Queentet・吉田朱里、太田夢莉の“ネオオレンジ”秋メイク”

2019年09月21日 18時30分

メイク術 ビューティ anan

ただヘルシーなだけじゃなく、繊細なキラメキや質感で大人っぽいニュアンスを奏でてくれるオレンジがこの秋の気分。どこか親しみやすさや温もりを宿してくれるところも、愛おしい。トレンドセッターとして話題の女子力ユニット「Queentet」のメンバー・吉田朱里さんと太田夢莉さんが、そんな“ネオオレンジ”メイクに挑戦!

吉田朱里さんのネオオレンジを使ったリップメイク



ヘア&メイクの犬木 愛さんが教えてくれました!


吉田:こういうミルキーなオレンジリップって私が塗ると幼く見えちゃう気がするし、印象がぼやけそうで手にする勇気が出なかったんですが、今日は大人っぽくなれて感動。コツはなんですか?


犬木:肌色に近いトーンのリップを塗るときは、メリハリを大事にすることが大切だと私は考えていて。目元と眉に強さを出してあげると唇の印象も際立つんですよね。


吉田:なるほど。だからマスカラを下まつげにたっぷり塗って束感を作ったり、上まぶたの目尻に黒のアイライナーを引いてくれたんですね。


犬木:全部お見通しだね(笑)。あともう一つ、上唇をオーバーめに塗るのもポイント。上下の唇が1:1になるようにリップを塗ると、ヌーディカラーの存在感がアップします。


吉田:勉強になりますっ!



【1】リップと同系色のリップライナーで上唇の輪郭をなぞる。山の部分だけオーバーめに。このとき、両端は敢えて抜くことで唇に開放感を出す。

【2】下唇の輪郭もリップライナーでなぞる。ここでも両端を抜くことで仕上がりの印象をそれとなくグラマラスに。

【3】リップスティックを唇全体にカジュアルに直塗り。



セルヴォーク「ディグニファイド リップス EX04」

ベージュのニュアンスをはらんだオレンジ。ミルキーな発色が女性らしいムードを授けてくれる。マット以上、ツヤ未満の質感もスタイリッシュ。¥3,200 限定発売中(セルヴォーク)


太田夢莉さんのネオオレンジを使ったアイメイク



ヘア&メイクの笹本恭平さんが教えてくれました!


太田:オレンジのアイシャドウひとつでここまで繊細なグラデーションと今っぽい囲み目が実現できるんですね…。ただただ感動しております!


笹本:よかった! 1色でも重ねたり、ぼかしたりで濃淡は自在につけられるんですよ。


太田:暖色なのに、腫れぼったくならず、目元が締まって見えるのはどうしてですか?


笹本:ブラウンのマスカラを上下にしっかり塗ってメリハリをつけたからかな。根元から塗ることで、自然なライン効果を狙ったんですよね。


太田:だから目ヂカラが出てるのにトゥーマッチじゃないんですね。チークとリップのトーンをまぶたと合わせてくれたところもかなりツボです。


笹本:目元がツヤっぽいから、チークとリップはさらっとマットにしてみたんだ。質感ミックスもこの秋のキーワード。



【1】薬指の腹でアイホールにオレンジのクリームアイシャドウをラフに広げる。

【2】小指の腹で、二重幅に同じアイシャドウを重ねる。

【3】上まぶたのキワに同じアイシャドウを綿棒の先端にとって、重ねる。目頭から目尻に向かってライン状に重ねて。重ねる範囲は目幅と同じ。まつ毛の生え際の隙間を埋めるイメージ。

【4】綿棒の先にとった同じアイシャドウを、下まぶたのキワ全体にもライン状になじませる。

【5】綿棒の側面のまっさらな部分で【4】で下まぶたになじませたアイシャドウを左右に広げながら、ナチュラルにぼかす。

【6】ノーカラーのフェイスパウダーを指の腹で上まぶたの二重のラインにトントンと重ねてなじませる。クリームシャドウの密着感を高めて、もちをアップ。



ルナソル「グラムウィンク 01」

地平線に沈む夕陽に思いを馳せたダスクオレンジ。大小のパールを潜ませたオイルベースのテクスチャーで、みずみずしいツヤ感を思いのままにコントロール。¥3,200(カネボウ化粧品)


Queentet NMB48から選抜された、女子力の高いメンバーで構成されたユニット。単独ライブを成功させる一方、ソロ活動も充実。進化から目が離せない。リーダーはアカリンこと吉田朱里。


吉田朱里さん 1996年8月16日、大阪府生まれ。『Ray』専属モデル。YouTuberとしても人気。コスメブランド『B IDOL』、アパレルブランド『Amiuu wink』を手がける。パールイヤカフ[2個セット]¥5,500(モーヴ バイ ステラ TEL:03・6805・0390) ブラウスはスタイリスト私物


犬木 愛さん かわいげのあるおしゃれなメイクで右に出るものナシ。『恋される女子になる大人かわいいヌケ感メイク』(双葉社)など著書もヒット。Instagram:@inukiai


太田夢莉さん 1999年12月1日、奈良県生まれ。ファッショニスタとしても名高くモデルとしても活躍。愛称はゆーり。1st写真集『ノスタルチメンタル』が好評発売中。ピアス¥14,000(ドレスアップエブリデイ/イー・エム プレスルーム TEL:03・6712・6798) ブラウスはスタイリスト私物


笹本恭平さん トレンドを押さえたエフォートレスなメイクで大ブレイク。通称“おささ”の手にかかれば、どんな女性もイイ女度がアップ。もちろん、指名は殺到中。


※『anan』2019年9月25日号より。写真・嶌原佑矢(モデル) 恩田はるみ(商品) スタイリスト・コギソマナ(io) ヘア&メイク・犬木 愛(agee) 笹本恭平(illumini) 取材、文・石橋里奈


(by anan編集部)


anan

2019年09月21日 18時30分

メイク術 ビューティ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。