アイライン強調はダメ...! アラサーはやめたほうがいい「NGアイメイク」 #52

2018年10月02日 20時30分

メイク術 ビューティ anan

パッチリとした大きな目に昔から憧れていた方も多いのではないでしょうか。デカ目メイク術を研究してみたという方もいらっしゃるでしょう。しかし、そのデカ目メイク、年相応になっていますか? アラサー世代がすると痛々しくなってしまう危険性があるNGメイクを挙げてみました。

ぷっくり涙袋…キュートな印象じゃなくなっているかも!


【美容ライター直伝モテ美容&メイク】vol. 52


ぷっくりとした涙袋ってかわいいイメージがありますよね。目の縦幅も大きく見えるし、一石二鳥です。アラサー世代が青春を送った頃は、ラメ感の強いホワイトアイシャドウを下まぶたに乗せるのも流行しました。


しかし、アラサーになってくると少しずつ肌の変化を感じる方も多くなってきます。目周りに悩みを抱えることもあり、乾燥や小ジワ、くまなどが目立ってくることも。


こうした悩みが出やすい目もとに明るい色みを乗せると、逆にそのアラを際立たせてしまうことがあるのです。ラメ感が強い部分には、視線が行きがち。そこに小ジワがあると、かえって目についてしまうんです。


涙袋を強調したい場合は、パウダーアイシャドウのハイライトを乗せるよりも、フェイス用のハイライトを使用するのがオススメ。クリームタイプのハイライトをアイシャドウブラシに取り、下まぶたに乗せてみてください。アラが悪目立ちせずデカ目に変身できますよ!

丸い目を強調しようとして、おばさん顔に…!?


丸くて大きな目もとを意識しているかたもいらっしゃるでしょう。モテメイクには、クールな印象よりもキュートな印象がピッタリ。丸い目はそういったイメージになりますよね。


やりがちなのが、黒目上部分のアイラインを太めに引くメイク方法。確かに丸い目もとをメイクできるのですが、ナチュラルメイク志向の今だと、浮いてしまう可能性が……! アイラインで目の形を変えようとすると濃いメイクに見えてしまいがち。下手すると、「時代遅れ」と捉えられかねないのです。


アイラインはまつ毛の隙間を埋める程度にとどめ、アイシャドウの中間色で黒目上部分を強調したほうがベター。ナチュラルな丸目を目指せますよ。ちなみに、太めのアイラインを引きたい気分のときは、アイライナーの色をブラックからブラウンにチェンジするのがオススメ。古臭いイメージになりにくいです。

ボリューミィなまつ毛……でも、そのメイク大丈夫?


ボリュームのあるまつ毛も、デカ目に見せる方法のひとつ。まつ毛の密度が高く見えるので、目もとの印象が強くなります。


ボリューミィまつ毛をメイクするときに気をつけたいのが、マスカラの塗り方です。ボリュームタイプのマスカラを重ね塗りすると、ひじきまつ毛になってしまいがち。ひじきまつ毛は、デートでの接近戦にもNGです。また、ケバケバしい印象が古臭い印象を与えがちです。


オススメの塗り方は、ロングタイプのマスカラを塗った後でボリュームタイプのマスカラをサラッと重ね塗りするもの。長さとボリュームが適度に出るので、重ね塗りする必要がなくなります。また、ナチュラル感が出やすくなります。

顔の中でも印象深いパーツが、目。アイメイクを少し変えるだけでもイメージが変わりますよね。そのぶん、男性も自然と目もとを見る傾向があるよう。その目もとが残念メイクだと、ガッカリされてしまいかねません。デカ目メイク術も、アラサーになった今、シフトチェンジしてはいかがでしょうか。



©gilaxia/Gettyimages

©PeopleImages/Gettyimages

©PeopleImages/Gettyimages

©PeopleImages/Gettyimages

anan

2018年10月02日 20時30分

メイク術 ビューティ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。