Menu

MENU
グルメトップ

24

行きたい♡

ラファミリア

ラ ファミリア

中山道宿場町「仲宿」でカジュアルにワインを愉しめるオステリア。イタリアンでジビエの奥深さを堪能できる

ラ ファミリア

店内には、ワイン好きが喜びそうなほど瓶がずらりと並んでいる。

ベースのトマトソースはナポリ風に仕上げメニューで味に変化を。

シチリアの郷土料理「鰯のベッカフィーコ」は1尾単位で注文可。

仕入れにより使う野菜は変わるが「山もり」なのは変わらない。

  • 寒い季節になるとジビエが恋しくなるこの店は鶏、豚、牛はもちろん、それ以外の肉料理が充実しており、鹿や鴨、馬などのジビエ料理が通年食べられる。さらに秋から冬のシーズンともなると猪、兎に加え、熊まである。ジビエというとフランス料理をイメージするが、イタリア人も大好きだ。フィレンツェのあるトスカーナ地方の食生活に猪肉などが浸透している。

  • たった一人で店を切り盛りするシェフオーナーシェフ佐藤信之氏は、栄養士の資格を取得し、その仕事をしていたが、一念発起し料理の道に飛び込んだ。そして更なるステップアップを目指して29歳の時にイタリアへ渡りトスカーナ州やシチリア島などで約1年半修業を積む。帰国後は、銀座や広尾の有名店やホテルなどで腕を磨いて、2012年に仲宿に店を構えた。

  • 気取らず、畏まらずにワインを味わうイタリアを中心に世界各地のワインを揃える。「輸送がしっかりしたもの」という佐藤シェフのこだわりのボトルは約50種。リストは「定番の価格帯を知るためのものなので、掲載していないものも多い」という。好みの味と予算を伝えると、シェフがセレクトしてくれる。ムール貝には山形のワイナリーのものを選んでさっぱりと。

板橋区役所駅から仲宿商店街の賑わいを眺めつつ歩くこと5分。国旗が目印だ。店名の由来は「イタリアでは、すべての基本は家族。自分とお客様とがそういう親密さでありたい」と名付けたという。「ワインは品評するものでないから普段飲みしてほしい」とオステリアの看板は掲げないが、その雰囲気を十分に漂わせている。秋風が吹き始めると、猪や鶉などジビエが充実し、どれもリーズナブル。リピーターが多いというのも納得できる。

店舗情報

住所
〒173-0005
東京都板橋区仲宿48-7
アクセス
都営三田線 板橋区役所前駅 徒歩5分
営業時間
水~日 ランチ : 11:45~14:30(L.O.13:30)
火~日 ディナー : 17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日
毎週月曜日
平均予算(お一人様)
5,000円(通常平均)
電話番号
03-5375-6235

席・設備

総席数
13席 カウンター席あり
携帯・Wi-Fi・電源
携帯の電波が入る( NTT ドコモ ソフトバンク au)