左右の目の大きさが違う...3タイプ別「簡単にカバーできるアイメイク」 #67

2019年02月17日 20時10分

メイク術 ビューティ anan

左右対称の顔は美しいといわれていますが、なかなかそういった人はいないものです。今回は、左右で違うと目立ちやすい目もとにフォーカスしてみました。左右で目の大きさが違うという悩みは、よく聞きます。3タイプの目について解説していますので、自分に合ったメイクでうまくカバーしてみましょう。

イラスト・王悠夏


二重幅が左右で違う場合


【美容ライター直伝モテ美容&メイク】vol. 67


左右で二重幅が異なると、目の大きさの違いが際立ってしまいますよね。そんなお悩みをお持ちの方は、ブラウンアイライナーを上手に使ってみましょう。


アイシャドウを塗るとき、基本にするのは二重幅が広いほうの目。そちらの目からアイシャドウを塗っていきます。アイホールにハイライト、二重幅に中間色を。二重幅が狭い方は、広い方に合わせた幅で中間色を塗りましょう。錯覚で目の大きさが左右同じように見えます。


次に重要なのがアイライン。二重幅が狭い目には、ブラックのアイライナーを引いて。目のキワに細く引き、アイフレームを強調しましょう。二重幅が広い方の目には、ブラウンアイライナーを使用します。こちらも目のキワに細く。ブラウンだと優しげな印象になるので、左右非対称を整えてくれます。


最後にブラックアイライナーでバランスを取ります。両目尻にのみブラックアイラインを足すのです。これで色の違いがわかりにくくなりますよ。

二重&奥二重の場合


次は、片ほうが二重でもう片ほうが狭い奥二重の方です。奥二重の目は、アイラインを引いてもつぶれて見えなくなってしまいます。工夫したいのはマスカラです。


アイシャドウは二重幅が違う方と同じように塗ります。広い方の二重幅に合わせて中間色を塗ると、小さい目に厚みが出て大きく見えるのです。


アイラインは両方ともブラックで。ただし、奥二重の方だけ3ミリほどオーバーラインさせましょう。奥二重でつぶれてしまうラインも、こうして目力をプラスするとケバケバしくならず自然です。


最後のポイントはまつ毛メイク。二重の目にはブラウンマスカラを。これで主張が和らぎます。奥二重の目にはブラックマスカラを塗りましょう。こちらはしっかりと目力を出し、大きい目に近づけます。

奥二重&一重の場合


片ほうだけ一重だと、メイクをしたとき特に左右非対称が目立ってしまいがち。一重のほうだけキツく見えてしまうという悩みもあるかと思います。このタイプのかたは、上手に目の縦幅をそろえると良いでしょう。


奥二重の幅にハイライトを乗せ、中間色をブラシでふんわり重ね塗りします。腫れぼったく見えがちな目もとを引き締めて見せるのです。一重の目も奥二重の幅に合わせます。


次に、両方の目に、締め色の濃いブラウンを二重幅より若干狭めにチップで塗っていきましょう。目頭〜黒目上部分に塗り、目尻側には塗りません。濃いめブラウンがガッツリ乗っているとケバく見えてしまいがちなので、抜け感を出すのです。そして、両下まぶたの目尻1/3に締め色ブラウンを。チップでしっかり塗って目の縦幅を出します。


さらに工夫したいのがアイライン。一重のほうだけタレ目ラインを引いてみましょう。下まぶたにかかるくらい大胆に引くのがコツです。これでキツい印象が軽減され、目の縦幅がさらにアップ。


目の大きさが違うとお悩みの方も、メイクを工夫してコンプレックスカバーしてみてくださいね。

anan

2019年02月17日 20時10分

メイク術 ビューティ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。