Menu

MENU
グルメトップ

296

行きたい♡

ニクヤセツゲッカ ナゴヤ

肉屋 雪月花 NAGOYA

肉割烹からの招待状 松阪牛・飛騨牛・近江牛・神戸牛・仙台牛を、 組曲の様に美しく奏でる料理 コース12品前後25,000円~ ご予約はお電話にて2ヶ月先まで承ります

A5等級の中でも最高峰BMS11以上のブランド牛を使用しております

コース料理のみでのお楽しみ。出汁が香るしゃぶしゃぶ 雪月花風

野菜やお米は岐阜を中心に、日本国内の田畑から旬の最高のものを

フランスを中心に世界中のワインが常時100本以上眠るセラー完備

  • 和牛の最高峰と四季彩を美しく奏でる肉屋雪月花が自信を持ってお奨めする、銘柄牛の良さを余すところなくご堪能いただける至福のコース。メインは炭火焼STEAK。◆おまかせコースは25,000円より

  • 理想や想像を凌ぐ、完成された世界観既に始まっている日常とは異なる時。扉が開き一歩足を踏み入れると、独創的なチェアー、弧を描く空間照明と優雅な時を想わす洗練されたデザインがそこに。写真のテーブル席は最大6名様迄ご利用いただけます。ゲストをもてなすご接待やご会食、結婚記念日のお祝い等にピッタリな、お客様の大切な瞬間に花を添える空間です。

  • 松阪牛・飛騨牛・近江牛。美麗な芸術当店の肉はA5等級の中でも最高峰BMS11以上を使用しております。産地や銘柄に甘えず一頭一頭目を凝らし、肉と会話をして初めて最高の品質を実現できます。そしてそれを引き立てる、プロフェッショナルの目利きによる高級且つ上質な食材。トリュフ、キャビア、松茸等、季節の旬と最高の肉が奏でる雪月花‘sプライドをどうぞ。

お客様に支えられ三年を迎えました。
更なる高みを目指し雪月花は歩いて参ります。どうぞ変わらぬご支援、ご厚情 賜りますようお願い申し上げます。
使用和牛
第101回 兵庫県畜産共進会 牛肉の部
最優秀賞 神戸牛 月齢34ヶ月 雌
生産者 上田 伸也
13872-9502-7
特産松阪牛 月齢47ヶ月 雌
生産者 濱口 和人
13483-6240-9
【コース】
◆おまかせコースは25,000円より
【松阪牛飛騨牛近江牛神戸牛仙台牛】
◆A5等級の中でもBMS11以上を厳選。肉師が最高の牛を最高の技術で扱う
【個室】
◆ご接待や記念日・両家の顔合わせ等に相応しい上質個室

店舗情報

住所
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4-6-23
アクセス
地下鉄東山線 名古屋駅 5番出口 徒歩2分
地下鉄桜通線 名古屋駅 5番出口 徒歩2分
営業時間
ディナー : 17:00~23:00(L.O.21:30、ドリンクL.O.22:30)
定休日
毎週日曜日
※不定期で日曜営業しております。電話にてご確認ください。 愛知県厳重警戒宣言に応じて3月1日~3月14日の期間は営業時間を17時~21時にしております。
平均予算(お一人様)
50,000円(通常平均)
50,000円(宴会平均)
電話番号
052-433-1029
クレジットカード
VISA MasterCard ダイナースクラブ アメリカン・エキスプレス JCB Discover Card
おススメポイント
松阪牛 飛騨牛 割烹 近江牛 記念日 個室 名駅2分 接待 和食

席・設備

総席数
18席 カウンター席あり
個室
個室あり 二人でも個室OK 完全個室あり
禁煙・喫煙
店内全面禁煙
携帯・Wi-Fi・電源
携帯の電波が入る( NTT ドコモ ソフトバンク au) 電源利用可

◇ CONCEPT 「肉割烹からNikukappouへ。」 ◇

野菜やお米は岐阜県を中心に、日本国内の田畑から旬の最高のものを使用しています。大地と自然の恵、田畑の汗。作り手から生命を受け継ぐという、素材が生まれる背景に真心で応える。古くから伝わる日本料理の技法から、海外で進化したJapanese cuisineとしての技法も取り入れ、革新的でコンセプトのある料理を創出します。

◇ CUISINE 使用するのは「松阪牛・近江牛・飛騨牛。」 ◇

当店の肉はA5等級の中でも最高峰BMS11以上を使用しております。産地や銘柄に甘えず一頭一頭目を凝らし、肉と会話をして初めて最高の品質を実現できます。そしてそれを引き立てる、プロフェッショナルの目利きによる高級且つ上質な食材。トリュフ、キャビア、松茸等、季節の旬と最高の肉が奏でる雪月花‘sプライドをどうぞ。

◇ TABLEWARE 陶磁器は「清水・有田・九谷焼。」 ◇

陶磁器は清水・有田・九谷焼。多くを窯物・作家物で揃えています。季節の移ろいを演出すると共に、主役となる食材の魅力を一層引き立てます。吸い込まれるように鮮やかな色出し、触れた時に感じるぬくもりを残した繊細で力強い焼き上げ。一流職人にしか出来ない寸分たがわぬ宝石の様な器が料理の最終仕上げを受け持ちます。