Menu

MENU
グルメトップ

21

行きたい♡

オデントサカナチクワ

おでんと肴 ちくわ

一手間加えたおでん種を関西風でも関東風でもない独自のだしでいただく。季節を問わず訪れたいおでん屋

大衆酒場などが並ぶ横丁の一番手前に位置する気軽な店構え

おでんとともに、酒がすすむ肴も充実し、年中楽しめる品揃え

独自のつゆと創意溢れる種。なかなか味わえないおでんを提供

明るく清潔感に溢れた店。おでん屋には珍しい女性一人客も多い

  • 関西風でも関東風でもない独自のだし全国各地のおでんを食べ歩いた末にたどりついた、単なる関西風でも関東風でもない、独自のだしにこだわっています。決め手は隠岐の島産飛魚で取っただしによるコク。透明感のあるつゆに仕上げるのがポイント。

  • 一手間加えた個性派おでん種自慢のおでんつゆと食材そのもののおいしさをシンプルに味わっていただくおでん種のほか、さらに一手間加えて個性的な印象深い味に仕上げたおでん種も。例えばおでんの定番、豆腐にはネギをのせ、醤油を垂らし、仕上げに七味を散らして冷や奴と湯豆腐のイイトコ取りに仕上げている。

  • 気の利いた酒のアテもお楽しみおでんに加えて、酒のアテになる一品料理にもこだわる。「とろたく」は、叩いたマグロのトロとたくあん、ネギを和えた料理。本来寿司屋のネタだが、飯を省き海苔を添えて、手巻き寿司風にいただく。こうした酒との相性のいい料理や、季節のお造りも取り揃えている。

狸小路6丁目の賑わいの中に店を構え、気軽に入れる雰囲気。こだわりは、澄んだおでんつゆ。1年に1回だけ生産する隠岐の島産の飛魚(あご)をふんだんに使った独自のつゆで、口に含むとまろやかなコクと旨味が広がる。おでん種は定番も季節限定のものも手間がかかったものばかり。自慢のつゆがじっくりしみ込んだ深い味わいのおでんと一緒に気の利いた酒のアテも存分に楽しめる。ミシュランガイド北海道2017特別版掲載。

店舗情報

住所
〒060-0063
北海道札幌市中央区南3条西6
狸小路6丁目
アクセス
札幌市電山鼻線 狸小路駅 徒歩2分
札幌市電山鼻線 資生館小学校前駅 徒歩2分
札幌市営地下鉄南北線 すすきの駅 徒歩4分
営業時間
月~土 : 17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日
毎週日曜日 第1月曜日
平均予算(お一人様)
3,000円(通常平均)
電話番号
011-233-1717

席・設備

総席数
19席 カウンター席あり
禁煙・喫煙
喫煙席あり
携帯・Wi-Fi・電源
携帯の電波が入る( NTT ドコモ ソフトバンク au)