もう離さない...男が惚れまくる「アラサー上品メイク」テク #45

2018年08月19日 19時30分

メイク術 ビューティ anan

人は等しく歳を重ねるもの。でも、少しでも若々しく見られたいのも本音です。歳を取ることがマイナスなイメージになってしまいがちな風潮ですが、必ずしもそうではありません。実際、周りを見渡したときに、ステキだなと思う人生の先輩はいませんか? せっかく同じように歳を取るのであれば、ステキな歳の重ね方をしたいものです。今回ご紹介するのは、大人の魅力があるエイジレスなメイク方法です。

「エイジレスメイク」をオススメしたいワケ


【美容ライター直伝モテ美容&メイク】vol. 45


当然ですが、人は誰しもが同じように歳を取ります。しかし、どのように歳を重ねるかは人それぞれですよね。若い女子の魅力も確かにありますが、美しく歳を重ねた大人の女性には、若い頃にはなかった魅力が出てきます。


しかし、「見た目年齢」も重要なのは確かです。大人の魅力は確かにあるのに、年齢を感じさせない……そういった女性って、男性から見ても美しく見えるものなのです。それが、今回提唱したい「エイジレスメイク」。大人の良さを活かしながら、良い意味で年齢不詳。そんな女性を目指して見ませんか?


スキンケアで土台を作るのも大切ですが、時間や根気が必要なものもありますよね。そこで、メイクテクニックを身につけて大人の美しさを引き出しちゃいましょう!

キーワードは「品格」! 大人だからこそ似合うメイク


彫り深メイクやキュートメイクも良いですが、大人の魅力を活かしたいなら品格を意識してみましょう。若い頃には似合わなかったメイクも、今ならステキに映えるはず。


ポイントメイクには、奇をてらったカラーを使いません。アイメイクはベージュ〜ブラウンで自然な陰影をつけましょう。このとき、ラベンダー系カラーをちょこっとプラスするのが肝。パール感があってシアーな発色のものを選びましょう。こちらをブラシに取って、目頭に「く」の字を描くように塗ってみて。ラベンダーカラーを入れるだけで、ミステリアスな大人の魅力を引き出せます。白目がキレイに見えるので一石二鳥!


リップメイクはセックスアピールポイント。ここは少し気合いを入れて。艶っぽい質感のグロスを唇全体にオン。カラーは若干濃いめが◎。パキッとしたカラーが似合うのも、大人の女性ならではです。グロスを塗った後に、同系色のリップライナーで一部の輪郭を取りましょう。上唇と下唇の中央部分のみです。こうすると、コンサバに偏りすぎない適度なきちんと感が出ますよ。


チークはふんわり色づくパウダータイプを。サッとひとハケするだけで十分です。バーガンディー系だと嫌味なくセクシーに。流行色でもあるので、オシャレ系のカレにもウケが良いでしょう。

エイジレスに見せるポイントはココ! いつまでも美しいあなたで


大人の魅力を引き出すメイクテクを知ったら、次はエイジレスに見せるテクニックをチェックしましょう。加齢とともに肌のくすみなど気になる部分が出てくるかと思います。そういったところは上手にカバーするのが得策。


まず、ちょっとずつ気になってくるシワ。これはハイライターでカバーしましょう。ハイライト効果のあるコンシーラーです。シワに沿って塗り、広げないようにしてなじませましょう。こうすると、凹凸がキレイに目立たなくなりますよ。


次に、細部のくすみや赤みを消していきます。小鼻や口角、目尻部分はくすんだり赤みが出やすかったりする部分です。このままだと清潔感のないお疲れ顔に……。コンシーラーを指に取って、小鼻と口角、目尻に塗っていきます。くぼみにフィットさせるようにすると、カバーしやすいです。


まぶたも年齢が出やすいので要注意。アイシャドウを塗る前に、ひと手間かけてください。くすみが気になる人はミルクカラーのアイカラーを上まぶた全体に塗りましょう。サッとくすみを取ることができます。まぶたのくぼみが気になってきたという人は、シアーなピンクアイカラーを塗りましょう。まぶたがふっくらと見えますよ。その後、普段通りにアイメイクをすればOKです。


昔は似合わなかったメイクが映えるのは、あなたに大人の魅力がある証拠。気になる部分はカバーしつつ、今ある美しさを引き出してあげましょう。中身も磨きながら、「エイジレスメイク」でよりステキな女性を目指してくださいね。



©pvstory/Gettyimages

©puhhha/Gettyimages

©VladimirFLoyd/Gettyimages

©Cecilie_Arcurs/Gettyimages

anan

2018年08月19日 19時30分

メイク術 ビューティ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。