[美容のQ&A]乾燥肌や肌荒れがひどい!?季節の変わり目に敏感肌になる原因と対処法は?

2020年03月06日 17時00分

乾燥対策 ビューティー HowB





冬から春に変わる時期は肌が敏感になりやすく、「普段使っている基礎化粧品が合わなくなった」とか「肌がヒリヒリして乾燥がひどい」といった悩みを持つ女性が多いといわれています。何が原因なのか?また、どんな方法が有効なのか?山野美容専門学校の宮川さんが皮膚科の医師に聞きました。



相談者


宮川さんの顔



山野美容専門学校1年 宮川真鈴さん

乾燥肌ですが、特に季節の変わり目は敏感肌に傾き、ニキビもできやすいので困っています。




Q&Aロゴ



Question 1


宮川さんの顔

季節の変わり目になると肌が敏感になり、ニキビや肌荒れに悩まされます。何が原因でしょうか?対処法はありますか?




Answer 1

季節の変わり目は湿度や気温の変化に体がついていけず、体調不良からホルモンバランスが乱れたり、花粉などによってアレルギー症状が出たりして、皮膚トラブルが起きやすいんです。こうした症状を改善するには、まず低刺激で保湿力の高いスキンケアがポイントになります。




教えてくれたドクター


西川礼華医師の顔



湘南美容クリニック 皮膚科全体統括 西川礼華医師ドクターのHP



乾燥肌が悪化すると敏感肌になりやすい!?


バリア機能有無の肌

健康な肌は角質層にある「バリア機能」が働き、肌内部の水分が蒸発しないように守ってくれています。一方、乾燥肌や敏感肌は何らかの原因で「バリア機能」が損なわれた状態です。



「敏感肌」は健康的な肌に比べて「バリア機能」が損なわれた状態です。外からの刺激が入り込みやすく、肌の水分量も低下し、乾燥肌の傾向にあります。そのため髪の毛や繊維製品に触れるなど、ちょっとした刺激が加わるだけで「ヒリヒリする」とか「かゆみ」「赤み」「ニキビ」「肌荒れ」などが出やすいんです。「敏感肌」の状態が慢性的ではなく、季節の変わり目に出る場合は「季節性敏感肌」ともいいます。また、気温や湿度などの「変化」=「ゆらぎ」についていけず、肌もゆらいで皮膚トラブルが起きることから「ゆらぎ肌」ともいわれています。




季節の変わり目に「乾燥肌」や「敏感肌」になる原因は?


敏感肌に悩む女性

特に季節の変わり目は気温や湿度、紫外線などの影響によって体もストレスを受け、肌のバリア機能が低下して「乾燥肌」から「敏感肌」になりやすいんです。主な原因に次の3つが考えられます。




季節性敏感肌になる主な原因

1 気温や湿度など物理的な変化が肌に影響を及ぼす2 春先は花粉の飛散などによってアレルギー症状が出る3 学校や職場など人を取り巻く環境が変わり、ストレスからホルモンバランスが崩れて肌トラブルを引き起こす




「乾燥肌」「敏感肌」に大切なスキンケアは?


クレンジング

では、どのようなスキンケアが「乾燥肌」や「敏感肌」に有効なのか?というと「洗顔で肌の汚れをキレイに落とす」「肌の保湿を十分に行う」の2つが基本です。ただし「洗浄力の強いクレンジングや洗顔料で皮脂を落としすぎない」「肌をこすりすぎない、たたかない」ことも大切なポイントです。メイクも肌に負担になるものは控える必要がありますが、ブラシやスポンジでこするなど、肌に刺激を与える行為も良くありません。特に「敏感肌」は乾燥が進み、バリア機能も低下した状態なので、少しの刺激でも過敏に反応することがあります。




スキンケアで大切な4つのポイント

1 クレンジング、洗顔で肌をこするのはNG2 洗顔料はしっかり泡立てて、泡を転がす要領で優しく洗う3 すすぎはぬるま湯でやさしく洗い、洗顔後はタオルで顔を軽く押さえるようにして水分を取る4 洗顔後は化粧水でたっぷり保湿し、乳液かクリームでフタをする



※化粧水は無香料、無着色、無鉱物油、アルコールフリー、界面活性剤不使用の化粧水がおすすめです。こちらの記事で選び方のポイントを紹介しているので、あわせてご覧ください。[美容のQ&A]乾燥肌におすすめなスキンケアは?化粧水を選ぶならプチプラよりデパコス?




Q&Aロゴ



Question 2


宮川さんの顔

「乾燥肌」や「敏感肌」を改善するにはスキンケア以外、普段の生活でどんな点に気をつけると良いですか?




Answer 2


西川礼華医師の顔

きちんと睡眠を取り、栄養バランスの良い食事を取るなど、規則正しい生活を心がけましょう。不規則な生活習慣はホルモンバランスを崩し、皮膚トラブルの原因につながります。




不規則な生活習慣がニキビや肌荒れを引き起こす!?


悩む女性

学校や仕事が忙しくて十分に睡眠が取れない時もあるでしょうが、良質な睡眠が健康的な肌に導いてくれます。睡眠不足が続けば肌の免疫力が低下し、ホルモンバランスも崩れやすくなります。その結果「敏感肌」になったり、皮脂の分泌量が増えてニキビができたり、皮膚トラブルが起きる場合があります。他に毎日の食事によっても肌の状態は左右されます。糖質を控え、良質なタンパク質、ビタミンをバランス良く摂るなど、規則正しい食事を心がけるようにしましょう。




宮川さんの顔

肌が敏感になっている時は、いつも以上に洗顔もメイクも肌に負担にならないものを選んで、優しくケアすることが大切なんですね。これから気をつけるようにします。




ドクターからのアドバイス


西川礼華医師の顔

季節の変わり目は体調も崩しやすいので、日頃の生活を見直すことが大切です。スキンケアや生活習慣を改善しても、肌荒れやニキビなどが気になる場合は、早めに専門医の診察を受けることをおすすめします。ドクターのHP撮影/芹澤祐介(宮川さん)、編集部(西川医師)監修/西川礼華医師



HowB

2020年03月06日 17時00分

乾燥対策 ビューティー HowB

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。