62%がアレのケアはプロ任せ…! 20~30代女性調査「美容メンテナンス法」

2018年07月04日 21時00分

ビューティ anan

キレイを保つための努力は、女子必須項目……!というわけで、20~30代女子の集まる総研メンバーに、髪の毛やネイル、お肌のお手入れなど美容メンテナンス方法を教えていただきました!

文・harako


【アンアン総研リサーチ】


セルフ派? サロン派?



美容メンテナンスをする時に、どんな基準でセルフとサロンを使いわけているのか聞いてみたところ、下記のような回答をいただきました。


部位によってわけている 67%

気分で変える 11%

全部サロン 15%

全部セルフ 7%


「気分で選ぶ」のではなく、ちゃんと「部位によってわけている」という意見が67%でした。そして、それぞれの具体的な部位はこちらっ!(複数回答)


〈セルフケア部位〉


・マッサージ(45%)

・ヘアトリートメント(44%)

・ネイル(41%)

・角質ケア(34%)

・脱毛(21%)

・そのほか(6%)


〈サロンケア部位〉


・ヘアトリートメント(62%)

・脱毛(55%)

・マッサージ(44%)

・ネイル(39%)

・そのほか(18%)

・角質ケア(7%)


※そのほかは、マツエクやホワイトニング、エステ、骨矯正などを含む。


マッサージとネイルは、ほぼ同数。しかし、それ以外の部位は大きな数字の開きがあることが判明しました。


部位で使いわける理由は?



自分でできる範囲と、プロに任せる範囲の境界線はいったいどこにあるのでしょうか?


〈セルフケア理由〉



「できる限り自分で毎日向き合う」(33歳・専門職)

「マッサージは毎日やりたいから、コスパを考えて美顔器を購入」(22歳・大学生)

「時間をかけたくないし、気分で変えたいので、ネイルはポリッシュでセルフケア」(32歳・専門職)

「本当はネイルサロンに行きたいけど、仕事上あまりジェルネイルなどはできないので…」(32歳。会社員)

「子どもが小さくて、1人の時間がとりにくいから」(32歳・主婦)


なるほど〜。ひとくくりに「セルフケア」と言っても、単純に自分でできるからセルフでやる!という理由だけではありませんでした。手が離せないお子さんがいるから、時間をかけるよりサクッとやりたい、こまめに継続するために自分で、などいろいろなご意見がありますね。


〈サロンケア理由〉



「プロに任せた方が費用対効果が高いこともあるから。プロに話を聞くと、自宅でできるようなケア方法を教えてくれることが多いから」(27歳・会社員)

「脱毛は、脇だけサロン」(22歳・大学生)

「髪が癖毛なので自分では扱いにくい」(25歳・会社員)

「機械を使ってケアするものは、サロンで」(31歳・その他)

「サロンに行くと、美意識も高まるし、リフレッシュできる!」(32歳・会社員)


いっぽうで、サロンに行く用途はかなり具体的。セルフで脱毛するけれど脇だけはサロンでしたり、癖毛で悩んでいるから髪の毛はプロに相談したり。「特定部位のコンプレックス」を持っていると、プロにお任せする傾向が強い印象です。


セルフケアの限界はコレ!



自分でできる美容メンテナンスの限界を聞いてみたところ……?



「アロママッサージが好きだけど、さすがに自分で全身はむり」(32歳・会社員)

「セルフジェルが大変」(29歳・専門職)

「ピーリングは市販のを使うと肌を傷めてしまうので、美容皮膚科に行く」(30歳・自営業)

「マツエクとマスカラではやっぱりマツエクのほうがきれい」(31歳・会社員)

「リンパマッサージは、力加減がわからない」(27歳・専門職)

「ネイルや脱毛は、専門器具のクオリティに勝てない」(30歳・自営業)


市販用のマッサージオイルやジェルネイルセットなども出ていますが、専門店でしか取り扱いができないメーカーだったり、正しい使い方ができていなかったり。または、ネイルの左手や背中のマッサージなどには限界を感じてしまうようです!


サロン選びのコツBEST3



そして最後は、失敗しないためのサロンを選ぶの基準は、こちら。


第3位 予約の融通とサロン雰囲気重視!



「スケジュールの融通がききやすいところ」(27歳・会社員)

「リラックスできる空間であること」(27歳・会社員)

「時間通りに終わらせてくれる」(31歳・会社員)

「予約が取りやすい」(34歳・主婦)


第2位 コスパが良くてリピートしやすい!



「コスパが良さそうで通勤圏内にあり通いやすいところ」(29歳・デザイン・クリエイティブ職)

「コスパ重視」(31歳・会社員)

「相場価格より少し安めのところ。美容に強いこだわりがないので、定期的に通える値段を重視」(30歳・自営業)

「脱毛はどこも安いので、家の近くに支店があるところ」(28歳・主婦)


第1位 値段が高くても技術がバッチリ!



「美容院は、仕上がりの艶がすごく良く丁寧にやってくれるところに行く」(30歳・公務員)

「自分のことをすごく理解してくれている人を指名している」(29歳・会社経営)

「高くても、信頼できるところ」(25歳・会社員)

「マッサージは、個人差があるので通い慣れてるところに行く」(32歳・会社員)


子どもがいるから子連れOKのサロンが良い、家から近くでコスパが良いという意見もあるなか、断トツで「安さより技術」を重視している女性が多い様子でした。確かに、技術が高いところに行くとアフターケアがしっかりしていたり、指名制を利用してスタッフとの信頼関係を作ることができたりしますよね。


ぜひ、ぴったりな美容メンテナンス方法を見つけて、キレイを保ちましょう!



©Astarot/Gettyimages

©Antonio_Diaz/Gettyimages

©BraunS/Gettyimages

©dolgachov/Gettyimages


anan

2018年07月04日 21時00分

ビューティ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。