Menu

MENU
グルメトップ

146

行きたい♡

トンカツマサムネ

とんかつ まさむね

「日常的な定食屋でありたい」と美味なるものを追求し、今では赤坂のビジネス街で毎日行列のできる店に成長

とんかつ まさむね

店名にあやかって「正宗」とついた日本酒がずらりと並んでいる。

飲みきりサイズの酒には一口サイズの「おつまみメンチボール」。

サイドメニューのポテトサラダはごろっとしたジャガイモが美味。

揚げ油は、「米ぬか」を原料とした三重県桑名の「米油」を使用。

  • 自分の食べたい「とんかつ」を実現食べ歩きが大好きだったという店主佐藤誠氏。様々なジャンルの飲食店で技術を習得し、腕を磨きながら、数々のとんかつの名店を訪問。「自分が美味しいと思うとんかつのイメージが自分の中にできた」と満を持して、2013年に「まさむね」をオープンした。さらに美味しい「とんかつ」を作ろうと未だに探究心を持ち続ける。

  • 上質の素材を厳選しサックリと揚げるこの店で使う豚肉は群馬県で育てられた「和豚もちぶた」。顔の見える生産者により天然素材の飼料で飼育されている豚だ。肉質はキメが細かく、柔らかくてジューシーなのが特長。この豚肉の美味しさを味わうために、ソースではなく岩塩や醤油などの調味料を厳選している。軽い揚げ上がりで毎日食べられるとんかつに仕上げる。

  • 「和豚もちぶた」を、独自の味で堪能かつには、最初から岩塩と醤油が入った小皿が提供される。「和豚もちぶた」を美味しく食べるために店主が勧める提案だ。イタリア製の岩塩は、店主自らが細かく挽いている。醤油も何種類もの中から厳選した。上質な素材と調味料の相性を見極め、上手にプロデュースするのが、店主の確かな味覚と長い経験による技術なのだ。

外堀通りから一本入った道路に面する「まさむね」。食べることが大好きだという店主が「美味しいものを食べるというワクワク感を伝えたい」とこだわり抜いたとんかつを提供している。「ソースをかける前に、ぜひとも岩塩と醤油で肉の旨味を味わってほしい」という。ロース肉の旨味と脂身の甘さが、口の中に広がる。山盛りキャベツには自家製ドレッシングがマッチする。ランチだけでなく、仕事帰りに軽く飲むのにも利用したい店だ。

店舗情報

住所
〒107-0052
東京都港区赤坂2-8-19
アクセス
地下鉄 溜池山王駅 徒歩1分
地下鉄千代田線 赤坂駅 徒歩3分
営業時間
月~金 ランチ : 11:30~15:00(L.O.14:30)
月~金 ディナー : 18:00~22:00(L.O.21:30)
土 : 11:30~15:00(L.O.14:30)
定休日
毎週日曜日 祝日
平均予算(お一人様)
3,000円(通常平均)
電話番号
03-3505-3505

席・設備

総席数
15席

メンチかつ3種盛

下味をつけたメンチかつは、プレーンと、トロリとしたチーズと、さっぱりとしたしそ入りの3種類。定食にすることも可能だが、二人で来店して、とんかつ定食のサイドメニューとしてシェアするのが一番多いパターンだとか。そのため、それぞれが最初からカットしてある。メンチには卓上のハーブ塩を付けるのがおすすめだ。

ヒレかつ

店主は、豚肉はもちろんだが衣にもこだわっている。旨い衣が肉と一体になって完成形となることから、ヒレかつは棒状にはせずに小判型を4個のせる。柔らかな肉にサックリとした衣が美味だ。定食につく豚汁には大根や人参などと共に生姜がたっぷり使われている。佐藤氏の母親からの直伝の味だという。体の芯から温まる。

ランチ上ヒレかつ定食