瞼のくぼみを隠す色は…アラフォー向けアイシャドウの意外テク

2017年12月14日 19時50分

アイシャドウ ビューティ anan

いつまでも若々しくいたいというのは、女性の永遠のテーマでしょう。しかし、人は平等に年齢を重ねていくものです。アラフォーになると、まぶたが痩せてきて、くぼみが気になる方が増えてきます。このくぼみが老けて見える原因に…!? 上手にアイメイクでカバーしましょう。

あれっ!? なんだかまぶたがくぼんでる? それ、おばさん顔の原因かも…

毎日自分の顔を見ていると、あまり気づかないこともあるのですが……写真を見てビックリした経験はありませんか? 変わっていないと思っていても、人は確実に歳を取っているのです。写真を見て老けたな……と感じやすいパーツは、目もと。年齢を重ねると、まぶたが痩せてきます。すると、まぶたがくぼんでしまうのです。徐々に変化するものなので普段は気づきませんが、くぼんだまぶたは、おばさん顔に見えてしまう原因に。


でも、まぶたのくぼみってどうしようもないのでは? と思いがち。だからといって、昔から使い慣れているブラウンアイシャドウを塗るのはNGです。ブラウンアイシャドウは自然な陰影を作るのに定評がありますが、それが仇となってくぼみを強調してしまいかねないのです。さらに、肌なじみが良いのでくすみを目立たせてしまうことも……。そこで、まぶたのくぼみをカバーするアイメイク方法をご紹介します。


グレーアイシャドウが若々しく見せるカラーだった! 明るい印象を目指して

ブラウンアイシャドウがまぶたのくぼみやくすみを強調してしまう原因になるかもと言いましたが、それでは何色のアイカラーを使うと良いのでしょうか。それはズバリ、グレーです。グレーはブラックに近いカラーなので、目の際に使うと自然に黒目を大きく見せることができます。まぶたのくぼみやくすみを強調しにくいという点からも、グレーアイシャドウがオススメです。


ハイライトカラーにはミルク色を使うと良いでしょう。日本人の肌になじみますし、膨張色なのでくぼみをカバーすることができます。アイホール全体に塗った後で、くぼんだ部分に重ね塗りしてください。さらに、眉下まで塗り広げるのがコツ。下まぶたもくぼみが気になるという方は、同じミルク色のハイライトを目頭側から目尻側まで太めに塗りましょう。


そして、グレーアイシャドウを塗っていきます。アイパレットでは締め色に当たるような濃いめのグレーを使います。中間色は影を作ってくぼみを目立たせるのでNG。濃いめのグレーをチップに取ったら、上まぶたの目頭から目尻まで、細くラインを引くように塗ってくださいね。2、3ミリ程度が目安です。グレーアイシャドウを丁寧にボカしたら、若々しくて大きな目もとができあがります。


アラフォーアイメイクは工夫が大事! 凹凸をカバーしつつ自然なデカ目に

まぶたのくぼみが気になるという方、ぜひグレーアイシャドウを使ってメイクをしてみてください。凹凸を上手にカバーできれば、老けた印象も払拭! 黒目の大きさも自然に強調できるので、簡単に美人顏になれますよ。


次回はアラフォーリップメイクのご紹介です。こちらもチェックして、さらに若々しさをゲットしましょう。




(C)VladimirFLoyd/Gettyimages

(C)RyanKing999/Gettyimages

(C)SrdjanPav/Gettyimages

anan

2017年12月14日 19時50分

アイシャドウ ビューティ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。