ケバいんだよ…男ウケ最悪な「やりがちNGメイク直し」 #31

2018年05月11日 16時30分

メイク術 ビューティ anan

じんわりと暑くなってきて、メイク崩れが気になる季節がやってきました。ドロドロなメイク崩れは、男性もどん引き……! サラッとしたキレイなメイクをキープしていたいものです。そこで重要になってくるのがメイク直し。化粧室でメイク直しをしたつもりが、なんだか悪目立ちしてしまうことも。化粧室から出てギョッとされないためにも、NGメイク直しを正しましょう。

一番の肝はベースメイク! ここが変わるだけでキレイ度アップ


【美容ライター直伝モテ美容&メイク】vol.31


メイク直しで一番重要だといっても過言ではないのが、ベースメイク。ファンデーションが毛穴落ちしてしまったりヨレてしまったり……という経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか? ベースメイクが崩れていると、肌全体が汚く見えてしまい、メイク崩れ感がよく出てしまうのです。


ベースメイクが崩れたときにやりがちなのが、ファンデーションの重ね塗り。しかも、持ち運びが便利だからという理由でパウダリータイプを重ねている方が多いです。このパウダリーファンデーションの重ね塗りは厚塗りのもとに! 毛穴やほうれい線、ヨレてしまっている部分まで余計に目立たせてしまう可能性まであるのです。さらに、マットな質感になって老け顔度も加速。やみくもにファンデーションを重ねるのはNGなのです。


オススメなのは、ティッシュペーパーとコンシーラーを使う方法。ティッシュペーパーを軽く押さえて余分な皮脂を取り、手のひらで優しく肌を包み込むようにして、浮いたファンデーションをなじませましょう。気になる色ムラや毛穴はコンシーラーでリタッチ。上からフェイスパウダーを重ねるとキレイに仕上がりますよ。

ケバケバしさ回避! 朝仕上げたアイメイクをもう一度


アイメイクが崩れている場合も重ね塗りをしがちです。しかし、アイシャドウやマスカラを重ねすぎると、ケバケバしい印象になってしまいます。ナチュラル感を意識したメイク直しを心がけて。


アイメイクの崩れで一番気になるのは、目周りの滲みではないかと思います。目の下が黒くなっていたり、まぶたの変な位置にアイシャドウがついていたり。こういった崩れは、ワセリンと綿棒で解決しましょう。ワセリンを綿棒に少量取り、気になる部分を優しく拭き取ります。


その後取れてしまったアイシャドウを塗りましょう。滲み防止のため、パウダータイプがベターです。目の下にはフェイスパウダーを塗ってくださいね。ワセリンの油っぽさが気になる方は、乳液で代用してみてもOK。小分けボトルに入れておくと持ち運びも楽です。


また、マスカラの崩れが気になる場合はホットビューラーを活用してみてください。しっかりとカールアップでき、ダマも取れますよ。その上から軽くマスカラを塗って完成です。

チークやリップは潔さが大切!? 清潔感ある仕上がりに


チークの色落ちが気になった場合は、クリームチークかリキッドチークを使うのがオススメ。暑くなってきても、アラサーの頬は乾きがち。パウダーチークだとパサパサ感が出てしまうこともあるのです。頬のファンデーションは塗り直さずに、そのままチークを塗りましょう。頬に少量乗せてボカすようにすると、ムラになりにくいですよ。


喋ったり飲食したりすると、リップの崩れはひどくなってしまいます。アイメイク同様、綿棒にワセリンを取ってリップメイクを落としましょう。潔く落とした方が、キレイに仕上がるのです。油分が気になる方はリップバームで試してみてください。ルージュを落とした後、もう一度塗り直しましょう。重ね塗りするよりも断然清潔感があります。


あなたはNGメイク直しをしていませんでしたか? メイクが濃くなっていても、なかなか指摘されにくいもの。知らず知らずのうちに、ケバケバしいメイクになっているかもしれません。


メイクの苦労を知らない男性が多いのは事実。メイク崩れの悩みも、「メイクが下手だな……」としか思われていないかもしれません。ギョッとされるようなメイク直しは卒業して、いつもキレイなあなたでいましょう!



©studiodav/Gettyimages

©BLACKDAY/Gettyimages

©Halfpoint/Gettyimages

©m-gucci/Gettyimages

anan

2018年05月11日 16時30分

メイク術 ビューティ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。