GYUTAE「メイクの可能性を配信したい」 すっぴんを晒した深い理由

2021年10月28日 19時10分

メイク術 ビューティー anan

神業の整形級メイク動画が話題を呼び、チャンネル登録者数は20万人を突破中! 発信によってGYUTAE(ギュテ)さんが伝えたい思いとは。

ハンディのある僕が活動することで人に元気を与えられたら。



それまでのイメージとは一変、華やかなメイクを纏ってソロデビューを飾った歌手のジュンスさんに影響を受け、14歳でメイクに目覚めたというギュテさん。


「最初は見よう見まねだったんですけど、当時はコンプレックスだらけだったので、メイクによって目の大きさが2倍になったり、顔が細く見えたり、鼻が高く見えたりすることが嬉しくて。初めて自分に自信を持つことができたんです」


その後、自身の国籍がある韓国に留学。男性でもメイクをする文化に触れたことで、自身も日常的にメイクをするように。


「帰国してからは個性が爆発して結構派手なメイクをしていたんですけど、母親に“どうせメイクするならもっと綺麗にしなさい”と言われて。違和感さえなければ人に笑われないということにも気づいて、YouTubeで海外のメイク動画や今では大親友のマリリンのメイク動画を見て、独学で勉強を始めました」


こうしてギュテさんはプロのメイクアップアーティストに転身。クライアントに向けたプロモーション用にYouTube配信をスタートしたところ、別人と見まがうような整形級メイク動画が大バズり。一躍人気ユーチューバーに。


「最初はユーチューバーになりたいなんて思っていなくて。でも男性だからメイクをしちゃいけないとか、メイクをしているから女性に見えるみたいな価値観を変えたいという思いはありました。僕がメイクの参考にしているATEEZというグループをはじめ、韓国の男性アイドルの方を見ればわかると思うのですが、女性アイドル以上にしっかりメイクをしていてもフェミニンではないし、凛々しさを失っていない。だから僕は、男性がバレずにやる自然なメイク法ではなく、自分に合ったやり方やメイクだけで人はこれだけ変われるっていうメイクの可能性を配信していけたらと思っています」


そんなギュテさんの動画はメイクの参考になるだけでなく、見ているだけでくすっと笑えるエンタメ性にも優れている。


「メイク配信って、単純にやると面白くないんですよ。全然笑いが起きないので、自分で自分に突っ込むテロップを入れたりして、スピードラーニング的にただ見ているだけでメイクのスキルを覚えられるような動画に仕上げています」


また動画内では、自身が抱える脱毛症やいじめを受けていた過去も告白。大きな反響を呼び、現在は視聴者に寄り添ったお悩み相談企画も配信している。


「最初は病気のことはもちろん、すっぴんさえ晒す気はなかったんです。でもそうすると、“どうして眉毛がないの?”ってことばかりにコメントが集中してしまって。これ以上詮索されるのもイヤだったし、もっとメイクを見てほしいという思いもあって告白したんですが、視聴者の方から“勇気をもらえた”とか、“いじめを受けて引きこもっていたけど、1年ぶりに外に出ました”みたいなコメントをいただいて。今はメイクの技術を伝えるだけでなく、ハンディのある僕が活動することで人に元気を与えられたらいいなという思いでやっています」


今もこの先も、絶対に嘘をつかないことがギュテさんのポリシー。


「例えばPRのお仕事で商品を紹介する時も最低2週間は自分で使ってみます。それで良ければ紹介するし、悪ければしない。目先の利益にとらわれて信用を失い、未来を台無しにはしたくないんです」


それは、大きな夢を叶えるため。


「僕は昔から作りたいものがたくさんあったので、今はその夢を叶えるためにたくさんの人に名前を知ってもらう期間だと思っているんです。自分から何かを調べるのは得意じゃないから、誰かに見つけてもらって(笑)、いつかコスメやアパレル、自分と同じ悩みを抱える人のためのウィッグもプロデュースできたら」


GYUTAE的こだわりポイント



動画撮影時に欠かせないマストアイテムはコレ!


カメラによく映る指は爪の先まで美しく。



「撮影時はアイシャドウを指で塗るので、見栄えがいいように月に1回はサロンでネイルアートを。とくによく使う右手の中指のデザインはこだわってます」


ひと塗りするだけで即効毛穴レスな肌に。



「肌断食中なので洗顔後は何もつけていないのですが、毛穴が気になる時はイヴ・サンローランの美容液、ピュアショットでケア。マジで毛穴がなくなります」


撮影から編集までスマホ1台で完了!



「たまにリングライトを使うこともありますが、基本的にはスマホ1台で撮影。編集もVLLOというアプリを使えば、簡単にプロっぽい動画を作れます」


Q1.未来の目標や夢は?

A1.小金持ち(笑)。大金持ちだと何でも買えて逆に枯渇してしまいそうだけど、やりたいことを我慢せずに楽しめるくらいの余裕は欲しいので。


Q2.最近ハマっているのは?

A2.Netflixで配信中のリアリティ番組『ル・ポールのドラァグ・レース』。クイーンたちのメイクを見ているのが楽しい。


Q3.オフの過ごし方は?

A3.家から一歩も出ません。Netflixを見て、愛猫・ルシウスと遊んで寝ます。


Make up GYUTAE



1番人気の「顔面荒れ地の魔女からハウルになる毎日」は280万回再生突破。


ギュテ 1994年生まれ、広島県出身。YouTuber、メイクアップアーティスト。オリジナルグッズのプロデュースも手掛ける。


※『anan』2021年11月3日号より。写真・来家祐介(aosora) 取材、文・菅野綾子


(by anan編集部)

anan

2021年10月28日 19時10分

メイク術 ビューティー anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。