Menu

MENU
グルメトップ

32

行きたい♡

スシドコロヒトシ

鮨処 ひと志

座敷あり

博多の鮨割烹の心を継ぐ名店で堪能する。料理・器・設え、全てに込められた「志」

鮨処 ひと志

暖簾の向こうには、四季ごとに楽しめる自然の緑がある。

器の演出にも酒が進む、スズの器に注がれた冷酒と替鉢。

ウニ・海苔・イクラの贅沢な素材を、そのままいただける一品。

日本酒、焼酎の品揃えは酒通も唸るほどの銘酒揃い。

  • ブレンド米、酢、塩。三位一体の妙味ネタを支えるシャリが不出来であれば、寿司は完成しない。米はアキタコマチ、仁多米、つや姫をブレンドしたものを使用。黒酢と米酢、沖縄の塩で調えたシャリは清々しくネタの味が際立つ。大きさ、温度、口の中でほどける加減。妥協なき仕込みから握りまで、ネタとシャリのみからなるシンプルかつ高度な味を築き上げている。

  • 見て美しく、食して旨く食材の多くは店主の出身である長崎県の対島や福岡などから仕入れる。吟味されたネタひとつひとつが主役級の存在感を放つのは、主人の職人技ゆえ。隠し包丁が見目美しい水烏賊の握りひとつとっても、爽やかな柑橘の香りと口の中で立つような水烏賊の食感に驚かされる。ネタとシャリ、双方を活かす丁寧な仕事は繊細の一言。

  • 寿司店という枠にとどまらぬ料理鮨割烹ならではの料理は同店の魅力のひとつ。ランチコースの小鉢から、夜は酒のアテとなる替鉢の肴すら手作り。例えばお椀物は魚のアラを2時間炊きあげて出汁を作るなど、手間を惜しまない姿勢が評判だ。博多の名店で修業を積んだ主人の洗練された技と味を、心行くまで堪能したい。

広島で暖簾を掲げる「鮨処 ひと志」。街中に静かに佇む塗り壁は、土にこだわりを注ぐ飛騨高山の左官職人が手掛けた。博多の鮨割烹で16年間修行を積んだ主人は、ネタの半分を長崎・博多から仕入れている。鮨割烹は酒の肴となる料理も豊富に並ぶのが特徴。素材の仕込みから仕上げまで妥協しない手製の替鉢とともに、銘酒揃いの酒を一献傾けたい。ミシュランガイド広島2013 特別版に掲載(星一つ)。

店舗情報

住所
〒730-0041
広島県広島市中区小町7-26
ライサ小町ビル1F
アクセス
広電宇品線 中電前駅 徒歩6分
営業時間
月~土 ランチ : 12:00~14:00
月~土 ディナー : 18:00~21:00
定休日
毎週日曜日 祝日
その他(2016年11月7日・2016年11月26日)
年末年始(2016年12月29日~2017年1月4日)
※11月3日は休まず営業いたします
※11月23日は休まず営業いたします
※12月23日は休まず営業いたします
※※不定休あり
平均予算(お一人様)
17,500円(通常平均)
電話番号
082-247-1787
クレジットカード
VISA MasterCard UC DC UFJ ダイナースクラブ アメリカン・エキスプレス JCB NICOS アプラス セゾン MUFG

席・設備

総席数
22席 座敷席あり 掘りごたつ席あり カウンター席あり カップルシートあり
禁煙・喫煙
店内全面禁煙
携帯・Wi-Fi・電源
携帯の電波が入る( NTT ドコモ ソフトバンク) 電源利用可