2位はお腹、断トツ1位は...! 女性約200人に聞いた「体のコンプレックス」

2022年01月10日 19時30分

ビューティー anan

「みんな違って、みんないい」。頭ではわかっているけれど、どうしても自分へのコンプレックスを捨てきれない人も多いのではないでしょうか。でもその悩み、実は抱えているのはあなただけではないのかも。今回は、自分のカラダに対するコンプレックスについて、20~30代の女性が集まるanan総研メンバー約200人に聞いてみました!

95%が悩みあり! 20~30代の女性約200人に聞いた「カラダのコンプレックス」



「どうしてもここだけは変えたい…」と悩んでいるパーツはありますか? 思春期と重なる10代は、他人と比較し特に自分にコンプレックスを抱えやすい時期だったりしますが、ある程度人生経験を積んだ20~30代の女性たちはどうなのでしょうか。20~30代の女性が集まるanan総研メンバー約200人に、自身のカラダに関するコンプレックスを聞いてみました。


コンプレックスを抱えている女性の割合は…

20~30代のほとんどの女性が、自分のカラダに対して何らかのコンプレックスを持っているという結果に。思春期以降も、引き続き多くの女性がコンプレックスで悩んでいるようです。特に、どのパーツが気になるのか、聞いてみました。


気になる箇所は圧倒的に…!

下半身や、胸の大きさにコンプレックスを抱えている女性が大半を占める結果に。みんな、抱えているコンプレックスは似ているということなのでしょうか。次は、具体的に何が気になるのか、カラダのパーツごとに聞いてみました!


太もものコンプレックス



「上半身が細めなせいか、下半身がかなり太って見えているのがとても嫌です! また、ズボンはお尻まで入っても太ももパンパン、ウエストゆるゆる、といったバランスの悪い着こなしになってしまうことがあるため悩んでいます」(29歳・その他)



「足首がキュッと締まっていないことが気になる。下半身も上半身に比べて全体的に太い。お洋服選びで、全体的なシルエットが変にならないように工夫しています」(34歳・自営業)



「太ももがコンプレックスです。なかなか筋肉がつかず、お肉があるなーと気になっています」(35歳・専門職)



「細めの上半身と比べて、下半身のバランスが悪く、特に太ももが張っていて太い」(33歳・会社員)



「太ももが気になる。内側が肉っぽく、前の部分が筋肉質」(33歳・クリエイティブ職)



「お尻から太ももにかけてのラインが、とても気になりコンプレックスです」(35歳・専門職)


コンプレックス第1位の下半身のなかでも、特に多かったのが太もも。どうしても、モデルさんや広告で見かけるような「ほっそりした長い脚が良い」というイメージを抱えている人が多いからなのかもしれませんね。


お尻のコンプレックス



「おしりのたるみ! ヨガレギンスやジーンズをよく履くので、ヒップアップが気になる」(31歳・自由業)



「お尻が下がってきていて、そもそもお尻がなくなってきてる」(34歳・専門職)


アラサー世代の女性たちは、お尻のたるみが気になりだす年頃なのかも? でも、重力に抗うのは大変…。無理せず、気分転換程度にヒップアップのエクササイズをしつつ、あまりにも気になるならスカートなどでカバーするのも手ですよね。


ウエストのコンプレックス



「胃下垂なのか、昔から下っ腹が出ている。さらにビールが好きなので、年々お腹の肉が固くなっているのを感じる…」(30歳・会社員)



「ウエストが寸胴なところが、いつも気になっています」(34歳・会社員)



「腰回りにお肉がついて全然落ちない! それがコンプレックスです…」(34歳・専門職)


確かに、なんとなく漠然と「ウエストは、キュッとくびれている方が良い」といったイメージを持っている人も多いですよね。しかし、ウエストは生まれつき変えにくいパーツでもあり、またどんなに痩せている人でも、食後はぽっこりしてしまうもの。無理な食事制限はカラダに負荷がかかるので、過剰に意識しないことが健康には良いのかも。


バストのコンプレックス



「自分で、自分の乳首が可愛くないと思っています(笑)」(33歳・会社員)



「オッパイがなくて、水着になるのが恥ずかしい」(33歳・会社員)



「とにかく、胸が小さいのが気になる!」(31歳・会社員)



「胸が小さく、横になると平になってしまうので気になっています」(31歳・会社員)


胸のコンプレックスでもっとも多く聞かれたのが、胸が小さいこと。でも、女性の胸は大きい方が良い、なんて誰が決めたのでしょう! そもそも、スレンダーで脚もウエストも細く、でも胸は大きく、なんて少し無理のあるように感じませんか?


その他のコンプレックス



「骨格ストレートで首がめっちゃ短いです! だから、タートルネックやトレーナーなどのカジュアルな服装が似合わないです。脚の太さ(とくに前ももの張り)、むくみやすさも気になるので、ミニスカートなどはなかなか履けないです」(28歳・会社員)



「脂肪が硬くお肉がガッチリついているような気がする。まるでプロレスラーのよう…悲しい」(35歳・会社員)


周りの人は実はそんなに気にしていなくても、自分のカラダの細かい部分が気になって仕方ない、という人もけっこういるようです。確かに、スタイルによって着たくても似合わないなーと感じてしまう服ってありますよね。


いくつになってもコンプレックスはあるけれど…


今回の結果を見ると、ほとんどの女性が、大人になっても自身のカラダに対して何かしらのコンプレックスを持っているようです。キレイなモデルさんや有名人のような体型に憧れるのは素敵なことですが、現代は多様性が大事にされる時代! 「コンプレックスも自分の大事な一部」と、たまには自分を丸ごと認め、ありのままの自分で堂々としていた方が、素敵に見えるのかもしれません。




©fizkes/Getty Images


文・オリ子

anan

2022年01月10日 19時30分

ビューティー anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。