チップはダメ...! 腫れぼったくならない「暖色系モテアイメイク」 #18

2018年11月04日 20時30分

メイク術 ビューティ anan

今大注目のアイカラー、バーガンディ。そのほかにも、レッド系やボルドー系など暖色系カラーが人気です。しかし、暖色系のアイシャドウを使うと目が腫れぼったく見えると悩んでいる方も少なくありません。モテの定番色、ピンクアイシャドウもそうですよね。「泣いた…?」なんて思われない、大人のメイクテクをご紹介します!

これだけはやっちゃダメ! NGアイメイク方法


【流行命♡トレンド最前線!】vol.18


まずは失敗メイクに見られがちなものを挙げてみます。こうした塗り方をしたことがあって、敬遠しているかたもいらっしゃるかもしれません。


最初に、暖色系カラーをまぶた横幅の全体に塗るもの。膨張色なので、まぶた全体が腫れぼったく見えてしまうんですね。ブラウンアイシャドウのような使いやすいカラーと同じ要領で塗ると、重たいまぶたになってしまいがちです。


次に、下まぶたにガッツリ色を乗せるもの。下まぶたメイクは活用できるのですが、濃いカラーを塗ると泣き腫らした後のような顔に…。下まぶたメイクをする際は、色みにも気をつけましょう。


最後に、「the・和風」なメイク。濃いめの暖色系カラーを上まぶたに塗った後、漆黒のアイライナーでガッツリ太めのアイラインを引くものです。モードでオシャレではあるのですが、一歩間違えると江戸時代にタイムスリップしたかのように…。歌舞伎メイクになりがちなので、避けたほうが無難です。

暖色系アイシャドウを使う基本テクニック


オーソドックスに、上まぶたに塗る方法からご紹介します。基本的には「目尻1/3のみに塗る」と意識すると、美しく仕上がりやすいです。目尻のみに色みが乗っているので、腫れぼったくなく、なおかつ印象深い目もとになりますよ。


塗る縦幅は、二重幅より若干広めか二重幅と同じくらいです。広い範囲に塗りすぎると、主張が強くなってしまうので注意しましょう。


上まぶたに塗る際、気をつけたいのはベースカラーです。ベースカラーもピンク系など暖色系でそろえると、やはり腫れぼったい印象に。気になるかたは、シアーな色合いであっても避けたほうが良いでしょう。ベースカラーには、ベージュ系やミルク系を使うとくすみが取れて仕上がりもキレイです。


また、チップではなくブラシを使うのが肝。チップは色みがハッキリと出ます。さり気ない大人のオシャレ感を楽しみたいのであれば、断然ブラシ塗りがおすすめですよ。チップよりボカしやすいので、ぶきっちょさんでも大丈夫!

一重さんもOK! オシャレに使うテクニック


暖色系カラーで特に悩みがちなのが、一重まぶたの方。腫れぼったさを強調してしまうのではないかと心配する方も多いようです。


そこでオススメしたいのが、下まぶたに塗る方法。濃いカラーをガッツリ塗るのはNGだと前述しましたが、シアーな色合いであれば、優しげなモテメイクに。ピンクをふんわりと乗せてみましょう。白目もキレイに見えますよ。


濃いカラーを下まぶたに使いたいときは、細チップに取って、ライン状に引くのが正解。一気にオシャレ女性に!



やみくもに暖色系カラーを使うと失敗してしまいがちです。コツをつかんで、流行色を上手に取り入れてみてくださいね。



©MoustacheGirl/Gettyimages

©ta-nya/Gettyimages

©PeopleImages/Gettyimages

anan

2018年11月04日 20時30分

メイク術 ビューティ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。