先っちょで描いちゃダメ!...「アイラインの引き方」簡単なコツ

2020年05月10日 19時10分

ビューティー anan

アイラインはメイクの中でも難しい部分でもありますが、目もとをぱちっと決めたい時にはアイラインを引くことは避けては通れないですよね。

実は簡単なポイントを押さえるだけで、劇的に上手に描くことができるんです。

私が実際に使っている、アイラインが上手に引けるテクニックをご紹介します。

ペン、ブラシは寝かせるべし! 


アイラインにはペンシルタイプと、リキッドタイプと大きく分けて2種類あります。これはどちらでも当てはまるのですが、ペンシルタイプのペンも、リキッドタイプのブラシも、アイラインを引く時は寝かせるように横に倒してラインを取っていきます。


これは横にすることで、ペンやブラシの側面を利用して引いているんです。側面を利用することで、一度に広範囲にブレることなくラインを取ることができます。イメージとしては定規を当てているような感じです。


逆にペンやブラシの先端でラインと引こうとすると、一度に触れる範囲が狭くどうしてもブレやすくなってしまいます。さらに尖っている先端が触れる際はまぶたが震えてしまい、ガタガタになりやすいんです。


では、詳しくご説明していきましょう。

小指が肝! 手を固定して筆圧を安定させるべし! 


まずは利き手にペンを持ち、小指を立てます。そこから、小指を頬骨あたりに当て、手を固定しラインを引いていきます。


小指を固定することで、ペンと目もとの距離が一定に保たれ、筆圧もコントロールしやすくなります。筆圧をコントロールすると、ラインの濃さ、太さも一定になりきれいな仕上がりになります。

指はピースでしっかりシワ伸ばし 


利き手と反対側の手は、人差し指と中指をピースの形にします。手の平を内側にし、人差し指は上瞼、中指は下瞼が延びるように、目尻の上と下を伸ばしていきます。


ピースの幅を広くするほどにシワがよく伸びますから、コンディションに合わせて、ピースの幅を微調整してください。目もとのシワを伸ばしてラインを引くことで、ヨレや途切れといった失敗がなくなり、きれいな線を引くことができます。

多少の歪みは気にしない! 仕上げ微調整の仕方 


メイクは立体的な顔、シワやたるみなどが現れやすい肌の上に施しますので、どれだけ気を配って描いていても、多少の歪みは出やすく、一直線に引くことは至難の技です。


失敗した時は途中で止めて、やり直すとアイシャドウやマスカラが落ちたり、滲んだりしてしまい、あちこち直さないといけないことになってしまうので、ちょっとした失敗は気にせず、そのまま進めましょう。


ラインを引き終えたら、アイシャドウの黒にブラウンやネイビーをプラスして、アイラインに重ねるようにのせていきます。


このひと手間でアイラインがアイシャドウとなじむと同時に、多少の歪みなどをぼかし目立たなくしてくれます。黒とブラウンは目もとをしっかり引き締めてくれ、黒とネイビーは白目を際立て印象的な目もとに仕上げてくれます。


いかがでしたか。フリーハンドでいきなりアイラインを描こうとすると、ハードルが高くなってしまいますが、ちょっとしたコツでアイラインが劇的にきれいな仕上がりになります。ぜひ試してみてください。



©Image Source/Gettyimages

©monzenmachi/Gettyimages

©Rafael Elias/Gettyimages

©Aitor Diago/Gettyimages

©Ada Summer/Gettyimages

anan

2020年05月10日 19時10分

ビューティー anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。