現代人に3食は過多!? 臭わない汗をかくための3つの心得

2019年08月22日 21時00分

ビューティ anan

単に汗をかくのではなく、それが“いい汗”でないと意味がない。では、いい汗とは? また、なぜいい汗をかくことが大切で、どうしたらかけるようになるのか。

いい汗って実はキレイ。においもベタベタもナシ。


汗の基本的な機能は、体が火照った時にそれを冷やそうとすることなので、いい汗の最たる条件も自ずと“必要な時にかく”ということになる。そのほか汗の“質”にも注目を。


「いい汗には、細菌を繁殖させる原因となる余分な成分が含まれていないので、サラサラしていて、においもほとんどナシ。その場はもちろん、乾いたあとからにおいを発することもないので、あまり汗クサさを気にしなくていいんです」(内科医・石原新菜先生)


質に加えて、“量”も判断材料に。


「必要な時に汗が出ないのは問題ですが、かきすぎるのもよくありません。体内に余分な水分が溜まっている表れで、漢方では水毒といいます。それにより体が冷え、代謝が低下し、悪い汗に…という悪循環です」


いい汗には、体が喜ぶメリットがいっぱい!


汗の役割は体にこもった熱を放出することだけれど、それと同時に、いい汗をかくと、体にはさまざまなメリットがもたらされる。


「その一つがデトックス効果。私たちの体には、食べ物に含まれる添加物などにより、日々、毒素が蓄積されますが、こうした毒素は汗と一緒に体外に排出されるので、1日1回は汗をかきたいところ。すると、体が持つ本来の力が取り戻せて、体調が良くなったり、肌がキレイになったりするのです」


また、汗には免疫力との関連も。


「汗をかくということは、体温が上がったことを表します。体温が上がると血流が良くなり、それを習慣化することで免疫力がアップ。病気に負けない体づくりにつながります」


いい汗をかくための3つの心得をご紹介!


心得1 運動

軽めでいいので体を動かして、1日1汗、体温1度上げ。



「汗をかくには、体温を1度上げること。必要な時にスムーズに汗をかけるように、1日1汗、体温を1度以上上げることを目指して、運動を取り入れましょう。もちろんハードな運動でたっぷり汗をかくのもいいのですが、それを毎日続けるのは大変なので、ウォーキングなど続けやすい運動で、汗をかくように心がけて。それも難しい場合は、1日にスクワット30回でもOK。筋肉がつけば代謝が上がって、汗をかきやすい体にもなります」


心得2 お風呂

湯船に出入りを繰り返し、汗腺をトレーニング。



「日頃から、汗腺を開いたり、閉じたりという練習もしていないと、いざという時にいい汗をかけません。そのトレーニングの場として最適なのが、バスルーム。3分間熱めのお湯に浸かり、3分間体を冷ますを、3回繰り返す『3-3-3入浴法』で汗腺の開閉を促します。また、湯船から上がって、約20度の冷水を30秒浴びるということを数回繰り返す『温冷浴』も汗腺の開閉に効果的。これはサウナのあとに水風呂に入るのと、同じイメージです。鈍っている汗腺が鍛えられます」


心得3 食事

野菜中心の食事にシフト。血液から汗をキレイに。



「肉や油ばかりを摂っていると、血液から作り出される汗には、皮膚の細菌のエサになる栄養がいっぱい。一方、野菜中心の食生活を心がけると、汗の中の余分な栄養が減り、細菌の繁殖が抑えられます。よって、においのしないいい汗に。また、食事療法の観点でいえば、あまり運動をしない現代人にとって、3食は実は過多。朝をスムージーなど飲み物で済ませて、昼、夜の2食にしたほうが、夜から昼にかけて余分な糖や脂肪がしっかり分解でき、血液がキレイになります」


石原新菜先生 イシハラクリニック副院長。漢方医学を中心とした治療を行う。著書に『やせる、不調が消える 読む冷えとり』(主婦の友社)など多数。


※『anan』2019年8月28日号より。イラスト・沼田光太郎 構成、文・保手濱奈美


(by anan編集部)


anan

2019年08月22日 21時00分

ビューティ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。