Menu

MENU
グルメトップ

265

行きたい♡

キョウメイブツイモボウ ヒラノヤホンケ

京名物いもぼう 平野家本家

お得コース有

個室あり

座敷あり

お子様メニューあり

「百年を伝えし味には百年の味あり」文豪 吉川英治

京名物いもぼう 平野家本家

海老芋と棒鱈

いもぼう

座敷席

椅子席

当日もお得! この日でネット予約する

2019/5/23 19:11 更新

: ネット予約可 -:ネット予約受付なし

  • 静かな立地で季節の京会席他では真似のできない「いもぼう」
    十四代続いた一子相伝の技とほんまもんの味を今もかたくなに守り、厚く面取りした海老芋と、一週間から十日かけて柔らかく戻した棒鱈を丸一昼夜かけて炊きあげます。手間ひまをかけることにより、おいしい味が全体にまわります。

  • 【一子相伝のいもぼう】を受け継ぐ「いもぼう」は、江戸中期より長年に亘り受け継がれた技と味が「一子相伝」の口伝にて継承されています。
    初代 権太夫に始まり、連綿と代を重ね、中興の祖十一代・北村粂蔵、その遺志を受け継いだ十二代 藤之助、十三代 多造、十四代 眞純(当代)、そして次代を担う十五代 晋一へと正統なる系譜により伝承されています。

元禄から享保の昔、私共の初代当主、平野権太夫が宮様の九州御幸にお供した際、持ち帰った唐芋(とうのいも)が京の地味にかなって立派に育ち、形が海老に似ていることから海老芋(えびいも)と呼ばれる様になります。この芋を宮中への献上品、北海道産の棒鱈(ぼうだら)と炊き合わせたのが、「いもぼう」の始まりです。まさに南と北の出会いのもの、先人の知恵が生きる料理、それが京名物「いもぼう」なのです。
「いもぼう平野家」では、十四代続いた一子相伝の技とほんまもんの味を今もかたくなに守り、厚く面取りした海老芋と、一週間から十日かけて柔らかく戻した棒鱈を丸一昼夜かけて炊きあげます。手間ひまをかけることにより、おいしい味が全体にまわり、柔らかく艶よく仕上がるからです。(「いもぼう」は登録商標です。)

店舗情報

住所
〒605-0071
京都府京都市東山区祇園円山公園内
アクセス
京阪線 祇園四条駅 徒歩10分
阪急線 河原町駅 徒歩15分
JR 京都駅 バス25分
営業時間
月~日 : 11:00~20:30(L.O.20:00)(最終入店は19:30とさせていただいております。)
定休日
年中無休
その他(2019年2月23日~2019年2月25日)
平均予算(お一人様)
6,000円(通常平均)
8,000円(宴会平均)
電話番号
075-525-0026
クレジットカード
VISA MasterCard UC ダイナースクラブ アメリカン・エキスプレス JCB
おススメポイント
お庭の見える椅子席 名物メニュー お子様OK

席・設備

総席数
120席 座敷席あり 座椅子あり
個室
個室あり 二人でも個室OK
禁煙・喫煙
店内全面禁煙
携帯・Wi-Fi・電源
携帯の電波が入る( ソフトバンク NTT ドコモ au) Wi-Fi使えます( 無料接続可)

桜鯛御膳(期間限定3月〜4月中)

いもぼう、お造り、鯛しゃぶ、とろろ芋のり巻、小鉢、梅椀%0A御飯、香の物、デザート%0A※2日前までに要ご予約 お2人様より

いもぼう京会席

※2日前までに要ご予約 お2人様より

登録商標 いもぼうる

その昔、当家が焼菓子のボーロ(bolo)にならい、芋を加えて工夫を重ね創り上げました。
しばらく、休止しておりましたが、此の度、昔を懐かしみ復活いたしました。 

京名物いもぼう 平野家本家

詳しいメニューを見る