SPFは低いほうがいい…!? 意外と知らない「日焼け対策のマメ知識」3つ|ちょこっと美容マメ知識 #27

2018年06月13日 11時00分

ビューティ anan

美容・健康に関する資格を8個保有するライター&コラムニストharakoが、日々の生活で気軽に取り入れることができる美容情報をご紹介する連載です。第27回目は、スキンケアアドバイザーの視点から、これから気温が高くなる季節の紫外線について解説します。

紫外線から守る方法は、正しい知識が不可欠


【ちょこっと美容マメ知識】vol. 27


この時期になると「紫外線はシミやシワの原因」というイヤ~な紫外線情報があちこちから耳に入ります。美容コーナーに行けば、SPFやPAの強い日焼け止めに日傘など、さまざまな紫外線ケア商品が並んでいますが、紫外線は目に見えないため、どうやって防いだら良いのかわかりにくいのが難点です。


そこで今回は、紫外線がどうやって美容に影響するのか? 強い紫外線はどうやってケアするのが正解なのか?など、ただ対策するのではなくポイントを押さえたケア方法を解説したいと思います。

ポイント1:日傘の「色」で、紫外線吸収率が変わる


この時期、外出時に日傘を持ち歩く女性も多いのではないでしょうか。日傘をさすことで、直接お肌や髪の毛に紫外線を浴びない対策は、とても良いことだと思います。しかし、日傘の「色」を間違えると紫外線の吸収率が異なるため、注意が必要です。


特に、「白」は太陽から届いた紫外線を乱反射し、傘の下まで届いてしまったり紫外線吸収率が下がったりと本末転倒……。紫外線対策の日傘ならば、「黒」を選ぶと紫外線をしっかり吸収してくれますよ。


Point☆ちょこっと美容マメ知識

日傘は、デザインより機能を重視してみよう!

ポイント2:紫外線は太陽からだけでなく、地面からもやってくる


そして、紫外線は太陽から肌に直接届くだけではありません。目に見えないので気づきにくいですが、あらゆるところから反射して、体へ届きます。「反射光」とも言いますが、アスファルトでは反射率が10%、砂浜では10〜25%、水面が10〜20%というリサーチ結果(※)も出ています。


※国土交通省・気象庁HP参照


そこで意識したいのは、地面に反射した紫外線は「目」にも入るということ。頭上では日傘で直射日光を避けていても、地面に反射した紫外線は忘れがちですよね。アスファルトでも10%あるので、ただ通勤しているだけ、道を歩いているだけでも紫外線はやってきます。


また、レジャーシーズン特有の海や川遊びの際にも、砂浜や水面には反射光が潜んでいます。ぜひ、「目」を守るために、サングラスをしましょう!


Point☆ちょこっと美容マメ知識

眩しい!と感じる前に、「目」を守ろう。

ポイント3:サンケア指数を下げて、こまめに塗り直しが◎


最後は、王道の日焼け止め対策についてです。気温が高くなるにつれて、サンケア指数(SPF・PA)の高い日焼け止めを選びがちですが、サンケア指数が高いほど肌への負担は大きくなります。そこで、オススメな方法は、サンケア指数を下げて塗る回数を増やすこと。


サンケア指数とは、実は日焼けしない時間の目安なんですね。例えば、SPF1は約25分が一般的といわれていて、これは、赤くなってヒリヒリする日焼けを起こすまでが、約25分という意味です。では、「SPF10」の日焼け止めならどうなるでしょう。「SPF10×25=250分」、つまり、約4時間少々は日焼けしないであろうということです。


この時期あたりから「SPF50」などの強い日焼け止めを見かけますが、上記のルールを当てはめると「SPF50×25=1250分(約20時間少々)」。20時間以上のサンケア指数が、はたして必要でしょうか……!? 睡眠時間は、4時間以下(笑)!?


少し極端な例ではありますが、塗り直しができない状況ではない限り、サンケア指数が高い日焼け止めを一回塗るより、低めの日焼け止めを何度か塗り直すほうがお肌には優しいと思いますよ。


Point☆ちょこっと美容マメ知識

SPFの数字は、時間の表示だった!



紫外線対策のポイントは、目に見える “太陽のみ” ではなく、いろいろなところから侵入しているということと、自分にぴったりのサンケア商品を選ぶことだと思います。ぜひ、このシーズンの紫外線を乗り切りましょう!





©bluebeat76/Gettyimages

©PeopleImages/Gettyimages

©Handemandaci/Gettyimages

anan

2018年06月13日 11時00分

ビューティ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。