あなたのメイク、オバさんっぽくない?老け見えNGメイク5つ

2018年05月19日 09時00分

メイク術 ビューティ michill

①ダークカラーをメインにしたアイメイク

ダークカラーをメインにしたアイメイクは、目の周りのくすみと一体化したりして老けて見えてしまうメイクのひとつです。
立体感を出すためにダークカラーのアイシャドウを目の際に使う場合には二重幅程度までにとどめ、アイホール全体には肌馴染みが良く、顔色がパッと明るく見えるような色のアイシャドウを纏うのがおすすめ。

また、アイライナーや締め色のアイシャドウで目元を囲むメイクをしている人も多いと思いますが、これもNGメイク。老けて見えるだけでなく、近寄りがたい印象を人に与える可能性があります。
ダークカラーはまぶたの上だけにとどめ、目の下には瞳が澄んで見えるような淡い色を目頭に入れるのがおすすめです。

②厚塗り&マットなベースメイク

年齢を重ねると気になる肌悩みが増えていきます。そして、そういった肌悩みをカバーしたいと思うあまり、ついついファンデが厚塗りになってしまうことがあります。

しかし、肌の透明感を欠いたベースメイクは老けて見えてしまうことに。そのため気になる肌悩みがあれば、コンシーラーやコントロールカラーでカバーし、ファンデは薄塗りを心がけましょう。

また、マットなファンデも肌のツヤを欠いて老けて見えてしまうことに。
ファンデの形状でいうと、パウダリーファンデはその傾向にあるので、化粧下地などで調整して適度なツヤのある仕上がりを心がけましょう。
パウダリー以外の形状のファンデでもマットなものは避けるのがベターです。

③骨格を強調しすぎるメイク

凹凸が少なく、のっぺりとした印象に見えてしまうことにコンプレックスを抱えている人は多いのではないでしょうか。
そんな人にとって骨格を強調するようなメイクはとても魅力的です。実際のところシェーディングやハイライトを使うと立体感が出て小顔に見えたり、頬がリフトアップして見えたり、生き生きとした表情に仕上がることがあります。

しかし、だからといって肌とかけ離れたダークカラーでシェーディングを入れたりして骨格を強調しすぎたメイクをすると、頬がこけて見えたりして老けて見えることがあります。

そのため、シェーディングはあくまでも自然に入れることが大切です。ただし、練り状などで肌にスッと溶け込むような仕上がりになる場合にはダークカラーのシェーディングでもOKです。

④縦じわクッキリのマットリップ

流行りのマットリップは小洒落た印象に見えたりする素敵なアイテムではありますが、唇の縦じわを悪目立ちさせることがあるので注意が必要です。

また、年齢を重ねるとツヤのあるメイクの方が若々しい印象を与えることができるので、自分の肌などと相性を確認のうえ、リップは慎重に選ぶことが大切です。

⑤チークの位置が下すぎるメイク

チークを入れる位置は年齢とともに変わってくることを知っていますか?
にも関わらず、ずっと頬の中央にチークを入れていると老けて見えてしまうことに。

なぜなら、加齢によって頬の位置が徐々に下がるのですが、それをメイクで余計に強調することになるからです。

そのため、個人差はあるものの、少なくても30代後半からは頬のトップより高めの位置にチークを入れるのがおすすめです。

今回は、オバさんっぽく見えてしまう老け見えNGメイクをご紹介しました。当てはまるものがあれば今すぐに見直しましょう。

「#NGメイク」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■あなたのメイク、ここがNG!プロに習う正しい美人メイクのコツ
■そのやり方、ブス顔の原因かも!絶対NGな小顔マッサージとは?
■そのリップ、何年前のもの?知っておきたい化粧品の使用期限
■知らずにやってるNG行動!ブスの原因はここにあった!
■私なら絶対に食べない!プロが教える実は危険な5つの食べ物

michill

2018年05月19日 09時00分

メイク術 ビューティ michill

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。