Menu

MENU
グルメトップ

222

行きたい♡

フロリレージュ

Florilege

個室あり

日本の風土が育んだ食材を詩情豊かなフレンチに昇華。劇場のような空間で味わうアーティスティックな一皿

Florilege

チョコレートとフロマージュブラン。芽吹きを思わせる「旬」。

鮎をはこべで巻いてフリットし、骨はビスクに仕立てた一皿。

川手氏のフレンチに対する考え方がベースになっている「原点」。

辛味や塩味、まろやかさなど「連鎖」する味わいを楽しめる。

  • 一皿一皿にシェフの想いと感性を投影ランチ、ディナーともに提供するのは、コース一種類のみ。メニューには「投影」「再生」「分かち合う」といったタイトルと食材名が記され、どんな一皿が登場するか期待が高まる。写真は「香り」。バッカスチーズを花ズッキーニで包みこみ、大根やカブなど野菜の花を用いて彩っている。卓上に春を呼び起こすような一皿だ。

  • 日本の風土が育んだ食材をフレンチに長野県の契約農家直送の野菜や、宮城県の牧場から届く新鮮な牛乳など、日本全国から選りすぐった食材を使用している。川手シェフ自らが生産者一人ひとりのもとに足を運び、信頼関係を築き上げてきた。「生産者のみなさんは当店のチームのような存在」と位置付け、ともに「Florilege」の味わいをつくりだしている。

  • 経験をベースに独自の世界観を発信オーナーシェフの川手寛康氏は、日本国内やフランスの数々の名店で研鑚を積み、2009年に同店を開店。食材と真摯に向き合い、自身の経験や感性からテーマを想起して、魅力あふれる一皿を提供。独自の世界観を発信しつづけている。「当店での食体験を通じて、幸せを感じていただけると嬉しいですね」と語る。

日仏の名店で研磨した川手寛康シェフが、その感性、想いを投影したフレンチをコースで提供。店名は「美しき詩文集」を意味するフランス語で、まるで卓上に詩を綴るように繊細な仕事が施されたメニューが登場する。食材はシェフ自らが全国各地に赴き、選りすぐったもの。ダウンライトに照らされたシアターのようなキッチンで、鮮やかな一皿へと仕立てあげられていく様も堪能したい。ミシュランガイド東京2016に掲載(星一つ)。

店舗情報

住所
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-5-4
B1
アクセス
地下鉄銀座線 外苑前駅 3番出口 徒歩5分
営業時間
月・火・木~日 ランチ : 12:00~13:30(L.O.13:30)
月・火・木~日 ディナー : 18:30~20:00(L.O.20:00)
定休日
毎週水曜日
※※年末年始
平均予算(お一人様)
18,000円(通常平均)
電話番号
03-6440-0878
クレジットカード
VISA MasterCard ダイナースクラブ アメリカン・エキスプレス JCB
おススメポイント
ライブキッチン シェフの想いと感性 日本全国の厳選食材

席・設備

総席数
22席 カウンター席あり
個室
個室あり 二人でも個室OK 半個室あり
禁煙・喫煙
店内全面禁煙
携帯・Wi-Fi・電源
携帯の電波が入る( NTT ドコモ ソフトバンク au)