あなたのメイク、ここがNG!プロに習う正しい美人メイクのコツ

2018年05月04日 10時00分

メイク術 ビューティ michill

落ちないはずなのにいつの間にかパンダ目になってしまうマスカラ

口コミで落ちにくいと言われているマスカラを使っているのに、時間がたつと目の下が薄っすら黒くなってしまってはいませんか?
せっかくの綺麗なアイメイクも目の下が黒くなっていては台無しですよね。
マスカラを選ぶ時は、まずは自分の目の周りの肌タイプから候補を絞りましょう。

皮脂が出やすく、肌がべとつきやすい方はフィルムタイプのマスカラがオススメです。
一般的にはウォータープルーフの方が滲みにくいと思われていますが、ウォータープルーフは油には弱いので、皮脂が出やすい方の場合は黒く滲んでしまう場合が多くあります。

逆に、涙が出やすい方はウォータープルーフがオススメです。
フィルムタイプのお湯落ちマスカラは、お湯ですっと落ちるのですが低温の水分でも落ちやすいものもあります。
また、時間が経つと目の下に繊維が落ちてしまっている場合は、上からホットビューラーで軽く整えたり、マスカラトップコートを塗ることで解決できますよ。

カラー調整は完璧なのにのっぺり眉毛になってしまう

眉マスカラを使用して眉と髪色を合わせるメイクをした時に、色は合っているけれどのっぺりくっついてしまい格好が悪い眉毛に仕上がってしまっていませんか?
せっかく色は合っていても、貼り付けたような仕上がりでは勿体無いですね。

眉マスカラはこのようにコームの形をしているものが多いのですが、このコームをどこに当てるのかを意識してみましょう。

マスカラという名前の通り、コームを当てるのは眉毛の「毛」です。
のっぺり眉毛に仕上がってしまうのは、地肌にコームが当たってしまっていることで引き起こります。

最初に、眉毛の毛流れとは逆方向にコームを動かして液をつけると地肌にべたっとついてしまうことも解消できますよ。

ハイライトもチークも使っているのに顔色がさえない

顔を明るく見せたり、血色をよく見せる為にハイライトやチークをしっかりいれてメイクアップをしているのに、なぜか顔色がさえないということはありませんか?
顔色がさえないのは、ハイライトやチークが原因ではなく、肌の色をしっかり補正できていないからかもしれません。

ベースメイクの際にコントロールカラーを上手く活用することでこの悩みを解決することができます。
顔全体に下地を塗った後に、肌の色むら部分に合ったカラーをのせていきましょう。

赤み部分→グリーン
薄いクマ→イエロー
透明感を出したい部分→パープル
血色を足したい部分→ピンク
を重ねると、補色の関係で肌の色むらとコントロールカラーが色味を打ち消しあい目立たなくなります。

しっかり肌の色むらを補正すると、ファンデーションの量も減るので厚ぼったさからくる透明感減少の悩みも一緒に解決できますよ。

自分のメイクで上手くいかない部分の原因を解決して、綺麗にメイクアップを楽しみましょう!

「#アイメイク」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■そのリップ、何年前のもの?知っておきたい化粧品の使用期限
■あなたは大丈夫?濃いリップを塗るときに気を付けたい5つのコト
■失敗メイクでテカリ顔…メイク初心者さんがやりがちな失敗5つ
■知らずにやっているかも!?プロが教える「顔でか!」の原因5選
■効果半減!?スキンケアでやりがちなNG習慣8選

michill

2018年05月04日 10時00分

メイク術 ビューティ michill

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。