アイシャドウは1色だけがいい! 大人女性の「アイメイク新常識」 濱田文恵のセルフ美容法 #1

2019年11月04日 20時50分

メイク術 アイシャドウ ビューティ anan

美容のプロに任せるキレイ作りも嬉しいけれど、自分で自分をキレイにできたときの嬉しさは格別。そこで、女の子の自分磨きを応援するためのセルフ美容法をお届けしていきます。第1回目は、目もとのアイメイクについて。つい目を大きく見せようとして、アイシャドウ、アイライナー、マスカラを重ねていませんか? 今どきの大人女性なら、重ねずにしっかり“仕込む”あざとアイメイクを身につけていきましょう!

大人女性の「いまどき、あざとアイメイク」


【濱田文恵のセルフ美容法】vol. 1


3Stepで簡単に大人女性に似合う「いまどきのあざとアイメイク」が完成します。さっそく見ていきましょう!

Step1. 単色シャドウで自然な陰影を作る

アイシャドウの一般的な入れ方といえば、一番明るい色をまぶた全体に広げ、中間色を目の際ラインに入れ、一番暗い色を二重ラインに入れる「縦割りグラデーション」という入れ方(上の画像左)。この入れ方で目もとを大きく見せるためには、境界線を感じさせないアイシャドウのボカしテクと、自分の肌色にあった色選びが必要です。

ミネラルアイバーム アンバーブロンズ / ETVOS (個数限定)

そこで、メイクテクも色選びも必要なく目もとを大きく見せたいなら、ベージュ〜ブラウン系の単色アイシャドウを使って、まぶたに自然な陰影を作りましょう。指の腹にアイシャドウをとったら、まぶた全体に塗ります。もう一度、指にとったら、二重ラインに重ねづけします。

クリーム系のアイシャドウなら肌なじみが良いので、メイクが苦手な方でも陰影を作りやすいのでおすすめです。お気に入りの単色アイシャドウを見つけてみてくださいね。

Step2. 黒目上下にイン+アイラインを入れる


アイライナーは全体に引くのが一般的ですが、目の形によっては余計に目の輪郭を強調してしまい、目を重く又は小さく見せてしまいます。そこで、まずはジェルタイプのアイライナーで目頭から目尻までインラインを入れましょう。次に、黒目の上と下に黒目幅くらいのラインを入れます。これで、目もとの縦幅を強調することができました!

Step3. 擬似二重ラインを入れる


わたしが高校生の頃は、二重を作るためにアイプチというのを使っていましたが、今は二重を直接描ける二重用のアイライナーがあるのをご存知ですか? 通常のアイライナーより色が薄く、アイシャドウと組み合わせることで自然な二重ラインが描けるのです。

いかがですか? 普段のメイクよりも工程がぐっと減っていますが、アイメイクを重ねるよりも目もとが明るく、白目と黒目のコントラストがはっきりするぶん、目も大きく見えませんか? 目を大きく見せるための陰影やラインを仕込むだけでアイメイクを重ねなくても目もとを大きく見せることができるのです。


いつもメイクが濃いと言われる方や、性格がきつそう、派手な印象を持たれる方は、目もとを重ねすぎているかもしれないので、ぜひあざとアイメイクに挑戦してみてくださいね。

●記事内使用コスメ


・アイシャドウ

ミネラルアイバーム アンバーブロンズ / ETVOS (個数限定)


・アイライナー

クリーミータッチライナー 04 ガーネットバーガンディ / CANMAKE


・二重ライナー

描くふたえアイライナー 影用ブラウン / セザンヌ

anan

2019年11月04日 20時50分

メイク術 アイシャドウ ビューティ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。