時短メイク動画♡ 男の目を釘付けにする「モテ眉」の作り方

2017年12月11日 18時00分

メイク術 ビューティ anan

一生懸命にメイクしたのに、男ウケがイマイチだったらすごくショック。時間がないときのメイクでは「なんでこんな風になっちゃったの……?」な仕上がりになっている場合も。そこで、時短美容家の並木まきが“短時間で仕上げるモテメイク”を動画を使ってご紹介♡ 第2回目の今回は“眉メイク”です。

文・並木まき

■男ウケ「眉メイク」の極意♡



男がドキッとするのは、ナチュラルかつ整っている眉。


インパクトがある強めの眉よりも、“自然だけどちゃんとメイクしてる感”が出ている眉の方が、男ウケは良いでしょう。


またここ数年、ずーっとブームが続いている“太眉”は一部の男からは不評なのも真実。「細過ぎてもダメだけど、太過ぎるのも苦手」というのが男のホンネのようです。


時短で“モテ眉”を作るには、次のポイントを意識するようにしましょう。


■「ペンシル」と「パウダー」を使う場合♡


眉メイクはペンシルとパウダーで仕上げることがほとんどだと思います。


まずは、“大体のライン”を、先に明確にしてしまいましょう! それさえ決まれば、あとはパウダーやペンシルで形を整えることで、自然と眉は完成します。


1.まずは眉の“中心線の軸”を描きます。



2.次に、そのラインの先端(眉尻側)と眉頭を一気に繋げます。



※ 注意:繋げるのは、中心線の軸より下側で! 上側で繋げると、眉下が広くなり過ぎて不自然な眉になってしまいます。


3.最後に、アイブロウパウダーで隙間を埋めれば完成。



このような描き方をすることで、左右のバランスが整った眉ができるのです。


自眉を活かしたラインのメイクなので、自然な仕上がりに♡ “やりすぎた感”が出にくく、男ウケ抜群です。





■流行最先端の「眉スタンプ」を使ってみよう♡


眉毛が薄くなかなか上手にラインを描けない方は、「眉スタンプ」を使うと簡単にイメチェンができます。


スタンプ単体でも使えるのですが、初心者は骨格に沿って上手に押すのがなかなか難しいので、眉プレートも併用すると良いでしょう。眉プレートは柔らかい素材のものを使うと、顔にピッタリ沿わせることができ、失敗が少なくなります。


1.まずは、プレートを合わせる場所を決めます。


割り箸などの長めの棒を使って“眉の黄金ライン”から、眉尻の位置を定め、それから眉頭にプレートを合わせます。



※ 眉の黄金ライン:小鼻と目尻を直線で繋げ、その線の延長線上に眉尻があると美しいとされています。


2.指でしっかり押さえながら、プレートの形にスタンプを押していけば完成。



※ 注意:眉尻の形を作るのを忘れてしまいがちなので、しっかりスタンプするようにしましょう。





ちなみにこの眉スタンプ。日本ではまだそこまで知られていないのですが、韓国のメイク動画ではたびたび登場していて比較的ポピュラーなものなのです。日本で流行るのも時間の問題でしょう。


■男の本音「こんな眉メイクはやめてください」




「最近、眉毛がやたら太くて濃い女子が多いと思うんですけど、正直、僕はあんまり可愛いと思いません。細すぎるのもヤンキーみたいで苦手だけど、太いのは野暮ったく見える。太眉が流行ってるみたいですけど、あまり太すぎるとダサくないですか?」(35歳/飲食)



「僕は、女の子の眉には、ちょっとうるさいんです。まず、眉尻が太いままの眉毛は、幼い感じがして苦手。反対に、眉尻がスーッとキレイに描かれていると、女らしくてホレボレします。たまに、眉尻が消えかかっているメイクの子を見かけますが、あれだと魅力が半減ですよ。眉尻って、男は結構チェックしてます」(39歳/経営)


男ウケを狙うなら、あまり太く描きすぎず、なおかつ眉尻は特にしっかり整えるようにしましょう!


“時短眉メイク術”の詳細は、動画でご確認くださいね。


今回動画に登場する私は、別動画撮影の際に3分で仕上げたナチュラルメイクのままなので、やや薄づきメイクに見えるかと思いますが、リアルに対面すると、このくらいの薄さでも「お化粧してます感」はきちんと出ているんですよ。


髪の毛がちょっと乱れているのは……。収録の日が雨で、くせ毛の私は髪の毛をまとめるのにちょっと苦労したんです。何卒ご容赦を……♡


撮影協力:wonder V



(C) VAndreas / Shutterstock

(C) Seprimor / Shutterstock

anan

2017年12月11日 18時00分

メイク術 ビューティ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。