手持ちのコスメを活かした春メイクの方法

2018年02月13日 18時00分

メイク術 ビューティ michill

まずは2018年のトレンドをチェック!

本題に入る前に2018年のトレンドをおさらいしておきましょう。毎年春といえば、パステルカラーなどの柔らかくて明るいカラーがトレンドになりますが、今年も例外ではありません。

中でも、ピンク、イエロー、ラベンダーが注目カラー。レッドもまだまだトレンドですが、洋服で取り入れるよりも靴やバッグなど小物で取り入れるのが◎。また、ドットやチェック、ストライプなどの柄物も流行しそうです。

それに合わせてメイクは、ツヤ肌が主流に。アイメイクはアイライナーやアイシャドウでポップなカラーを取り入れつつ、グリッターやラメを取り入れるのもオススメ。チークやリップは少し色みを抑えつつも血色をプラスするのがトレンド傾向。

赤リップは今季また下火になり、真っ赤よりもオレンジ寄りの朱赤やパプリカカラーがホットです。質感はここのところ続いていたマットよりもジューシーでツヤのあるものが今季らしいでしょう。

コスメを新調する前に在庫をチェックする



まずは在庫チェックから。上記のトレンドカラーを中心に春らしい柔らかくて明るい色をピックアップしてみましょう。さらに、手持ちの洋服と合わせてどのような組み合わせでメイクするかシミュレーションします。

トップスやボトム、靴などの小物の色とメイクをリンクさせると一体感が出るのでオススメです。そのようにメイクのシミュレーションをすると、必要なアイテムが見えてきて無駄な買い物を避けることができます。以下、実際にシミュレーションしてみましょう。

1.イエローを主役にしたコーデの場合



上の写真のようなベージュのトレンチにイエローのストールを合わせるコーデでは、やはり目元にイエローを取り入れたいところ。とはいえ、イエローのアイライナーではポップになりすぎて年齢を選ぶことに。そのため薄づきのアイシャドウで取り入れるのが◎。

イエローなどの明るめの色を単色使いすると、まぶたが腫れぼったく見えてしまうことがあるので、ベージュ系パレットやブラウンアイシャドウと組み合わせるのがオススメです。

ベージュ系パレットかブラウン系アイシャドウなら所持している人が多いのでは?ない人はこの機会に買っておくと季節を問わず、使いまわすことができるのでオススメです。

イエローにはオレンジ系のリップが相性抜群!オレンジが苦手な人はコーラルピンクや透け感のある赤リップを合わせてもOK。チークはコーラルピンクやベージュ、オレンジなど手持ちのもので構いません。目元と口元を繋げられるようなものがベスト。




・ベージュ系アイシャドウ

ルナソル スパークリングアイズ(#01) 税抜価格5,000円

・イエローアイシャドウ

パルファン・クリスチャン・ディオール ディオールショウ モノ(#545) 税抜価格:3,600円

・グリーンアイライナー

ボビィ ブラウン ロングウェア ジェルアイライナー(#14) 税抜価格:3,100円

・ピーチチーク

キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ パウダー(#01) 税抜価格:3,000円(レフィルのみ)

※ケース・ブラシ それぞれ税抜価格:2,000円

・オレンジリップ

ルナソル シアーアクアスティックリップス(#01) 税抜価格:2,500円

ちなみにイエローはミントグリーンやオレンジに置き換えることができます。

2.ピンクを主役にしたコーデの場合



ピンクといってもいろんなピンクがあります。そのため、肌のトーンに合わせて誰もが自分に似合うピンクがあるといっても過言ではありません。ただし、年齢にふさわしいピンク、ピンクのまとい方というものもあるので、自分に似合うものを慎重に見極める必要があります。

淡いピンクのワンピースを主役にしたコーデの時、ピンクをまとうのは目元でも口元でも頬でも似合っていればどこでもOK。ただし、目元にまとう時には、手持ちのパレットにあるブラウンやグレーなどのアイシャドウを締め色に使いましょう。

また、メイクにメリハリは必要です。全てを淡いピンクでまとめては寂しい印象に見えたり、ぼやけた印象になってしまいます。そのため、鮮やかに発色するリップを取り入れたり、アイシャドウの締め色を幅広に入れたりして調整しましょう。

ピンクのアイシャドウを主役にした時のメイク例は下の写真の通り。



・ピンク×ブラウンアイシャドウ

エクセル スキニーリッチシャドウ(#SR05) 税抜価格:1,500円

・プラムレッドのアイライナー

ヴィセ リシェ スーパースリム ジェルライナー(#BR321) 税抜価格:950円

・プラムレッドのチーク

エトヴォス ミネラルクリアリップ&チーク(#プラムレッド) 税抜価格:3,500円

・朱赤を思わせるシアーな赤リップ

シャネル ルージュ ココ グロス(#756) 税抜価格:3,600円

メイクアイテムというのは、たくさん持っているとそれだけメイクの幅が広がりますが、マルチに使えるアイテムを複数持っているとそれだけでかなりのパターンのメイクが楽しめます。

ベージュのアイシャドウパレット、コーラル系のチークやリップを持っていると組み合わせを変えたり、1アイテム付け足すだけで春らしい顔に仕上げることができます。

ぜひ手持ちのコスメを活かしつつ、春のメイクを楽しんでください。

【あなたにおすすめの記事】
■2018年春♡「SUQQU」新作コスメのメイクレビュー!
■塗り方次第で印象が変わる!アイシャドウ1つでもっと楽しむ♪
■愛されメイク特集♡大人女子にオススメのトレンドメイク3選
■美人を生み出すメイクボックスの作り方
■金運を引き寄せるメイクのポイントとは!?

michill

2018年02月13日 18時00分

メイク術 ビューティ michill

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。