ブラッシングの知られざるメリットは?「髪の悩み」を達人が解決!

2020年06月24日 20時20分

ビューティー anan

毎日髪を洗い、セットをしているけれど、その過程においてプチ疑問ってけっこう出てきますよね。でもその疑問はどこに聞けば? なんてことありませんか。そんな、ヘアに関連するプチ疑問を集めて、お答えしていきます。

トリートメントについて 




Q1. オイルシャンプーを使っていますが、シャンプー後はするっとしているのに、トリートメントを付けると逆に引っかかる感じになるんです。なぜなんでしょうか。そのままそっと流してますが、使い方が違いますか? (35歳・金融)



A. 問題はオイルシャンプーやトリートメントではなく、その成分にあるのでは?


引っかかる、というのはコーティング剤(シリコン)が不足している時によく感じます。シリコンは髪の毛一本一本をコーティングしてくれるので、髪の毛がサラサラして指通りの良さを感じさせる成分です。気になるようならノンシリコンタイプのものは控え、コーティング剤(シリコン)が配合されているものを選ぶことをおすすめします。

ブラシのお手入れについて 




Q2. ブラシの掃除方法を教えてください。一応していますが、カンペキにキレイにはなっていないような。ちなみに使っているのは豚毛の大き目ブラシです。(29歳・主婦)



A. ブラシは髪を梳かすだけではなく、髪についているチリやホコリを取り除くという目的もありますので、気づいた時にはけっこうホコリが溜まっていることが多いと思います。


掃除の手順を紹介します。


1. コームでブラシについている抜け毛を大まかに取り除き、たわしなどでブラシの目に詰まっている汚れをかき出し、流水で洗い流します。


2. 流した後は、しっかり水を切り、タオルを敷いた上に置き乾かします。


3. ブラシの目に詰まっている汚れが頑固な場合は、爪楊枝などを使ってひとつひとつ掻き出しましょう。


これでかなりきれいになります。


ブラシは毎日掃除することが望ましいですが、難しい場合はブラシについた髪の毛だけでも取り除いておくと良いです。

ブラッシングについて 




Q3. ブラッシングの知られざるメリットやマル秘テクがあったら教えてください。(32歳・インストラクター)



A. 前の質問でもお伝えした通り、ブラッシングのメリットは、「髪を梳かす」というほかに「髪についているチリやホコリといった汚れを落とす」という目的があります。


また、ブラッシングすることで髪の面が整いツヤが生まれます。さらに地肌がマッサージされ血行促進効果もあるので、より髪にツヤやハリ、コシが生まれ健康的な美しい髪を保つことができます。


ブラッシングのテクニックは、ブラシの種類により変わります。ブラシによって得意分野があり、その得意を生かすことでより効率的に髪を美しくすることができます。


例えば、濡れている髪を梳かすには、髪を傷めにくいコーム類が最適です。目が粗いものから細かいものまでありますが、引っかかったり負担をかけすぎない粗さのものを選んでください。濡れている毛は傷みやすいデリケートな状態ですので、コームで優しく梳かしましょう。


髪が絡まりやすい人は粗めのジャンボコームを使用することで、切れ毛を防ぎ優しく梳かすことができます。


乾いている時は、クッションブラシがおすすめ! ツヤツヤサラサラに仕上がります。


ブローの時はデンマンブラシがよいです。毛の表面に均一に熱を与えることができ、手早くクセをなくし、ツヤを作り出すことができます。

仕事中のスタイリングについて 




Q4. 仕事をしているとき髪を結んでいるのですが、仕事終わりにほどくとクセがついているので、帰りが大変です。スプレーとブラシで対処するんですが、うまくいきません。このクセはどうやったら取れるのでしょうか。(28歳・金融)





A. 髪を結んでいる時や、ピンなどで留めていた時にできたクセは、残念ながらビショビショに濡らし、ドライヤーで乾かさないと完全になくすことができません。


特に仕事中となると、1日の大半の時間を結んでいるので、しっかりクセがついてしまいます。ですので、ポイントはクセがつかないようにすること。ゴムでしっかり結わかなくてもきっちりまとめることはできます。


髪全体をひとまとめにし、くるくるとひねり、バレッタなどで留めたり、お団子風にひとまとめにすることもおすすめです。


仕事後に外すと緩やかなカールヘアになりますので、軽く整えるだけで簡単にスタイリングすることができます。

いかがでしたか? 「どうにかして!」というヘアの疑問は意外と多くありますよね。ぜひ参考にしてチャレンジしてみてください。




©Piotr Marcinski / EyeEm/Gettyimages

©Wong Sze Fei / EyeEm/Gettyimages

©Chakrapong Worathat / EyeEm/Gettyimages

©Robert Daly/Gettyimages

anan

2020年06月24日 20時20分

ビューティー anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。