老けて見えるんですけど...アラサーの「NGトレンド秋メイク」 #20

2019年11月03日 20時30分

メイク術 ビューティ anan

11月に入り、メイクも秋冬に衣替え…という方も多いのでは。どうせメイクを変えるのであれば、トレンドも取り入れたいですよね。しかし、単純にトレンドをまねするだけだと、逆効果な場合も。気をつけたいトレンドメイクを挙げてみました。

その質感…老け見えのもと!?


【流行命♡トレンド最前線!】vol. 20


いま注目の質感は、マット。ツヤ感やハーフマットが長らく流行していたので、イメージも大きく変わります。ベースメイクだけでなく、アイメイクでもマット感に注目です。


ただし、マット肌メイクはひと昔前に流行したものでもあります。アラサー世代がそのまま取り入れると、古臭い印象を与えてしまう恐れが……! さらに、マットな肌質は厚塗りに見えてしまいがちなので、そこでも老け感注意報が出ています。


おすすめなのが、マット系のファンデーションを薄づきで仕上げた後、ハイライトとシェーディングで立体感を出すこと。特に、ハイライトをしっかり入れると、のっぺり厚塗りな老け感を回避できますよ。古臭い印象も避けられます。


マットなアイシャドウを使うときは、しっかりとグラデーションを作り、アイラインなどでアクセントをつけると良いでしょう。

顔色悪い…くすんで見えるかも!?


ダークな色合いや、カラーレスなリップにも注目が集まっています。ブラウン系やベージュ系のルージュだけでなく、渋みのあるレッドルージュも大人の色気があっていいですよね。


これらはセクシー要素がある反面、気をつけたい部分もあります。口もとの色みがダークだと、全体的に顔色が悪く見えてしまうこともあるんです。アラサー世代になると気になるくすみ、これを強調してしまう恐れも……。


そこで、やや赤みがかったベージュやブラウンを選ぶと適度なこなれ感が出て◎。足りない場合は、お手持ちのレッドルージュをブラシで少し混ぜてみても良いでしょう。


また、ダークリップの色合いを活かしたい場合は、チークを工夫してみて。頬に血色感があると、顔色を悪く見せません。色みは、コーラル系やレッド系、オレンジ系などなじみ良いものをセレクトして。リップとケンカしにくいですよ。

難しい派手色アイシャドウは…!?


アイメイクは濃いめなものに注目。囲み目メイクや、派手色アイシャドウでクールに決めたいのがトレンドです。マットな質感のアイシャドウと同時に、メタリック系のアイシャドウもチェックしたいもののひとつですよ。


ただ、派手めなアイメイクって、取り入れ方が難しいんですよね。下手すると浮いてしまうし、思ったように仕上がらないという本音もよく聞きます。派手なアイメイクにチャレンジしたいときは、チークやリップを控えめにしてみましょう。この場合は、カラーレスリップが非常に相性が良いんです。


また、派手色を使いたいときは、ポイントで入れてみると良いかも。目尻の二重幅のみにちょこんと乗せたり、下まぶたにライン状に入れてみたり。少し色みを置くだけでも、程よく主張感を出せるのが、派手色アイシャドウの良いところ。


それでもアイシャドウは勇気がいる…という方は、アイラインやマスカラで色みをつけてみましょう。さり気なく楽しむことができて、オススメ!


トレンドメイクをマネするだけでは、イメージ通りにいかないことも。オシャレのつもりが老け見え…なんて事態も避けたいところです。上手に取り入れて、あなたらしく流行を楽しみましょう!



©GlobalStock/Gettyimages

©Staras/Gettyimages

©urbazon/Gettyimages


anan

2019年11月03日 20時30分

メイク術 ビューティ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。