Menu

MENU
グルメトップ

13

行きたい♡

エド

惠土

お子様用いすあり

ゆったりとした時間が流れる葉山の古民家で、店主が手打ちする香り高い蕎麦と精魂込めた蕎麦懐石を味わう

惠土

古民家を生かした店舗。自然と融合し、日本の原風景を思わせる。

古き良き時代を感じさせる畳の座敷に、重厚なテーブルがマッチ。

石臼で粗挽きした「手挽きせいろ」は蕎麦の旨さを堪能できる。

旬の野菜や魚と蕎麦を組み合わせた、蕎麦店ならではの前菜。

  • 店主のこだわりが伝わる粗挽きの蕎麦同店の蕎麦は、粗挽きで細めだ。黒っぽい蕎麦は、ふわっと蕎麦の香りが立ち、噛みしめると、柔らかく粘りがあり、豊かな風味と適度な甘みが口の中に広がる。甘さを抑えたつゆで食べるのもいいが、塩だけで味わうと旨みが際立つ。蕎麦を盛り込んだ、木曾の竹細工の笊も店主のこだわりだ。

  • ていねいな仕事ぶりが伺える蕎麦懐石完全予約制で、昼も夜も店主おまかせの蕎麦懐石のコースが基本。旬の食材、地場の野菜や魚などを店主が目利きし、ひとりで仕込みから調理までを行う。前菜の一皿だけでも、何種類もの料理が盛り込まれ、ていねいな仕事ぶりが伺える。最後に供される粗挽きのせいろは風味豊かで、塩だけでいただいても味わい深い。

  • 趣ある古民家をそのまま活用した店舗自然に恵まれた立地の古民家を探し求めて、この物件を見つけたという店主ご夫妻。可能な限り元の造作を生かしたいと、昭和初期に建てられた古民家をそのまま活用。周囲の木立に溶け込んだ外観は郷愁を誘う。そして、趣ある内装がほの暗い照明とあいまって、タイムスリップしたかのような感覚を覚える。

葉山の海岸通りから、細い路地を入った住宅街に佇む古民家。昭和初期の面影をそのまま残す床の間や、畳敷きの座敷には風情があり、テーブル席は足を楽にして寛げる。メニューは、昼も夜も、おまかせの蕎麦懐石のみ。人気の蕎麦店で修業を積んだ店主が織りなす、旬の野菜や魚を生かした料理と、毎日手打ちする香り高い蕎麦を、時間を忘れて楽しみたい。ミシュランガイド横浜・川崎・湘南2015特別版に掲載(ビブグルマン)。

店舗情報

住所
〒240-0112
神奈川県三浦郡葉山町堀内870-7
アクセス
京急逗子線 新逗子駅 車10分
京急逗子線 新逗子駅 バス10分
JR横須賀線 逗子駅 車13分
営業時間
月~水・金~日 昼の部 : 12:00~15:00(L.O.13:00)(※懐石のみ)
月~水・金~日 夜の部 : 18:00~21:00(L.O.19:30)(※懐石のみ)
定休日
毎週木曜日 第1金曜日 第3金曜日
GW(2018年5月2日・2018年5月7日)
※※5月3日・5月4日は休まず営業いたします ※臨時休業あり
平均予算(お一人様)
7,500円(通常平均)
電話番号
046-876-3625

席・設備

総席数
16席
禁煙・喫煙
店内全面禁煙
携帯・Wi-Fi・電源
携帯の電波が入る( NTT ドコモ ソフトバンク au)