Menu

MENU
グルメトップ

38

行きたい♡

シュンラク

旬楽

お得コース有

旬を活かし、旬を楽しみ、旬を味わう。 にこやかな笑顔の女将が作る料理ともてなしでお腹も心も満たされる店

旬楽

日替わりの「おまかせ小鉢」はカウンターの大皿から盛りつけ。

「お造り」も日替わり。割烹で修業した女将の見事な包丁さばき。

冬には牡蠣を広島から取り寄せる。生で食べたりフライにしたり。

関西風ダシの優しい味付けは、女将からの健康への気遣いだ。

当日もお得! この日でネット予約する

4/25
4/26 4/27
4/28
4/29
4/30 5/1
5/2 5/3 5/4
5/5
5/6
5/7 5/8

2019/4/24 19:18 更新

: ネット予約可 -:ネット予約受付なし

  • プレミアムな酒が揃うのも女将の人柄この店で値段が書かれているのは酒のみ。プレミアムな銘柄がずらりと並ぶ。「お酒屋さんと仲良うなって、良いものを回してくれる」と仕入れ始めたのが「季節のおすすめ生原酒」だという。明るくはつらつとした女将の人柄の賜物。豪快にカットしてあるお造りは一人前でこの盛り。つい日本酒のおかわりを頼みたくなる。

  • 笑顔が似合う女将はみんなの人気の的銀座の割烹で修業したという女将増田敏子氏が作る料理は、独特の雰囲気が漂う。「割烹の味」は、毎日食べると飽きがくる。かといって「おふくろの味」のように家庭的でくだけた感じでもない。丁度、双方の良いところを取った「旬楽の味」なのだ。その味を求め、地方に転居しながらも、東京に来た折にと寄る人も多いという。

  • 四季折々の野菜の美味しさを味わえるメニューには、鮮魚の刺身もあれば肉も使われているが、できあがりの比率を考えると野菜が断然多い。しかも、煮たり茹でたりしてあるので、量は少なく見えるが栄養分がしっかりと摂れる。ランチばかりか家庭の食事でさえも、これだけの野菜を摂取するのは難しいだろう。この店の常連に女性が多いというのもうなずける話だ。

「お客さんが『スーツで来ても、普段着で帰れる店』と言ってくれはって、そんな店を目指しています」という女将。笑顔と、柔らかな大阪弁が魅力的な女性がこの店の主だ。目黒銀座商店街から少し入った路地でひっそりと店を構える「旬楽」は、知る人ぞ知るといった店。日替わりで女将が作る料理は、毎日約30種。本格的なお造りから、カウンターに並べられたおばんざいまで、少しずつ出される料理をつまむうちに、夜が更けていく。

店舗情報

住所
〒153-0051
東京都目黒区上目黒2-13-7
アクセス
東急東横線 中目黒駅 徒歩2分
地下鉄日比谷線 中目黒駅 徒歩2分
営業時間
17:30~23:00
定休日
毎週月・日曜日
※※年末年始の他に年に2回長期でお休みさせていただきます。
平均予算(お一人様)
6,000円(通常平均)
6,000円(宴会平均)
電話番号
03-3794-8399
おススメポイント
中目黒 旬の和食店 海鮮や野菜 日本酒

席・設備

総席数
13席 カウンター席あり
禁煙・喫煙
店内全面禁煙
携帯・Wi-Fi・電源
携帯の電波が入る( NTT ドコモ ソフトバンク au)

本日のおまかせ 4,500円(税抜)

おまかせのご予約になります。

おまかせ

この店には食べ物のメニューがない。壁に「お造り・おまかせ小鉢・季節のおばんざい種々・煮魚・焼き魚・煮物・揚げ物・酢の物・ご飯物」などと書かれているのみ。何が出るかは「お楽しみ」なのだ。旬の食材を使った小鉢料理から順に女将が見つくろって出してくれる。小鉢は6品程度、食事の進み具合に合わせて提供される。

お造り

鮪 赤身 中トロ 白身魚 〆サバ 鮑

旬楽

詳しいメニューを見る