耳うら、唇、頭皮にも...!日焼け止めの「基本の塗り方」注意点も

2019年07月26日 19時50分

リップ ビューティ anan

日焼け止めを塗っているのに「なぜか焼けている」「意外なところが黒い」なんて経験のある人が多いと思います。その原因は、塗り方や塗る量が間違っているからかも……シミやしわの原因となる日焼けをしないために、正しい日焼け止めの使い方を確認しましょう。

文・三谷真美


基本の「日焼け止めの塗り方」



どんなに優秀な日焼け止めを使っても、塗り方や量が正しくなければ効果を最大限発揮することができないので、正しい日焼け止めの塗り方をマスターしましょう。


顔への日焼け止めの塗り方


指先の腹を使うようにして顔全体へ均一に伸ばし、日焼けしやすい鼻やほお、地面からの照り返しを受けるフェイスラインは重ねづけしましょう。


手のひらにこすり合わせてから塗らない


手のひらにこすり合わせてから塗ると、思っている以上に手に残ってしまい顔全体に行き届かないので、塗り残しやムラづきの原因になります。手のひら全体で塗りたいなら、使用量が足りなくならないように気をつけましょう。


塗り忘れに注意


耳の後ろやまぶた、小鼻のキワ、唇にUVケアリップなど、塗り忘れやすい部分にもしっかり塗ることが大切です。頭皮も日焼けするので、少量を指にとって塗るか、スプレータイプの日焼け止めなどでケアしてください。


保湿ケアしないと崩れやすい


夏は汗をかくから肌が潤っていると勘違いしがちですが、むしろ強い日差しで乾燥していることもあります。肌が乾燥していると皮脂の分泌が過剰になってメイク崩れの原因になるので、しっかり保湿ケアをしましょう。乳液と日焼け止めの機能がひとつになった製品もあるので、朝時間がない人は探してみてください。


体への日焼け止めの塗り方


腕や脚、背中などの広範囲のパーツには、日焼け止めを直接その部分に出して、手のひら全体を肌にフィットさせるように均一に伸ばします。薄く伸ばしすぎると日焼けの原因になるので、たっぷりとまんべんなく広げましょう。少量ずつ足すように塗るとムラになりやすいので注意が必要です。


塗り忘れしやすいパーツ


腕や脚の後ろや、体の側面、首の後ろ、デコルテ、手や足の甲も忘れずに塗りましょう。肩や鎖骨、ひざなどは日焼けしやすいので重ねづけすると安心です。首は皮膚を優しく伸ばしながら塗ると、シワにも均一に塗ることができます。


手の甲と首の後ろはこまめに塗り直し


季節を問わず、常に紫外線を浴びる手の甲はシミができやすいパーツです。手を洗うたびに日焼け止めを塗りなおす習慣をつけましょう。


汗を拭き取る機会の多い首の後ろは日焼け止めが取れやすいので、こまめな塗り直しが必要です。髪を下ろしている場合でも、動くことで紫外線を浴びてしまうので必ず塗ってください。


日焼け止めを塗るときに気をつけること



日焼け止めには二層タイプ、ミルク、クリーム、スプレーなどさまざまな種類があります。よく振ってから使う製品もあるので、まずは使用方法を確認しましょう。


日焼け止めの使用量を守る


日焼け止めを塗る際、少量を手にとって、すり込むように薄く伸ばす方が多くいらっしゃいますが、日焼け止め効果を発揮するためには不十分です。製品には使用量の目安が記載されているので、一度確認してみましょう。「こんなに?」と驚くかもしれませんが、日焼けをしたくないなら十分な量を塗ることが大切です。


日焼け止めの塗り直しは必須


汗をかいたり衣類でこすれると日焼け止めが落ちることも。2〜3時間など、効果が持続する目安時間だけを信じずに、こまめに塗り直しましょう。顔はティッシュやパフで汚れや余分な皮脂をおさえてから塗りなおすと、メイク崩れを防ぐことができます。スプレータイプや、フェイスパウダータイプなど、塗り直しに便利な日焼け止めが多くあるので使いわけてください。


日焼け止めに記載されている「PA」や「SPF」とは?


日焼け止めに記載されている「PA」や「SPF」の値は、日焼け止めの効果の高さを表すもの。「PA」はUV-A(シワやたるみの原因となる紫外線)、「SPF」はUV-B(シミの原因となる紫外線)を防止する効果の目安で、「+」の数が多いほど、数値が高いほど、効果が高くなります。ただ、肌への負担も増えるので、シーンに合わせて使いわけましょう。


気象庁HPによると、紫外線は快晴時を100%とすると、うす曇りの場合でも約80~90%、くもりの場合は約60%、雨の場合は約30%の量が降り注ぐそう。雲の程度により紫外線量に差は出ますが、太陽が出ていなくでも日焼けはすると考えていいでしょう。また、海やプール、スキー場では水や雪により紫外線の反射率が高く、普段より多く浴びてしまうので注意が必要です。日焼け止めを正しく使用して、うっかり日焼けで後悔しないようにしましょう。




©Felix Wirth/Gettyimages

©Oana Szekely/Gettyimages

anan

2019年07月26日 19時50分

リップ ビューティ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。