018年08月30日 09時00分

メイク術 ビューティ michill

隠そうと濃くなる「ファンデーション」





ここ数年、メイクは「ナチュラル感」が流行ですが、シミ、シワ、くすみなど隠したいところが増えてくると「ファンデーション」が濃くなってしまう。心当たりはありませんか?



厚塗りファンデは、時間とともにシワや毛穴に入って「アラ」が目立ち、皮脂や汗でよれやすいため、老け顔メイクの原因になります!



100%隠そうとしない方が若く見える



気になる部分をファンデーションだけで隠そうとすると、どうしても「厚塗り」になるものです。



全体のファンデーションは「薄塗り」にして、シミや色ムラが気になるポイントだけ「コンシーラー」でカバーするのが正解です! 



ファンデだけで100%隠そうとすると厚塗りになるので、70%くらいでOK。あとは「アイメイク」「リップ」などポイントメイクで目線をずらした方が若々しく見えます。



パウダーファンデのみだと「厚塗り」になりやすいので、リキッドをメインにしましょう。



抜け感ゼロな「アイメイク」





目を囲むような濃いアイライン、濃いアイシャドウでグラデーションをはっきり…という「抜け感ゼロ」なアイメイクも「時代遅れで老けて見える」という声が!



今っぽさの鍵は「盛らないアイメイク」ですが、「盛らないと物足りない」と足し算でアイメイクしていると、老け顔メイクになってしまうので要注意です!



盛るアイメイクから「脱力メイク」に



今っぽいアイメイクのポイントは「アイシャドウは単色でツヤ感のあるもの」「アイラインはブラウン系」「マスカラはボリュームより長さとセパレートさ」の3つです!



アイシャドウはパール感のあるもの、ブラウン系などナチュラルなものをまぶたに。



アイラインはブラックで囲むと引き締め効果で目が小さく見えるので避けましょう。



まつげもバサバサとボリュームを出すより「長さ」に注目した方がナチュラルで若々しい印象に。



輪郭がくっきりした「アイブロウ」





くっきりとした輪郭のアイブロウは、シャープな印象になりますが「キリっとした印象」が大人っぽさを超えて「老け顔」に見える可能性もあります。



トレンドの「ふんわりアイブロウ」は、やわらかい印象になり、顔全体が若々しく見えるというメリットも!しっかりと輪郭をかくアイブロウは老け顔の原因につながるので避けましょう。



パウダーとマスカラで垢抜け顔に



ペンシルのみを使うと「くっきりした輪郭」になってしまいます。



アイブロウパウダーとブラシを使って、描くというよりは「眉毛と眉毛のすきまを埋める」というイメージでふんわりと仕上げます。仕上げに髪色よりワントーン明るいアイブロウマスカラで自眉に抜け感を出しましょう。



間違った位置の「チーク」





顔の印象を明るくするために欠かせない「チーク」ですが、間違った位置にのせると「たるんでみえる」ので老け顔に!



鏡を見てにこっと笑って、頬の一番高い位置にのせる…といわれていますが、これでは真顔になるとチークの部分が垂れ下がって「頬がたるんでみえる」のでアラサー女性は避けるべきです。



真顔で「頬の一番高い位置に」



頬がたるんで見えないように、真顔で頬の一番高い位置にチークを入れましょう。



頬から目尻に向かって引き上げるようなイメージで入れるとリフトアップ効果がありますが、こめかみまで入れると「古臭い印象」になるので注意!



チークもファンデと同じく「薄塗り」がトレンドなので濃くしすぎないことも大切です。



いかがでしたでしょうか?こんなメイクに思い当たることがあれば「実年齢より老けて見えるメイク」になっている可能性も!



足し算するだけのメイクはもう時代遅れ…今っぽさのある「ナチュラル感」も意識することで、より魅力的な華やかさを手に入れましょう。

「#NGメイク」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■そのメイク、顔を大きく見せてます!プロが教えるNGメイク7つ
■それ実は目が小さく見えてます!プロが教えるNGアイメイク6選
■あなたのメイク、オバさんっぽくない?老け見えNGメイク5つ
■歳より上に見られてない?6つの老け顔ポイント
■あなたのメイク、ここがNG!プロに習う正しい美人メイクのコツ

michill

2018年08月30日 09時00分

メイク術 ビューティ michill

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。