バブル期かよ…!? 男が萎える「アイシャドウ」3大NGメイク|男ウケ最悪!モテを遠ざけるダメダメ美容#14

2017年11月05日 19時15分

メイク術 アイシャドウ ビューティ anan

男が「バブル期かよ!?」とツッコミたくなる、時代遅れギラギラメイクをしてはいませんか? 特にアイシャドウは相手の目に入りやすいので、ちょっと違和感があるだけで、男ウケはNG! そこで今回は、時短美容家である並木まきが、“男が萎えるアイシャドウメイク”の特徴をご紹介します。

文・並木まき

■1:幅広のブルー系シャドウ



その昔、バブルの時代にはディスコ(クラブじゃないんです)で、夜な夜な踊り明かすお姉さんたちが沢山いらっしゃいまして、彼女たちの“勝負メイク”と言えば、ブルー系の幅広アイシャドウが鉄板でした。


そんな背景もあり、幅広のブルー系シャドウは「バブルかよ!?」と思われる典型メイクに。


最近も寒色系のアイシャドウがトレンドではあるものの、広めに塗ってしまうと、いかにもバブルな雰囲気を醸し出してしまいます。


男ウケは狙いつつ、今ブルー系のシャドウを使うなら、“目尻のみ”などのポイント使いが成功のカギに。


■2:パープル系シャドウ



バブル時代にはインパクトが強いメイクが流行し、強めのパープルアイシャドウも人気が高かったです。


時代は変わりましたが、今でも秋冬になると、深みのあるパープルアイシャドウの需要が高まります。


しかし、パープルの色みって実は、男には「古臭い」「流行遅れ」などと辛辣な感想を抱かれがち。


特に、濃いめのパープル系シャドウが“バブル感”を醸し出しやすいので、今、パープルシャドウを使うなら、淡めなものを差し色に使うくらいが無難でしょう。


■3:とにかく濃いめのアイシャドウ



ブラウン系、レッド系、グルーン系など今年リアルにトレンドであるカラーでも、濃い目に塗り過ぎてしまうと、それだけでバブル時代を彷彿とさせるメイクに。


バブル期には、とにかく“塗りたくりました!”な濃いめのアイシャドウメイクがトレンドだったこともあり、「あの時代のメイク……」という印象を受けてしまうようです。


ちなみに、アイシャドウのインパクトが強すぎると「ケバい!」と思われやすく、その辺りもバブルなイメージをより増長させ、萎える男も多いかもです。


アイシャドウの発色にもよりますが、1~2回塗りでとどめておくと安心でしょう。


最近女子の間では、一周回って「バブルメイク可愛い!」と言われてもいますが、男たちにその良さは分からないみたい。


アイシャドウが与える印象は、メイク全体のイメージも左右します。「時代遅れ……」と男をドン引きさせてしまうことのないよう、アイシャドウ使いは今っぽさを意識しましょう。




(C) Demidenko / Shutterstock

(C) Ekaterina Jurkova / Shutterstock

(C) Coy_Creek / Shutterstock

(C) sakkmesterke / Shutterstock

anan

2017年11月05日 19時15分

メイク術 アイシャドウ ビューティ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。