Menu

MENU
グルメトップ

299

行きたい♡

ギンザトリシゲ

銀座 鳥繁

昭和6年、銀座の街の屋台から始まった「鳥繁」は、親子三代で贔屓にするゲストもいるという焼き鳥の老舗だ

銀座 鳥繁

炭の火力を一定に保つことこそ職人としての熟練の技の見せ所だ。

濃厚な生クリームを使った贅沢なプリンはカスタードと白の2種。

茶碗3杯分の量が入った「ドライカレー」は自宅でも堪能できる。

店内には、鳥繁の歴史を物語る貴重なレジスターが飾られている。

  • ピカピカ磨かれた薬缶で注がれる燗酒酒器の中で高価といわれるのが「銀」。この店では純銀製の薬缶を直火にかけて燗をつける。僅かな時間で人肌に温まり、酒の味がまろやかに変化する。この燗酒を席でグラスに注いでくれる専任者がおり、表面張力のすれすれで止める職人技が見られる。「銘柄以上の味になる」というから、注ぎたての美味しさを試す価値がある。

  • 生産者の名を冠した「上鶉」は自信作「昔から鶉を仕入れていた築地の問屋が閉店。生産者も廃業して、全国の鶉業者を捜した時に出会った鶉業者と、二人三脚で仕上げました」と三代目の保立繁一氏。野趣溢れる和鶉の風味を出すために、餌を考え、交配し、今の鶉になるのに3年かかったという。1羽丸ごと焼いてあり、モモの骨以外はすべて食べられる。

  • 初代が作った裏メニューが今では名物誰もが〆にオーダーする「ドライカレー」。甘辛いタレの香りに混ざって、カレーの匂いがすると頼みたくなる。そもそも、初代がイギリスのカレー粉と鶏肉と玉葱で作ったのが始まりで、以来「鳥繁」名物となった。その日に出る分だけ炊飯するので平日は20時がオーダーストップ時間。遅くなる場合は電話で予約をしておこう。

初代が作った裏メニューが今では名物。
誰もが〆にオーダーする「ドライカレー」。
甘辛いタレの香りに混ざって、カレーの匂いがすると頼みたくなる。

店舗情報

住所
〒104-0061
東京都中央区銀座6-9-15
アクセス
地下鉄銀座線 銀座駅 A1番出口 徒歩3分
JR 新橋駅 銀座口 徒歩6分
営業時間
月~金 ランチ : 11:30~14:00(L.O.13:30、ドリンクL.O.13:30)(品物が無くなり次第終了しますのでご了承ください。)
月~金 ディナー : 17:00~22:00(L.O.21:15)
土 ディナー : 17:00~22:00(L.O.21:15)
定休日
毎週日曜日 祝日
※当店ホームページよりネット予約がかのうとなりました。https://reserve.resebook.jp/resty/webrsv/rsv_plans/plan/s014122501/8950
平均予算(お一人様)
6,000円(通常平均)
5,000円(宴会平均)
電話番号
03-3571-8372

席・設備

総席数
80席
個室
個室あり 完全個室あり
携帯・Wi-Fi・電源
携帯の電波が入る( NTT ドコモ ソフトバンク au)