スゴッ! パンダ目にならない...アイメイクがうまくいく「超簡単裏ワザ」 #47

2018年08月26日 21時00分

メイク術 ビューティ anan

目力重視でアイメイクに力を入れているというかたは多いのではないでしょうか。しかし、目もとは細かい部分なので、けっこう失敗しやすいパーツでもあります。そんな失敗メイク、男性も実は気づいています。そこで、NGアイメイクを回避する裏技をご紹介します!

マスカラがまぶたにベットリ…そんなぶきっちょさんには


【美容ライター直伝モテ美容&メイク】vol. 47


マスカラを塗っているとき、まぶたについてしまったという経験はありませんか? マスカラを塗るのって、けっこう神経を使いますよね。特に、ウォータープルーフマスカラがまぶたについてしまったときは悲惨! ポイントメイク落としで取れるものの、次はアイシャドウがムラになってしまいます。かといって、マスカラがまぶたについたままだと不恰好ですよね。


そこで、簡単な予防策をご紹介します。用意するのは名刺サイズの型紙。不要な名刺でもOKです。まぶたとまつ毛の間に型紙を入れた状態でマスカラを塗ってみてください。ぶきっちょさんでもまぶたにマスカラがtきません!


ひと手間かけて型紙をカットすると、よりメイクしやすくなりますよ。目のカーブに合わせてカットしてみましょう。


根もとにしっかりとマスカラ液を絡ませることができるので、失敗なくボリュームのあるまつ毛をメイクできます。毛先に塗るときにもこの方法が使えます。

いつの間にかパンダ目に…ホラーメイクにならないためには


気がついたらパンダ目になっているというのもよく聞く悩みです。パンダ目はクマのように見え、男性陣も思わずドン引き…! 飲み会のときなど、長時間メイクを直せないときは気になりますよね。


パンダ目は朝の仕込みである程度防げます。まず、アイライン。アイラインの上からアイシャドウの締め色を重ねると、格段に崩れにくくなります。さらに、マスカラ。好みのマスカラでまつ毛をメイクしたら、その上からフィルムタイプのマスカラをサラッと重ねてみて。マスカラの質感は変わらず、落ちにくくなりますよ。


最後にフェイスパウダー。アイメイクが終わったら、パフでフェイスパウダーを下まぶたに乗せましょう。これもパンダ目を防ぐひとつの方法です。


ちなみに、アイシャドウとアイラインのみではパンダ目になりやすくなってしまうことも。まつ毛メイクをしっかりとしていると、アイシャドウの粉落ちを防いでくれるのです。長時間メイクをしなければならないときは、マスカラをしたほうが安心できます。

まつ毛の上がり方、不自然…? ビューラーを使うコツ


ビューラーはササっと済ませてしまいがちなのですが、まつ毛の上がり方がまばらになるとか、カクンと折れてしまうという悩みも聞きます。さらには、まつ毛がきちんと上がらないというかたも…! 不自然なまつ毛は接近戦のときに不利かも。せっかく良い雰囲気になっても、気になってしまうと残念ですよね。


ビューラーは、鏡に向かって正面に座ったまま使用するかたが多いかと思いますが、ここを工夫すると仕上がりが断然キレイになります。正面から鏡を見ると、まつ毛の根もとが見えません。大きな鏡を下側に置き、覗き込むようにして見ながらビューラーを当ててみましょう。


根もとをしっかりと挟むようにすれば、全体的にまつ毛が上がりやすくなります。そこから毛先に向かって3か所にわけてビューラーを当てれば、スッとキレイなぱっちりまつ毛に。


鏡が固定されていて動かせない場合は、顎を上げて鏡を覗き込むようにすると良いでしょう。

目力は出したいのに細かくて難しいアイメイク。上記のように失敗しやすいNG例は、男性ウケも良くありません。自分自身でも納得の行かない仕上がりですよね。ちょっとした裏技を取り入れて、美しいアイメイクに進化させちゃいましょう!



©nixki/Gettyimages

©ozgurdonmaz/Gettyimages

©Tinatin1/Gettyimages

©vladans/Gettyimages

anan

2018年08月26日 21時00分

メイク術 ビューティ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。