太眉はおばさん...アラサーがやるとイタい「NG今どきメイク」 #16

2018年08月12日 18時00分

メイク術 ビューティ anan

流行メイクをチェックするのって、楽しいですよね。しかし、若い女子の流行メイクをそのままマネしただけでは、痛々しくなってしまうこともあります。男性ウケも良くありません。それでも、メイクをアップデートしないままだと時代遅れに見られてしまう……なんてことも。アラサー世代にとっては悩ましいですよね。そこで、老けて見られがちな流行メイクをピックアップしてみました。アラサー世代が上手く取り入れるコツもご紹介します!

まだまだ続く太眉ブーム…なんだか浮いてしまうのは何で?


【流行命♡トレンド最前線!】vol. 16


ナチュラルな太眉ブームは長く続いています。アラサー世代の青春時代に流行った眉といえば、鋭利な細眉です。太眉が流行し始めてから、アイブロウメイクをシフトしたというかたも少なくないのではないでしょうか。


しかし、鏡を見て少し違和感を覚えたことはありませんか? なんだか眉が浮いている…と。眉を変えると印象が変わりますよね。眉の太さや形は、それぞれ違ったイメージを持っているのです。太眉は細眉に比べて若い印象になります。大人の魅力が出ているアラサー世代なので、太眉だとアイブロウメイクだけ浮いて見えている可能性があるのです。


眉を気持ち細くしてみるのが解決策。眉山を作らずアーチ眉にすると、古臭い印象にもなりません。若干上昇気味に描くと大人っぽさが出て浮きにくいですよ。

透明感のはずが血色悪い…!? ラベンダーメイクの取り入れ方


美人のキーワードとして、透明感が挙げられることが多くなりました。それにともない、ラベンダーカラーのアイテムもたくさん発売されていますよね。確かにラベンダーを使うと透き通ったような白肌をメイクしやすいのですが、アラサー世代が多用すると血色が悪く見えてしまいがちです。ここはヘルシー美人を目指したいところ。


オススメしたいのは、バーガンディと組み合わせるものです。ラベンダーとの相性が良く、血色感と色っぽさをプラスできますよ。チークやリップでラベンダーを使うと血色が悪く見えがちなので、アイシャドウで使用しましょう。目もとに使うだけでも肌の色がワントーン明るくなったように見えます。その上で、バーガンディのチークとルージュを。白肌に見せながら、色っぽい。アラサー世代だからこそできるメイクです!

ヌーディリップだとバランスが悪くなってしまう…


この秋冬に流行の兆しがある、カラーレスリップ。ベージュ系やブラウン系など、ヌーディな色合いです。カラーレスリップ自体はクールで悪くないのですが、実際に塗ってみるとバランスが悪いように感じてしまうことも。その理由は、全体のメイクをナチュラルに仕上げているからかもしれません。


ナチュラル志向の今、ケバケバしいメイクをすると浮いてしまいますよね。シアーな色合いのアイカラーやチークを使用している方もいらっしゃるかと思います。しかし、これだと顔全体が薄めの印象になってしまうのです。


アラサー世代はある程度華のあるメイクをしたほうが美しく見えます。リップにベージュ系やブラウン系を使用するのであれば、アイメイクかチークのどちらかに力を入れてみましょう。ブラウンアイシャドウを重ね塗りするだけでも印象が変わってきますし、オレンジ系など色みを入れるのもアリです。チークに力を入れる場合は、ウォーターチークを取り入れるのがオススメ! ポッと色づく仕上がりです。


アイメイクかチークに少しインパクトがあると、一気に華やかな顔に。ヌーディーリップを塗ってもバランス良しです。

アラサー世代にとって、流行メイクは悩みの種になってしまうこともあります。年相応でありながらも、上手に流行を取り入れてみてくださいね。老けて見えるなど違和感があった人は、ぜひ上記を参考にして。今の年齢だからこそできるメイクで、男女ウケを狙っちゃいましょう!



©Deagreez/Gettyimages

©FotoMirta/Gettyimages

©RobertoDavid/Gettyimages

©Wavebreakmedia/Gettyimages

anan

2018年08月12日 18時00分

メイク術 ビューティ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。